時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20141207 Sun
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 2ndLIVE PARTY M@GIC!!@代々木競技場第一体育館(前篇) 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 2ndLIVE PARTY M@GIC!!@代々木競技場第一体育館(前篇) 

11/30に東京、代々木競技場にて開催された、アイドルマスター シンデレラガールズの2ndライブに参加してきました。
IMG04606.jpg

ゲームもサービス配信開始からちょうど3年。前回の単独ライブが今年の4月で、一年経たずに2ndライブとは驚きです。
自分もここ3年はコンシューマゲームを遊ばずモバマスにそれなりの時間(とお金)を割いており、1stライブのライブビューイングを映画館で見たり、CDやコミックスを揃えたり、ラジオも欠かさず聴くという一般的なPっぷり。
8月のアイマス9thツアー初日を大阪で生で体感し、今回いよいよ…という、大変強い想いでの参戦。…正直、行きの新幹線の中で曲聴いてるだけで涙が出てくるというポンコツっぷりで、自分で心配になるレベルw

移動でトラブルあると困るからと、ライブ前日に東京入り。ついでにライブ会場の下見と、前日物販のグッズを買ってしまおう。
IMG04603.jpg
なかなかの豪雨。そして風。結局2時間ちょっと並んでTシャツや会場限定のCD、カレンダー等のグッズをゲット。

IMG04640.jpg
戦利品獲得して安心した俺P、この後東京の友人と6時から12時までビアバー3軒ハシゴ酒。

そんなこんなでライブ当日。
IMG04659.jpg
まさかの昼酒。ベアードブルーイングの原宿タップルームで旧友と景気づけ。初めて会った頃はまだ大学生だった彼も、今では某メーカーのプランナー。忙しくされておられる中でこうして時間取ってくれるのは嬉しいですわ。

IMG04661.jpg
会場前のプロデューサー(=アイマスファン)の熱気たるやもう…
1stライブが2000人クラスで2日間3回公演、今回の2ndは何と13000人クラスの1回こっきり。演者も客も完全燃焼です。

IMG04608.jpg
大きな看板。描き下ろしイラストが嬉しい。

IMG04609.jpg IMG04610.jpg
かわいい(かわいい

会場入りして、自分の席へ。2階ではあるものの、センターステージが正面に見えるし、思ったより近い気がする。
もちろんここからは肉眼で演者の表情までは見えないけど、パフォーマンスだけならこれで充分です。スクリーンの一部がスピーカーの影で見えにくいくらいで。
IMG04641.jpg
服よいか! ヨシ!!(指差呼称

IMG04665.jpg
ペンライトよいか! ヨシ!!
コールよいか! ヨシ!!! 法政大学アイドルマスター研究会様、コールガイドありがとうございました!

今回チケットが2枚取れたので、古い友人を半ば無理矢理ライブに付き合わせており、会場であれやこれやと話していると、突然…

「ヒャーッハッハハハアー!!」

!?

なんと、来春始まるアニメのシンデレラガールズのライブか何かで使うガヤ撮りに協力して欲しいというアナウンス(by星輝子)が。
やったな! ワシらアニメに出演できるぞ!!(多分
2度ほどガヤ撮りのあと、輝子からのご褒美として、CD発売前のカバー曲集から、星輝子の歌うX JAPANの「紅」が。
いきなりウルトラオレンジ折ってるPの中、元Xファンで解散ライブや再結成ライブ参戦勢の俺、リウムそっちのけでヘドバン。開演前からもうテンションゲージ振り切ってるんですがこれ大丈夫かw

定刻になって客電が落ち、スクリーンに有能事務員こと千川ちひろのシルエットが。と同時に客席が緑のペンライトで埋め尽くされ、Pの練度に改めて感動。
諸注意を聞いた後、いよいよライブスタート。まずは定番の「お願い!シンデレラ」。
今回の参加者は総勢21名。メインステージから花道、センターステージまで広く使ってのパフォーマンスは流石に迫力あります。迎え撃つP達も全力。最初からクライマックスだぜ!(モモタロス
ちなみに俺Pもう泣いてます。はやいwww

今回のライブは4つのパートに分かれており、「元気におもてなし」「かわいくおもてなし」「超ハジけたおもてなし」「心からおもてなし」の4つのコンセプトを軸に構成しているとのこと。前回はキュート・クール・パッションの3つの属性でパート分けしてあったんで、今回はどんな順番で曲が来るのか予想困難。楽しみが増えていいけど、逆にハジけタイムで死者が出る予感が…

メンバーの半数がステージに残り、そのまま次の曲「We're the friends!」へ。どうしても今回初参加の川島さん役、東山奈央を目で追ってしまいます。担当Pだからね、ちかたないネ。
この曲は実は正直ハマってなくて、B面のメッセージが好き過ぎてあまり聴き込めてなかったりしたんだけど、やはり生で聴くと別物ですね。パフォーマンスも相まって、曲ももっと好きになる。今回のライブは終始こういう発見と感動の連続でした。

11名それぞれの自己紹介を聞いて盛り上がりつつ、元気におもてなしパートがスタート。ソロ曲のトップは大橋彩香の「S(mile)ING!」
もうね、笑顔が眩し過ぎる。そしてパフォーマンスが本当に安定している。P全員のはっしーコールで代々木体育館も揺れてますわ。…ラジオ聴いてると色々とアレなんだけど、そういう所も含めてほんと可愛いしずるいw

「TOKIMEKIエスカレート」のイントロと共に舞台袖から佳村はるか登場。こちらもラジオでるるきゃんの愛称でお馴染みで、やはりラジオ組は中の人の表情をより知っているだけにこちらの思い入れも強い。声援にも熱が入ります。“T・O・K・I・M・E・K・I”の人文字パフォーマンスもチリバツだんべ?
続いては山本希望の「DOKIDOKIリズム」。さっきのるるきゃんとはゲーム中で姉妹設定で、ゲーム内のイベントでもよく一緒に登場する二人。
歌の中で「助けてお姉ちゃ~ん」というパートがあるんだけど、今回初めてそこでお姉ちゃんことるるきゃんが登場するというパフォーマンスが!! これ嬉しかったー!

青木瑠璃子「Twilight Sky」と同時に客席のPが一斉にペンライトを持ち替える。アリーナはオレンジ、スタンドはブルー。曲名通りのトワイライトスカイ(夕暮れ空)の粋な演出。1stライブからの演出もすっかり浸透してますが、これを考えて実行したのはファンサイドで、長い時間をかけて協力を募って実現できたとのこと。凄いです。
抜群のスタイルをパンツルックに包んでステージを駆け回り、スライディングからのエアギターのパフォーマンスで会場大歓声。この曲もCDではそんなに…だったのに、1stライブで虜になって今では聞くだけで涙腺ヤバいw

元気におもてなしのコーナーでこれが出ないワケがない。原紗友里の「ミツボシ☆☆★」!!!
イントロ始まった瞬間、客席で一斉にサイリウムが。ウルトラオレンジと呼ばれる、他と比べても非常に明るいサイリウムで眩く照らされた海を、通称「飯屋(救世主=メシアが変化したもの)」さんの安定感抜群のパフォーマンスと明るい歌声で照らし返す。
合同イベントではなく、アイマスの、それもシンデレラガールズ単独の公演。つまり360度13000人全員ファン。そのボルテージたるや…。ニュージェネレーション枠でありながらCD化第3弾まで声がつかず、不遇、不人気キャラ扱いされかけてた本田未央というキャラは、原紗友里という中の人を得て、シンデレラの中でもひときわ輝くキャラになったと思う。会場で聴けて、コールできて幸せでした。

金子、鈴木、松嵜、松田の4人による新曲「絶対特権主張しますっ!」で一際盛り上がったところで元気におもてなしコーナー終了。この曲も発売になってちゃんと聴き込めれば、コールたくさん入った盛り上がる曲になると思う。というか今回もうコールほぼ完成してた。Pちゃん達、有能。

かわいくおもてなしパートは、五十嵐、高森、三宅の「アタシポンコツアンドロイド」から。キュート勢の中でもより個性的な3人によるアタポン、「キュートだよ! これキュートだよ藤村くぅん!!」と思わず大泉洋の口調で漏らしてしまうレベル。

続いて牧野由依の「エヴリデイドリーム」、圧巻。ちょっとプロデューサーさんが好きすぎて危険な香りのする佐久間まゆの雰囲気をそのまま映し出したかのようなパフォーマンス、そして流石の歌声は、男性プロデューサー以上に女性プロデュンヌからの声援が大きかったように思います。小指にあしらった赤いリボンが特徴的。よーく聞くと「ん?(意味深」という歌詞、それをキャラが乗り移ったかの如く、ほんの少し狂気を滲ませつつ歌う。本当流石としか言いようがないですねえ。

立花理香「花簪 HANAKANZASHI」、すごい。りっか様ヤバい。
8人のダンサーと共に登場したりっか様、キャラを意識した着物をアレンジした揃いのコスチューム。
sae.jpg
ステージで和傘をパッと開き、艶やかに舞い、歌う。CDで聴いて、曲よりもドラマパートの声にヤラレたものだけど、いやー…これファン急増不可避です。ほんとキレイだった。事前にラジオでのサイリウム演出(こんちきプラン)を、歌詞の中の四季に応じて変えてくれると嬉しい、というリクエスト、これも有能なプロデューサーはん達によってバッチリ再現。いいゾ~。
惜しむらくは、俺の席からだとメインスクリーンが殆ど見えず、サブスクリーンは演出のせいか演者を映してなかったんで、歌ってるりっか様の表情が全く分からなかった事。もう一刻も早くBD出してもらいたい!(机を叩く

東山奈央の「Angel Breeze」。28歳元アナウンサーの華麗なアイドル転身、その言動と、「頑張れば頑張るほど間違った方向へ行ってしまう」川島さんのキャラは、いい意味でモバマス初期に最もネタにされた枠。クール属性でありつつも、かわいくおもてなしパートに放り込まれるあたり最高です!
もう、満を持して、という登場ですよ。"待"ってたゼェ この"瞬間"をよォ!! という感じ。川島さん担当Pですしね自分。好き過ぎてケーキにして食べるレベル。
FxCam_1358689879306_20141207180743094.jpg
というか単純に中の人も大好きなので。
28歳アイドルを22歳の声優が演じるという逆転現象が起きている稀有なケース。そのせいか、演じる、歌うにあたっての研究度合いが群を抜いていて、歌い方やダンスの振り付け等、細部にきっちりこだわった見事なパフォーマンス。サイドステップひとつ取っても、脇をキュッと閉めて踊るとより80年代アイトル感が出る…等。2ndライブデビュー組なのにもう安心して見ていられるというねw
イントロから曲の歌い出しまでが長いこの曲を、そのパフォーマンスで客を引き付けて離さない。堂々たる姿でした。感動はしたけど逆に泣けないわw ラス前の全員での「わかるわ」コール嬉しかったなあ。

金子有希「お散歩カメラ」は、キャラの趣味であるカメラをモチーフにした演出が光ってました。客席に向かって指でファインダーを表す四角を作り、パシャッと言うとスクリーンに映った客席にカメラレンズの絞り羽根が!
髪飾りがキャラクターとお揃いのひまわりだったり、髪型も同じだったりで愛を感じます。幕間のインタビューでそこらへん褒められ、「やめて優しくしないで泣いちゃうからあ!」と慌てるねこさんマジ天使。

かわいいの無呼吸連打に瀕死のPチャン達に無慈悲なトドメ。高森奈津美「おねだり Shall We~?」の時間だァ!!
代々木体育館を埋める13000人の野太いにゃあ!!にゃあ!!コール。なつ姉が特にこだわったというしっぽ付きコスチューム。これもうシンデレラの曲の中でもかなりの人気の1曲で、ゲームをやってない人にも知名度あるのでは?
しかしなつ姉のルックス、立ち振る舞い、声、どれを取っても前川みくとの親和性高すぎる。キャラと中の人の相乗効果スゴいです。
みくは原宿エリアのボスなのにゃ!!!!というシャウトにハッとしたPちゃんも多かった。自分もそうでしたw

ここで代々木体育館が突然「幽霊が舞う夜の洋館」へと変貌。「小さな恋の密室事件」を歌う桜咲千依とバックダンサー、赤いマントをまとってのパフォーマンス。
ホラーとスプラッタ映画が好きなアイドル白坂小梅の雰囲気そのままのようなちょこたんの姿と歌声、ばっちりハマってて怖いほど。歌詞に合わせてペンライトが属性カラーの青から血の色の赤に瞬時に変わる、ウィスパーボイスのパートではコールを止めて歌に聴き入る等、演者と客の信頼によって成り立つ演出は感動すら覚えます。
この曲もCDで聴くのとライブで体験するのとで大化けするよなあ…。
1stライブに続いて2度目のステージだけど、前回以上のかわいさで俺の中の父性が目覚めて…(アカン
歌い終わりの「だいすき」を幕間で再度言わされるというパワハラが1stに続いて今回も。いいぞもっとやれ

コーナーの締めくくりは、大橋、大空、立花、牧野のキュート4人による「パステルピンクの恋」。これもまだCD発売前の新曲。ジュエリーズシリーズの曲は毎回完成度ほんと高いんだけど、これも今までとはちょっと変わった曲調で、初期のピチカートファイブっぽい感じ。振り付けも歌もほんとかわいい!

ここまででやっと半分…。流石に分けたほうがよさそう。
後半に続きます。


20141121 Fri
Re・冒険者 

Re・冒険者 

まさかの。
まさかのファイナルファンタジーXI復帰。
またヴァナ・ディールへ舞い戻って参りました。
前回のFFXI日記から約5年。自分でもまさかまた冒険者ライフを送るようになるとは思ってもみなかった…。

復帰の理由だけど、一番大きいのが、ソシャゲ依存からの脱却。
ぶっちゃけ、お金を使い過ぎてたんです。モバマスやシコマサに。…で、そっちで遊ばないようにするにはもっと別の遊びに夢中になる必要があった。
たまたま9月のカムバックキャンペーンでFFXIに復帰した知人のレポを見て、5年で大きく様変わりしたシステムにより、ソロでも昔以上に冒険を楽しめるようになっているのを知り、まあ今なら無料で遊べるみたいだから一度覗いてみるかーと。
ソシャゲ以外にも、福井と大阪を実費でほぼ毎週往復する交通費も生活を圧迫する要因でもあった。だから土日を福井で過ごしていてもFFXIで遊んでいれば丁度いい暇潰しにもなるし、一石二鳥。
復帰の際に昔遊んでいたサーバーが過疎によって他のサーバーと合併。それにより、今まで使っていたキャラ名「Cozzy」が使えなくなるという事象が。
なんだかんだでPSO時代のサブキャラから使い続けた名前。未練もある。ここはCozzy姉さんリ・ボーン(再生)という意味で「Recozzy」と命名しよう。
Rec141027184918a.jpg

で、ここまでが9月中旬の話。
9月以降のこのblogの更新頻度やツイッターやFBの更新具合からもお察しの通り、ずっパマッてます。とりあえず睡眠時間が2時間減った。毎晩2時まで遊んで6時半起きの生活…。
俺が引退したのはレベルキャップが75までの頃。アタッカー、ヒーラー、タンカー等、それぞれ特化した職業の冒険者がパーティーを組み、クエストやミッションを進めながら遊ぶ、いわば相互協力なくして何も遊べないゲームでした。
逆に言うと一人ではほぼ何もできない。またバージョンアップによってジョブ格差がしばしば起こり、パーティーに参加しづらい職業が出たり…。

あれから5年。レベルキャップはとっくに99まで上がり、そこから更にアイテムレベルという、装備する事で極端にステータスが上がる武器や防具が実装されて、実質的にレベル119のステータスで冒険できる仕組みに。
更に驚いたのが、「フェイス」という魔法の導入。これは、今までのミッションやクエストで出会ったNPCを特殊な魔法で呼び出して、そのキャラと一緒に冒険ができるシステム。モンハンで例えるならオトモアイルーです。
これによってソロでも気軽にレベル上げやミッション、クエストを進められるようになった。
更に、自分で選んだ課題を達成する事で経験値や戦績を獲得できる「エミネンス」や「フィールドオブヴァラー」「グラウンドオブヴァラー」など、経験値稼ぎの効率が物凄く上がった。
また、一度行った事のある場所を登録し、そこへ瞬時にワープできるようなシステムも増えた。



5年前まではまず6人のパーティーを組むまで延々時間を費やし、狩り場へ移動し、格上の敵を数分かけて倒して200ちょっとの経験値を稼いでいたのが、ソロで狩り場へ移動してフェイスを呼び出し、エミネンスを設定して楽な相手を数秒で倒して200+αの経験値をモリモリ獲得できる。…これは本当にFFXIなのかい?

おかげでLV75だった俺も一ヶ月でLV99に到達。
更にエミネンスで稼いだ戦績で当座をしのげるだけの武器防具もゲット。アイテムレベル117の装備一式で超パワーアップした姿が…こちらです!!

Rec141027185034a.jpg

え…アレ…? これFFXIサービス開始後の憧れの装備、LV25くらいで着れるようになるチェーン装備と同じグラフィックじゃねーか!!
流石にお手軽ユニクロ装備。性能は素晴らしいものの、グラフィックに差を付けて、もっと上を目指してもらおうという開発側の強い意志を感じる…。まあこの装備一式で旧コンテンツでは三国無双における呂布くらいの活躍は可能なので、見た目を気にしなければ問題なく遊べるんですけどね。

ソロ専門で旧コンテンツのミッションを終わらせるのが目的ではありましたが、その後色々とご縁があって、過去に所属していたギルドの知人らと偶然再会、そのまま仲間に招き入れて貰って、ソロでは遊べないコンテンツを一緒に楽しんだり、他愛ない会話に花を咲かせたりしております。

Rec141117215744a.jpg

Rec141117221254a.jpg

Rec141117221919a.jpg

見た事の無い敵が増えて、とにかく新鮮。楽しい。
ここらへんのモンスターの造形って、FF4~6やロマサガあたりのワクワクさせられる造形を思い出してしまいますわ。
74_9.jpg

そんなこんなで冒険者として再生です。
RE・Cozzyを宜しくお願いします。
Rec141118221246a.jpg

20141110 Mon
Y.MARKET BREWING@名古屋 

Y.MARKET BREWING@名古屋 

会社の指示で、安全運転研修を受講してきました。
IMG04505.jpg

まさかの鈴鹿。
もちろん教育センターの隣は鈴鹿サーキットです。
IMG04499.jpg

IMG04502.jpg
IMG04503.jpg
昼休みにふらっと鈴鹿のスターティンググリットが覗けるとかご褒美過ぎる。

IMG04496.jpg
夜は鈴鹿サーキットの隣のホテルでご宿泊。食事はバイキング。風呂は大浴場とサウナと露天風呂。
こんな研修なら毎年参加したいですわマジで。
肝心の交通教育も大変有意義で、これは参加してよかった。ぶっちゃけここ数年の職場の慰安会よりも全然楽しめましたw

木金で一泊二日の研修だったので、終わったら職場へ連絡入れて直帰してよいとのこと。
で、まあ鈴鹿まで来てるんだったら名古屋へよって帰ろう、と。
近鉄の急行に揺られる事50分。やってきました名古屋駅。

IMG04506.jpg
なんかハイカラなビルが建ってる。新宿のコクーンタワーと似てるなーと思ったら同じモード学園のビルでした。こっちはスパイラルタワーズだそうな。

さて、名古屋へ来た目的なんですが…
こちらです!
IMG04508.jpg

ワイマーケットブリューイング。
名古屋でクラフトビールを作っているブルワリーです。
1階でビールを作って、そのビールを飲めるレストラン「ワイマーケットブルーイング・キッチン」をこの3月にオープンさせたとの事で、一度行ってみたかったんですよね。

IMG04509.jpg
まず1杯目、ディープフォールラガー。深まる秋をイメージしてるんですかね?
ラガーだけどしっかり苦くて、でもホップの香りがよくてゴクゴク飲めてしまいます。

IMG04510.jpg
生牡蠣と合わせてみたら、これ抜群ですわ。
レモンちょっと絞って。ミルキーなコクがたまりません。

たまたま仕事を終えて店で飲んでた中西ブルワーとあれこれお話を聞かせてもらいつつ、その中西さんが仕込んだビールを飲む。
IMG04513.jpg
それがこちらのくつろぎペールエール。

やさしいアロマと、フルーティーなフレーバーが絡み合い、上品な苦味と共に心身を癒してくれる。
ゆったりとした気分で楽しんでいただきたい、言わば自分の為の休息ビール。
やさしい麦の甘みと、とがりすぎないまろやかなホップの苦みのバランスが秀逸で飲みやすい、琥珀色のペールエール。

スタイル アメリカンペールエール
使用ホップ Centennial, Citra, Mosaic / IBU 43.7 /Alc.5.3


IMG04511.jpg
このビールならちょっと濃い目の名古屋メシを合わせてみたい。
という事で名古屋タコスを。メキシコ料理のタコスに名古屋名物のどて煮とチーズを合わせるという技アリの一品。
サルサソースをかけても美味しいですねえ。

IMG04512.jpg
ノワール・ヘッズ。
たまたま昨日のイベントで1樽だけ繋いだ超限定ビールだそうな。しかも半年熟成モノ。
これ飲めただけでも名古屋へ出てよかった…!!

IMG04514.jpg
手羽先も食べておこうよ。濃いビールに濃い手羽先。合わないワケがありません。
しっかりスパイスきかせてパリッと食える。ンマーイ!

他にも魅力的なフードやドリンク目白押しでしたが、今回はここまでにしておこうか。
何故なら…

IMG04515.jpg
ワイマーケットの隣に、名古屋の名物メニュー、台湾ラーメンの味仙があるからー!!
そんなもん食べておきたいじゃないッスかア~!
てなワケでハシゴ。初めて食べる台湾ラーメンは…
辛ッ!! ていうか痛ッ!!! 頭皮の毛穴から一瞬で汗が噴き出るレベルですコレ。舌が痛ァい!
でも…でもこれめっちゃ美味え! 肉そぼろが甘い味付けで、ちょっとこれ白ご飯にスープかけて食べたいわぁ…。卵黄とか乗せたりしてみたい。いいゾ~

IMG04517.jpg
会計時にカウンターにあった味仙ふりかけを手に取ってしまったのは、間違いなくこのマンガの影響。

いやー楽しい出張でした。帰りは近鉄特急で2時間ちょいで難波だもの。もっと名古屋へも遊びに来ないとなあ。
で、大阪到着して…

IMG04516.jpg
関西限定のランチパック、箕面ビール煮込みの肉じゃが風を買い食いですわ。
このコラボもまさかの第二弾。狭い業界を狙い撃ちwww
でも、美味しいです、これ…

というワケで、ワイマーケットの中西さん、スタッフさん、どうもご馳走様でした。
また近いうちに遊びに行かせて貰いますね!!

ワイマーケットブルーイングキッチン



広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。