時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20051226 Mon
千亀利寿司のあなご 

千亀利寿司のあなご 

何故かクリスマスに寿司。
何故クリスマスなのにチキンではなく酢飯と刺身。

関係ないぜー!

クリスマスとかチキンとか

関係ないー!


今食べたいモノが寿司だから寿司屋に行くんだォースモーキーッ!
(擬音はシュゴォーでお願いします!

てなワケで岸和田の老舗「千亀利寿司」へ行ってきました。


千亀利寿司


店についたのは午後2時前。
カウンターには俺だけ…。流石に今日は客も少ないや、ハハ。

まあ俺としても時間がない(この後ばあちゃん迎えに空港へ)だったので、空いているのは有難い。
サッと注文してパッと出ますよ!

てなワケで上にぎり。
上にぎり

普段は白身、ヒカリモノ…という風に味の薄いものからひとつずつ頼んでいくけど、2カンずつだとすぐ腹が膨れるし若干時間も値段もかかる。
上にぎりなら、ほぼ食べたいものが網羅されてて安く、食べ足りないものは単品で言えば済む。
今日の上にぎりはこんな感じ。

・カズノコ
・ウニ
・サーモン
・エビ(有頭)
・アナゴ
・イカ
・マグロ赤身
・貝柱

これだけで満足度かなり高いです。
季節モノのカズノコ、ねっとり肉厚のサーモン、上品な脂の赤身、甘い身が嬉しい貝柱…。

でも、でもまだ足りない…足りへんねや!

うなぎ、中トロ

ハイ中トロとうなぎ入りましたー。

ギャアアアもう中トロとか本当に美味しいなあああ!
口中でハラリとほどけた酢飯と、じわりと溶け出す中トロの脂!
そして江戸前風に言うなら「仕事」を施されたうなぎ。
酢飯の上に焼いたうなぎを乗せ、間にシソの葉を挟み、海苔で巻いてツメ(回転寿司屋風に云うと「あまだれ」)を塗ってある。
ザ・断面ショー

ご覧下さいこの断面。
ふっくらしつつ香ばしいうなぎのボリュームをシソの葉の爽やかさで緩和し、全てを巻き込んだ海苔の香りもまた肯。
涙モンの逸品。

ここでちょっと変化球。
寿司屋の一品メニューも色々見逃せません。
中トロの和風ユッケ

中トロの和風ユッケ。
正規のメニューには無く、当日の板さんの気まぐれで出されるような、所謂「アテ」。
粗く叩いた中トロに水菜(大阪ではくじら鍋等で多用する)を入れ、山いもとろろと半熟玉子、きざみ海苔、ワサビを添えてある。
何も考えずにガーッと混ぜて、醤油を数滴。
水菜のシャキシャキした食感が面白い一品。日本酒が進みそう!

さてこの千亀利寿司、名物のにぎりがある。
それが…これ!
あなご

あなご!

フゥグ田くゥ~ん! (海山商事の同僚風に。声は若本規夫

いやアナゴさん関係あらへんがな。
と思わず錯乱しそうになるこの味!

やや小ぶりのアナゴを蒸して脂を少し落とし、にぎる前に軽く炙る。
出された時にはほんのり暖かくそして香ばしい、口に入れるとうまさが爆発する至高の一貫!!
これを食べずして「千亀利寿司」へ言ったと思うなかれ!
これを食べる為に生きていきたいと思う…というのは言い過ぎですねそうですね。

シメは茶碗蒸し。
茶碗蒸し

季節モノということで、たらの白子入りでした。アマーイ!

えーと、これだけ食べてお会計なんと4,000円でございます。
ぶっちゃけ一皿300円クラスの回転寿司で満腹になるのと同じくらいのリーズナブルさ。

銀座だ北新地だと高級寿司屋でシャチホコばって上記価格にゼロいっこ足すくらいの金払う店もいいけど。
手取り20万未満の独身サラリーマンが安心、満足して満腹になるまで楽しめる店。
俺は後者のほうが好き。
ココロもカラダも満たしてくれる、こういう「ごっつお」を食べさせてくれる、イイ店。

岸和田へ来る際には、是非立ち寄ってみて下さい。
嬉しい悲鳴を上げろ!

スポンサーサイト

Comment

悲鳴上げてぇ~

from HM
仕事に行き詰まってかなりテンパってます

心と体と会社をリフレッシュできそうな春ぐらいに、
お伺いしたい所存です

・・・川崎駅近くに引っ越しするので、
金が余ったらですが(涙)

や、これは

from ないひょ
なつかちネー、も3年は前になるんでしたか。
そいやHMさんともご一緒したんでしたね^^
駅からそこそこ歩いたが、それだけの価値はありましたよ。岸和田の町を歩いてあそこまで行くのも、味わいのひとつですナー


from ○aruhata
ちょっとぅ~うまそうじゃないのよ~。
てゆ~か~なんだかんだで食べ過ぎよぅ~。

from みやはん(管理人)
なんか食いつきいいなこの記事。
他方面からも「何故連れていかない!?」と血走ったお叱りメールが…
いくらでも行きますよ割り勘ならネlol

>>HM
また転職?4度目の春?
来る者拒まずなんでいつでもどーぞ!
わしも今年は異動で職種変わって大変ですが、まあ何とかやってます。
5月からの出張回数が年内だけで80回超えてたのには吃驚ですがw
外に出られるぶん色々見たり食べたりできるのはオイシイ。しんどい事も多いッスけどね。
まあお互い頑張っていきましょい。

>>ないひょ
連れて行く店の場所くれえ把握しとけという話でしたな、あの時はw
いやお恥ずかしい。あれは夏だったんで泉州名物の水茄子の浅漬けも食べたんでしたっけ。
あれンマイんだよなあ。
岸和田のあの通りもすっかりシャッター商店街になっております。
また来られる事あれば案内しますよw

>>ハタ
一日5食とかしとるわけじゃないから食べ過ぎじゃないってー。
何でもかんでもうpし過ぎなのかのぅ。

from ○aruhata
いや、一度にそれだけ食うのが……。

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/97-4fe0106c

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。