時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140515 Thu
メガネっ娘居酒屋「委員長」2014  委員長、西へ 

メガネっ娘居酒屋「委員長」2014  委員長、西へ 

5月も半ばなのに4月のネタを更新してるけどへーきへーき。
GW遊び過ぎたんやな…仕方ないんやな…

というワケで、4月26日にロフトプラスワンウエストにて開催された、『メガネっ娘居酒屋「委員長」2014  委員長、西へ』の昼の部に参加してきますた。

IMG02969.jpg

会場周辺には怪しげなのぼりが…

IMG02970.jpg

お、おう…

今回の出演者はこんな感じ。

【出演】田丸浩史、磨伸映一郎、鳥居なごむ、山本夜羽音、CutiePaiまゆちゃん、はいぼく、あきやまかおる(司会)

正直、田丸センセイくらいしかきちんと作品読んだ事ある人いません。
辛うじて山本夜羽音先生、というか玄田生先生時代のエロ漫画読んでた程度。
更に云うと、今日ここでどんな内容のイベントになるのかすら知らないで来てるという…
メガネをかけた女性キャラの良さについて延々語り合うのを聞かされるかもしれないという覚悟はしてきた。
ドッポちゃん

昼飯のタイミングを逃してしまって開場30分前に店についてしまい、無駄に最前列の席を確保できてしまった。
とりあえずロフト名物のイベント限定メニューでもシバいて開演を待つ事にしますか。

IMG02971.jpg

メニュー全てにメガネの文字が。
じゃじゃじゃじゃあこのメガネウーロンハイと眼鏡オムそばをですね…

IMG02972.jpg
舞台にはでっかいメガネ。

IMG02974.jpg
目の前には遮光器土偶。

これはえらいとこに来てしまったのかもしれん。

IMG02975.jpg
「お待たせしましたーメガネハイでーす」
ウーロンハイwithメガネ。
アッハイ。まさか全てのメガネドリンクに漏れなくメガネが入ってくるんじゃ…

スタッフ「今回のイベントのドリンクの為に心斎橋じゅうの百均からメガネが消えました」
アッハイ。

IMG02973.jpg
なんかもう配られてるフライヤーですらコレ。
段々不安になってきた。もうこうなったら飲むしかない。
こういうイベントでは珍しい福井の地酒「梵」をキメよう。このお酒、銘柄によっては現地の酒屋の信用があって、しかも直接買い付けに行かないと飲めないものもあるくらい貴重だったりします。
今回のときしらずは、福井の酒屋へ行けば普通に買えるレベル。でも美味しいんですわ。

IMG02978.jpg
アッハイ。やっぱりメガネ入りですネ。

IMG02976.jpg
オムそばですらメガネ。
なんだこれたまげたなあ…

もうイベント始まる前でこれだけメガネ無呼吸連打を浴びておなかいっぱい。

さて本編。
まずは声優のあきやまかおる、鯖江市公認メガネアイドルのCutiePaiまゆちゃんのミニライブから。
ブレザーにミニスカ、ニーソでメガネ。理解(ワカッ)ておられる…!! 撮影禁止なのが悔やまれるのう。

その後、原作者の鳥居なごむ先生を招いて「境界の彼方」関連のオフレコ満載トーク。

残念ながらこの作品、地上波放送時に1話を録画し損ねてしまって、今に至るまでオープニングすら見た事なかったり…
主人公の女の子、赤いセルフレームの眼鏡が似合う可愛い子だけど、劇中でシャワーシーンなんかで眼鏡外すと、途端にものすごく地味に、というかもうモブキャラみたいに誰か分からなくなるくらい印象変わるのが面白かったw
一応2話から最終話まではBDに焼いてあるので、近々見てみよう。
鳥居先生は今年度下期から来年にかけて、あちこちの出版社からお仕事殺到らしいんでファンの方々は期待していいらしいですよ。

休憩を挟んで次のコーナー。
ちなみに休憩の間に会場スタッフがメガネドリンク用のメガネを買い足しに走るという珍事が。
午後の部もあるのにどうなってしまうんや…

磨伸映一郎先生による眼鏡の歴史を紐解くコーナー。
スライド形式で画像を見つつ、眼鏡がいつ誕生し、時代の流れと共にどういう扱いの変化があったかのお勉強。…これ、すっげえ面白かったんだよなあ。
光の屈折を利用したレンズの仕組み、それを用いた老眼鏡の発明。
身体の不良は神による試練であり、器具を用いてその試練を回避する行為は神への冒涜であるとされ、古代史では眼鏡の発明者は明らかにされていないというのも面白い。
中世になって一般化した眼鏡も、あくまで男性専用の器具として用いられる。そもそも女性は、書物を読んで何かを学んだりする必要が無い、いわゆる男尊女卑的な思想。知識と教養の象徴として、しばしば聖人の肖像に眼鏡が書き加えられる事もあったとか。
その後、近代になって、アメリカでのウーマンリブ、女性解放運動の流れで、眼鏡をかけた女性が一般的になり、1970年代以降のグラビアにも眼鏡をかけた女性がどんどん誌面を飾るようになる…
いやー、ここまでしっかりと眼鏡の歴史を学べるとは思わなかった。これ収穫だったなー! 夜の部は日本史編だったらしい。そっちも聞きたかった…

最後は田丸浩史先生やら山本夜羽音先生など勢揃いで、10年前にこのイベントが始まった切っ掛け(ラブやんのエピソードから)だの、伊達眼鏡は許せるか否かの討論、その他諸々ろくでもない話がぼろぼろと…
田丸先生、東京で開催された第二回のイベント以来2度目の参加だったらしいですが、最後まで会場で何喋っていいかわかんないからとりあえずお酒飲んでますスタイルだったのがワロタw

会場で一定数のフードやドリンク注文者に配られたくじを使っての大プレゼント大会では、出演者それぞれ持ち寄ったグッズや色紙に混じって、チョーヤの梅酒にあきやまかおる、CutiePaiまゆちゃん両名それぞれの眼鏡をビンに入れた「メガネ酒」なるマジキチアイテムをプレゼントというものも…おお…もう…

IMG02979.jpg
鳥居先生が持ってきた、京アニポストカードセットをゲットできたんよ。

IMG03025.jpg
物販購入物含む戦利品あれこれ。
めがねっ娘Tシャツとか手ぬぐいとか勢いで買ってみたけどこれ多分一生着ないw
相馬の馬追い同人誌は東北支援らしいので購入。プロアマ入り混じってのイラスト本。けっこうよかった。
ポストカードはイベント終了後に、折角だからと鳥居先生にサインを入れて貰いました。

いやー楽しかった。思ってたよりいい意味でも悪い意味でも濃厚なイベントだった。
これくらい狂ってないと、観に来る値打ちありませんて。会場に何人かおられためがねっ娘教団服のインパクトもヤバかったw
遊びもここまで大真面目にバカやると楽しいよ。マジで。

meganeeeee.jpg
願わくば今後もこの活動が末永く続けられん事を。
演者さん、スタッフさん、参加者の皆さん、お疲れ様でした!

(追記)
一番書きたかったネタ忘れてたw
イベント終盤のプレゼント抽選会の時に、磨伸映一郎先生が本にサインする際に自前の筆箱をカバンから取り出したんだけど、おっそろしく年期の入った「ときめきメモリアル」の如月さんの缶ペンケースだったんだよね。

そのビンテージっぷりに感動ですわ。これメイドインジャパンでしっかりした作りになってて、今から20数年前にゲーセンのクレーンゲームの景品で出回ってたやつ。
なんでそんなに詳しいのかって?

IMG03123.jpg
同じものを持ってるからですよ…
俺のは片桐さんだけどな!!!!! リアリー? 本当に? ソーファーン とっても嬉しいわッッ!!!!!

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/745-b237f2dd

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。