時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130502 Thu
ヒーローズ・カムバック、ロストワールド 

ヒーローズ・カムバック、ロストワールド 

東北復興支援プロジェクト「3.11を忘れないために ヒーローズ・カムバック」発売。
FxCam_1367337746651.jpg

東日本大震災の被災地の為に漫画家が立ち上がり、懐かしい面々が戻ってきました!

細野不二彦「ギャラリーフェイク」
ゆうきまさみ「究極超人あ~る」
吉田戦車「伝染るんです」
島本和彦(原作:石ノ森章太郎)「サイボーグ009」
藤田和日郎「うしおととら」
高橋留美子「犬夜叉」
荒川弘「銀の匙」
椎名高志「GS美神 極楽大作戦!!」

これら新旧入り混じった名作タイトルの完全新作と、かわぐちかいじ「俺しかいない~黒い波を乗り越えて」の合計9編。
犬夜叉や銀の匙はまだ比較的新しい作品ですが、あ~るやうしとら、伝染るんですあたりは自分がまだ中学・高校生の頃に愛読していた作品。
特に思い入れの強い「うしおととら」の新作が読めたのは堪らないよ本当に…
あ~るは単行本7巻「究極戦隊コウガマン」だし、美神はおキヌちゃんが人間になる前の初期のノリ。
銀の匙は主人公の八軒のルーツが。
本当にどの漫画も面白く、長く漫画を読んできてよかったなあとしみじみ思いましたわ。


そしてうひとつ、懐かしさにむせび泣くモノに触れてきました。

FxCam_1367411823075.jpg
大阪は新世界。
スマートボール場に併設されたゲーセン「ニュースター」。
な、なんと、往年のカプコン名作シューティングゲーム「ロストワールド」が実機で稼働しているとの情報が!

FxCam_1367411711220.jpg
店の入り口には懐かしいポスター。

そして…ああ!!
FxCam_1367411634715.jpg
あった! あったよ!! ロストワールドが!!

FxCam_1367405836536.jpg
ああ…このローリングスイッチをまたこうやって操作できる日が来るとは…!!
このゲームは1988年6月にゲームセンターで初めて稼働して以降、このローリングスイッチという独特の操作のせいで、家庭用に移植されても当時遊んでいた者からするとどうしても不満の残る操作性で…

リリース当時、まだ中三だった俺はそれこそ毎日ゲーセンに通い、このゲームを1コインクリアするのが日課でした。
石井ぜんじの800万スコア稼ぎの記事の為に、今まで立ち読みで済ませていたゲーメストを買うようになったのもこれがきっかけだった。
カプコンの新作基板となるCPシステム1の第一作目で、これ以後は大魔界村、ストライダー飛龍、天地を食らう、エリア88、ウィロー、ファイナルファイト等、傑作ゲームが次々リリース。ゲームが一番楽しかった頃だったし、俺の青春の全てがそこにありました。これは照れずにキッパリ言える。カプコンCPシステムは俺の青春だった。



攻略パターンも何も覚えてない状態で遊んでみて、案の定3面ボスの武神でゲームオーバーに。
その後何回か続けて遊んで、最後は我慢できずに50円玉の塔を作ってコンティニューしまくり、ラスボスである天帝バイオス討伐達成。

とうとうやったな! 畜生、まだ震えが止まらないぜ!

あぁ、そいつぁ俺も同じだ!

名無しの超戦士達の棒読みっぷりが笑えるやら泣けるやら…
いや、ほんと嬉しいよ。オッサンの懐古主義だろうが何だろうが、嬉しいもんは嬉しい。

FxCam_1367411613256.jpg
ロストワールドの隣はこれまたCPシステムの名作「ワンダースリー」が。
1つの基板に3つのゲームが入ってるという変わり種。横スクロールアクションの「ルースターズ」が好きでよく遊んだんだよなあ。



FxCam_1367410603002.jpg

対面にはコナミのアクションRPG「ガイアポリス」も。
パスワードを控えれば続きが遊べる異色のアクションゲーム。すんげえ難しいの。
これは基板買って遊んだんですわ。今でも押入れの奥に基板が眠ってるはず…

音楽が素晴らしいんですわ。
サントラ持ってたのに誰かに貸したらそのまま返ってこなくて辛い。これ読んでたら返して下さいw


しかしどれもこれも遊んだり読んだりしてた頃から20年近く経過してるってのが恐ろしい。
自分としてはほんのちょっと前の出来事のつもりだったのに、いやはや時の流れるのは速いです。

FxCam_1367415750528.jpg
古き良き青春の作品に乾杯。
たまにはこんな事もあっていいよね。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/682-3a8baa40

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。