時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130421 Sun
「ステーキを下町で」レストラン カタヤマ@東京・東向島 

「ステーキを下町で」レストラン カタヤマ@東京・東向島 

「きょうはステーキを食べるぞ!」
肉は歯止めがきかなくなる。理性が吹っ飛ぶ。いってみれば獲物を探して勇躍、狩猟にでるかんじ。そのうえ、きょうのステーキはひとすじ縄ではいかない。肉好きがたらふくステーキを食らいたいとき駆け込む店といえば東向島「レストラン カタヤマ」、その名もオージービーフの「駄敏丁(だびんちょう)カットステーキ」である。


とあるのは平松洋子のグルメエッセイ「ステーキを下町で」の一部分です。
FxCam_1366366134932.jpg
「オール讀物」に掲載されたエッセイに、挿絵はなんと谷口ジロー。孤独のグルメファンにはちょっと嬉しい谷口ジローの漫画による食事シーンが堪能できる本です。
そこで紹介されてたのが「レストラン カタヤマ」。

グルメ本としてもエッセイとしても面白く読める本で、食事シーンの表現には思わず嫉妬しちゃう程うまそうだったり楽しそうだったり…
こんなもん我慢できるかい、と、一路東京へw
いやまあ上京の目的は他にも色々あるんだけどそれはまた後ほど。

東京から何本か電車を乗り継ぎ、スカイツリーを横目に辿り着きました東向島。
駅から住宅街を抜け、大通りを歩くこと10分。見えてきましたカタヤマさん。
FxCam_1365829941426.jpg
13時を少し過ぎた頃でしたが店の前には数人の列。これくらいならすぐかな…と思っていると、お店のスタッフさんに「こちらへどうぞ」と…
なんと、店の隣が待合室になってて、そっちにお客さんがどっさりw そんなに甘くは無いですな…

FxCam_1365826938692.jpg
メニュー。ここのメインはもちろんステーキ。それも最大の目玉はオージービーフ、草だけ食べて育ったグラス・フェットという種類の肉なのだそうな。
他にも穀物だけで育てたグレイン・フェット、もちろん和牛のいい肉もある。更にレストランだけあってカキフライやコロッケ等の洋食もサイドメニューやセットに組み込める。

しかし驚くべきは値段のリーズナブルさ。いくらオージービーフだからって、260gステーキにごはんと味噌汁、サラダが付いて1670円は、そこらのファミレスと変わらない。それが50gずつ量を増やす度に200円アップって…
普段なら200gでそこそこ満足、300gまではペロリでしょう。…400g? ちょっと弱気か。
ええいここは510gでキメよう!! それでもたったの2625円!!
以前食べたリベラの1ポンド(450g)ステーキは楽勝だったしな。

んで、出てきたステーキがこちら。

FxCam_1365827884347.jpg

で け え。

なんというボリューム…。というかなんという厚さ! 
高さ4センチ、幅15センチはあるぞ…

躊躇してるヒマは無い。食うぞ!!
ナイフとフォークを握り…いざ!!

FxCam_1365827918998.jpg
なにこの美しい断面!!
スジや脂身を取り除くカット方法は「駄敏丁カット」と呼ばれ、何と特許を取られてるそうで。肉の切り方で特許なんか聞いたこと無いよw

これだけのボリュームならケチケチせずに大き目に切って、口いっぱいに頬張ってごくごく飲み込んでもまだまだ残る。なんとわんぱくな食べ方が許される肉なのだろう…
ソースは肉汁であるグレービーとシェリー酒、それに醤油をブレンドしたもの。カリカリのニンニクスライスとレモンバターも堪らない。

FxCam_1366366219929.jpg
この漫画のように、あぐあぐ、ぎゅっぎゅっ、ごくん、という擬音そのままに食べ進める。
脂身が無いからもたれない。スジが無いからどんどん飲み込める。肉に飽きたら付け合わせのパスタやポテト、ミックスベジタブルで味を変えてまた食べる…

FxCam_1365829293007.jpg
程無く完食。
流石に味噌汁はキツいので残したw
いやー大満足! というより明らかに多すぎたw 今の胃袋のキャパでは360gくらいがベストのようです。
店の人に焼き方聞かれた時に「レアで」と頼んだのも若干失敗だったかも。ここまでのサイズだと、そこそこ火を通さないと終盤では肉が冷めてきちゃう。ペレットがあれば嬉しいんだけどね。店員さんのオススメ通りにミディアムにしときゃよかったなあ。

まあ失敗は次回に生かす。というか絶対また食べに来ます。近所だったら毎月通うレベル。
こんな美味いステーキをこの値段で食べられる。いやもうここは肉っ食いの聖地でしょ。
レストランカタヤマさん、どうもご馳走様でした!!

カタヤマ






帰りにスカイツリーの真下へ行ってみた。
FxCam_1365831905510.jpg
これもうなんだか分かんねーなw
火力発電所の煙突とはレベルが違います(当たり前だ

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/681-74e66cfa

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。