時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120816 Thu
「ビューティーバー」@天神橋筋5丁目、そして喜久盛の日本酒 

「ビューティーバー」@天神橋筋5丁目、そして喜久盛の日本酒 

天神橋筋5丁目商店街の路地奥。
日本酒と無農薬野菜料理の店「ビューティーバー」は、少しどころじゃなく分かり難い場所にあります。
IMG00500.jpg
杉玉が下がってるのを見て、あぁ日本酒が飲める店なんだなと辛うじて理解できる外観。
まあ初見でひとりだとまず躊躇しますw

俺がこの店に顔を出す切っ掛けは、登敬三さん、瀬戸信行さん、ワタンベさんのバンド「ロマンベ」のライブをこの店でやってくれたからなんですが、
IMG00419.jpg
この内装にもビックリ。
遊郭じみた雰囲気、大きな朱色の傘のインパクトたるや…
IMG00428.jpg
ベリーダンサーのminoriさん、不思議と和風の内装の店内ともマッチしてて美しかったなあ。

IMG00423.jpg
料理も、無農薬野菜を中心にオーガニックなメニューが。
こちらは塩麹を使った焼き物。藻塩で食べる蓮根の美味さたるやアンタ。
そら日本酒も進みますわ。
IMG00424.jpg
出して貰ったお酒、これまた見た事ない銘柄。三井の寿、クアドリフォリオをワイングラスで、って…
飲んでみると酸味が強くてほんとに白ワインみたい。

IMG00426.jpg
雑穀米の焼き飯もたまらぬ美味さ。
内装、料理、酒、どれも強いコダワリが感じられます。面白いなー。

この日、たまたまカウンターで同席させてもらったお客さん、ゲームやCMなんかの映像関係のお仕事をされておられた方で、昔のSNKのCMやサウンド制作にも絡んでいたとかで、コアな話に花が咲いて、非常に楽しい酒に。

店内でのDJイベント「昭和テクノ」。
IMG00507.jpg
まさかのレーザービーム乱れ飛ぶクラブも真っ青の空間が。
ブッ飛んでるなあこの店!

そんなこんなでここんとこ気になる感じNo,1のお店なんです。

先月開催された、店の5周年イベント。
この日は色んな日本酒蔵の方が見えられてて、振る舞い酒を呼ばれたりしながら色々とお話を聞いたりも。
IMG00968.jpg
ブルーハワイなんてお酒もあるのかwww
日本人は青色に対して美味しいと思えないように脳が感じるらしいが…

IMG00978.jpg
今回もDJプレイ、蔵元のレアアイテムを賭けての団体戦によるイントロクイズ合戦、はてはこの店のお客さんでもあるプロの緊縛師の有末剛さんの緊縛実演まで、凄まじい濃度の周年イベントが。
ていうか団鬼六「花と蛇」シリーズ等で仕事しておられる方のライブ緊縛なんてまあ見る機会ありませんぜ。いやー眼福でした。

一人目こそ先生のお連れの浴衣美人さんを酒樽に、という感じだったけど、二人目は客のゴスっぽいファッションのモデル系美人さんを柱に縛ったり(了解を得てパンチラも。赤!!)、最後にはドンキあたりで買ったと思われる残念セーラー服姿で接客していたこの店の新人さんまで縛られたりして…


さて、ここからは喜久盛の話。
IMG00970.jpg
岩手の喜久盛、蔵元原酒を振る舞い酒としていただきました。
IMG00969.jpg

IMG00973.jpg
まさかのグラスホッパーマニファクチュアとのコラボTシャツ!
この素晴らしいTシャツのセンス、わ か る わ 。
話してみたら、自分が愛用しているハードコアチョコレートともご縁があったり、更にはゲーム業界とも色々親交のある、一風変わった社長さんでした。

喜久盛と云えばやはり外せないのが「タクシードライバー」。
04.jpg
何故に日本酒のラベルにトラヴィス!?



デニーロの怪演がモノスゴイ、往年の名作と日本酒がどう関係あるのかはコチラに詳しく書かれておりました。
現在、決して多くの人に飲まれていない日本酒の魅力を広める為に、まず手に取ってもらう、興味を示してもらう。あ、こんなのあるんだ。面白い。飲んでみようか。

勿論、飲んで美味しいと思って貰わないと、ただのイロモノとして笑われるだけ。そこはしっかり美味しいお酒になってます。やや酸味のある、どちらかというと辛口のお酒です。
こういう活動には賛否両論あるでしょうが、個人的には応援したいとこ。

今までの枠に縛られず、自分のセンスで今までにない内装や酒を揃えるビューティーバー。
日本酒の裾野を広げるべく、様々なアプローチで酒を造り続ける喜久盛。
共通点は多いなーと感じました。作り手と店の思想がシンクロして、この店の熱気みたいなものを生み出してる感じ。
いや楽しいです。色々とアテられた感じ。

またオモロい店に出逢えたなあ。
暫く通ってみようと思います。どうもごちそうさまでした!!

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/635-d291bfcb

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。