時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120726 Thu
大山Gビール岩田ブルワーがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!@なかもずeni-bru 

大山Gビール岩田ブルワーがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!@なかもずeni-bru 

例によって更新遅すぎるけどキニシナイ!
ずいぶん久方振りのエニブリュ訪問。この日はジャパンビアフェス大阪を翌日に控え、前乗りしてきた全国のブルワーさんが集まるかも?との情報に釣られてノコノコ馳せ参じた次第で。ヤラシーねどーも。

IMG00894.jpg
一杯目はゴールデンエールのDiMaggio~ディマジオ。
こちらはベアード・ブルーイングとエニブリュのコラボによる、5周年記念特別醸造ビールです。
大リーガーのジョー・ディマジオの背番号5番にちなんで、5種の麦芽とホップ、度数5.5%、IBU55と、とにかく「5」にこだわったビール。とても飲み易くてグッド。

俺が富山でビール飲んでた時にエニブリュ5周年イベント開催されてたんですが、これがその時の為に作られたビールでしてな…
何とかして飲んでおかないと、次に飲むチャンス無いかも知れないですからねー(貧乏性

IMG00895.jpg
焼きナスとアサリのマリネ。
この組み合わせは無敵でしょ。ドライプチトマトの酸味がマッチしてて抜群です。

IMG00896.jpg
なかもずバーガー。
チリビーンズソース仕立ての正統派バーガー。齧り付くと溢れる肉汁、トマトの酸味とチーズのコク。チリビーンズソースは辛くはなくてむしろ甘味が。これ定番メニューにしてもいいのよ?
江戸堀バーガーパクリインスパイアメニューという事ですが、これ本家超えあるかも?
塩たっぷりのフライドポテトも嬉しい!

IMG00897.jpg
2杯目はサンクトガーレンのYOKOHAMA X.P.Aドライホップ版。
普段のものよりホップの香りがより華やか。苦みもそこまで強くなくて、好きなタイプです。

そうこうしてるウチに、店内にひとりの訪問者が。

IMG00898.jpg
大山Gビールの岩田ブルワーさんです。どう見てもプロレス関係者です本当にありがとうございました。つかn.W.oTシャツ似合いすぎやべえwww

実はこの週、エニブリュでは大山Gビールの特集をしていて、翌日のビアフェスに向けて大阪入りする岩田さんを店に招いて話を聞こうじゃないかという趣旨だったり。

IMG00899.jpg
というワケで3杯目は大山Gビールのヴァイツェン。WORLD BEER AWARDS2011で世界一に輝いたビール。
とろみすら感じられる華やかなヴァイツェン。うめえ。

IMG00903.jpg
こうやって作り手さんの話を聞きながら飲むビールは格別です。
どんなこだわりがあり、目指した味や風味、その苦労なんかはめったに聞く事はできませんからね。
…まあ岩田さんのお話好きには定評があって、ここから一時間延々話っぱなしになるとは想定外だったりw

IMG00905.jpg
こちらは岩田さん持ち込みのホップ。
毬花を割ってみると、黄色い花粉のようなものが。…これがビールの苦味や香りの元、ルプリンです。

IMG00901.jpg
4杯目、なんと岩田さん自ら持ち込んだ大山Gビールのスタウト。
これだけキャッシュオンです。小商い!w
こちらに先程貰ったホップを投入。ドライホッピング!とかやってみたり。

IMG00900.jpg
岩田さんがお客さんから貰ったというTシャツを自慢されたり。
なにこの戦闘民族wwww ナッパwwww

IMG00907.jpg
店内にはハーヴェストムーン園田ブルワーや南信州ビールのブルワーさんの姿も。
すっかりブルワーを囲む会からブルワーが囲む会へ趣旨が変わっておりますw
この後更に島根のビアへるんの矢野さんまで来られたとのこと。
残念ながら俺は時間切れにてここらで退散です。

IMG00913.jpg
エニブリュ5周年限定Tシャツ。
普段はLサイズまでしか作らないのを、3年間ダダをこね続けてやっとXLサイズを作って貰ったw
まさか本当に用意して貰えるとは…恐縮です! しっかり着て店の宣伝しますw

というワケで大変満足できた夜でした。
満足し過ぎて翌日のビアフェス大阪が割とどうでもよくなってしまったというね…w
まあジャパンビアフェスは何度も言うけど座れない、フードと一緒にビール味わえない、人多い等々色々辛いイベント。
では何故行くかというと、作り手さんと会って、その人から直接話を聞きながらビールを飲めるから。あとビール仲間と会えるから。
コミケに例えると、本は通販で買えても作家さんと会って話を聞くチャンスは無い。地方の友達とも逢える。だから行く、というのと同じです。わかりやすい!(ぇー

ともあれご馳走様でした。
岩田さん、エニのスタッフ様、ありがとうございました!

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/633-a7f26f05

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。