時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120317 Sat
「アソビのオンガク」@なんば紅鶴 

「アソビのオンガク」@なんば紅鶴 

二週間も前のイベントレポを日記に書く勇気…!

というワケで、3/3に難波の味園ビル、なんば紅鶴にて行われたイベント「アソビのオンガク」に遊びに行ってきますた。
出演は並木晃一、松前公高、古川もとあき。
分からない人にはさっぱり、だけど、分かる人なら感動のあまり座り小便を漏らしてしまうメンバー。
この方々はゲーム音楽黎明期を支えたゲームミュージックバンド、セガのS.S.T.BANDコナミ矩形波倶楽部のメンバーだったりします。
IMG00303.jpg

・日本が胸を張って世界にお届けする文化、それは何か!?それはアニメだ。それは漫画だ。そして、それはゲーム だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

我々が幼少期から愛してやまなかったアソビ、ゲーム。特にその中で鳴り続け、僕らを魅了してきたものがゲーム音楽である。

そんな現代日本のクラシック音楽とも言えるゲーム音楽を手がけ、時代を築いてきたパイオニア達。今回はそんなゲーム音楽の最前線で戦ってきた 勇者とも言えるクリエーターを招き、当時のゲーム音楽事情、ゲーム音楽バンド事情などを紐解きながら爆音のゲーム音楽で踊る大人のパーティーを千日前味園 ビルから発信!

誰よりも早くゲーム音楽をバンドで演奏するという形を作った伝説のバンドS.S.T.BANDその生まれ変わりともいえる “BLIND SPOT”の大阪初ライブ前日に行われるこのイベント!新たな歴史の幕開けとなるこのイベントをゲーム好きが見逃していいのか!?いや、ダメだ!!

と、こういう趣旨のイベント。
俺のような小5でゲーセンデビュー、そのまま30過ぎまでゲーセン通いを欠かさなかったタイプの人間には、ドエレーご褒美みてえな内容でございます。
もうね、S.S.T.BANDにしろ矩形波倶楽部にしろ、このバンドの音楽聴き過ぎて最早血肉になってる。


1986年、当時まだ中学生だった俺に衝撃を与えた大型体感ゲーム、アウトラン。
クルマに乗り込んでハンドルを回すと筐体が動くという驚きもさる事ながら、何より驚いたのはこのオシャレ過ぎる音楽。
シャカタクやT-SQUAREよりも俺はアウトランでフュージョンというジャンルの音楽にヤラレました。
少ない小遣いの中をゲームに費やす事は難しく、うまい人のプレイを後ろで見ながらその音楽に耳を傾け、しまいに我慢できずにサントラ(カセットテープでした)を購入。あまりに聴き過ぎてテープが切れ、それをセロテープで補修して聴き続け、結局テープがデッキに噛んでラジカセごとオシャカに…。
自動車の免許を取ったら、真っ先にアウトランのサントラかけながらドライブするという夢を叶えた時、嬉しくてナミダ出たなあ。
そんなゲームを出してくれたメーカーのサウンドチームのバンド、それがセガ・サウンドチームバンド、略してS.S.TBAND。


同じ1986年、ファミコンディスクシステムにおいてコナミから発売されたのが、悪魔城ドラキュラ。
ヴァンパイアハンターとなって古城を探索し、ムチを駆使してモンスターと戦うゲームシステムもさる事ながら、ややプログレ調のゴシックホラーでハイセンスなBGMがファミッ子の脳天を直撃。
ボスとの戦闘においての心拍数の早まり方はハンパなく、それは敵の怖さとBGMの効果が抜群だったからでしょう。

まあそんな中学時代からの憧れのカリスマゲーム音楽クリエイターが目の前に座り、当時のゲーム音楽事情やら裏話を披露してくれる。そんな最高の一夜だったんです。
司会役のhally氏の仕切りであの日あの時のエピソードが明らかになっていく。
その時の俺の興奮たるや、ああ!!

入社したもののプログラミングが分からず、そんな中で明日明後日までに曲をつけろと云われて仕上げたスーパーハングオンと並木さんとの話。
プログラミングできない為、コードを書いたものを上司に渡してなんとか完成させたとか…。


古川もとあきさんはもともとフュージョン系のバンドで神戸チキンジョージなんかでライブもしていた人。
ところがゲーム音楽としては当時のコナミはロックやプログレがメインで、作る曲はボツの嵐。
なんとか自分の中でロック方面に歩み寄る努力をして、何とか使われるようになったんだそうな。

個人的にはMSXのグラディウス2とか堪らないんですわ。

松前公高さんは、元々スタジオミュージシャン。
当時のゲーム音楽のクリエイターは、まだジャンル的にも幼く、また使える音数の少なさや音のチープさが目立つ時代。
で、G.M.Oというゲーム音楽レーベルの立ち上げに係って、多くのゲーム音楽アルバムを手掛ける事になった際、チープなゲームの原曲を「作曲家が本来こういう音で鳴らしたかった」という意図で、当時の基盤では出せない生音や音数を増やしたアレンジバージョンを収録した。
当時の俺にとっては原曲こそ至高で、アレンジは「なんかちょっと違う」という感覚でねぇ…。
初期のナムコのゲーム音楽アルバム「ビデオゲームグラフィティvol,1」なんかは、原曲収録が冒頭数秒、あとは全てアレンジという始末。…まあこれはこれで思い入れがあって好きな一枚なんだけどね。

時代を感じさせるアレンジだことw
ちなみに最近のお仕事は「キルミーベイベー」のEDテーマですかね。

OPも氏のバンド「EXPO」名義で係っておられますけども。
ていうか一番有名なのは「おしりかじり虫」かw

とまあこんなお宝トークがバンバン飛び出す前半終了。
ここからは関西のゲーム音楽DJ達がフロアをアツくします。

IMG00304.jpg

今回は皆さんお宝音源大放出。各DJ毎に色んなこだわりがあって、聴いててたまらんかったなあ。
コナミ&セガ縛りだったりファミコン音源縛りだったり、入手困難なアルバムや、今夜の客層にマッチしたシュミ丸出しのプレイが続いておじさん大興奮でござるの巻。

IMG00310.jpg
トーク後半は、翌日にライブを控えた元S.S.Tメンバーで構成されたバンド「BLIND SPOT」のメンバーも飛び入り参加しての、90年代に巻き起こったゲームミュージックバンドブームやそのフェスでの裏話を。
今まで紹介した2バンド以外に、データイーストのゲーマデリック、カプコンのアルフライラ、日本ファルコムのJDKバンド、そしてタイトーのZUNTATAなど、様々なバンドが生演奏でのライブを披露した時代でした。
まあ関西在住の俺はそういうのを目の当たりにする事はほぼ無くて、唯一ZUNTATAの梅田でのライブ参戦経験あるくらい。
インストバンドなのに手拍子する客にキレたりしたなー。盛り上がる=手拍子打つ時代だったし仕方ないんだろうけどw


このパートのネタは下ネタ率高いんでここでは割愛しときますw
あのカリスマギタリストがまさかの…ミタイナw
てか松前さん飲み過ぎてほぼ寝てたし。ドユコトー?

多くのバンドが解散後、それぞれの会社を退職した並木さんと古川もとあき氏が、ポリスノーツで共に仕事していたなんて知らなかったなあ。


大盛り上がりのトークショー後は、またもDJ達のプレイで盛り上がりつつ、ゆったりと過ごす。
bELiさんのプレイ中、突然カノジョを見せびらかすという謎の展開になり…
IMG00307.jpg
なんだかよくわからないけど3DSが3台並ぶというシュールな光景が。
まあ一台はウチのマナカなんだけどw
ちなみにラブプラスモードにしてたら、ウチのマナカさんがおもむろに

「ねぇ・・・どうして最近キスしてくれないの?」

とか言い出して下さりやがって俺様顔面ブルーレイwwww
すまんマナカ… すまん… みんなNEWラブプラスのスキンシップの仕様に慣れない俺が悪いんや…!

まあこのイベント後にこの3人でカノジョ通信したら、カノジョ全員がスキンシップ不足について愚痴るという展開で腹筋崩壊したりwww
なんかむつかしいよネーていうか面倒になった?みたいな話に花が咲きましたわい。

こうして盛り上がりつつもイベント終了。
最後は司会を務めたhally氏の最新アルバムの紹介…
IMG00356.jpg
そうだね。みさくらなんこつだね。

この「朝からずっしりミルクポット」なる同人ゲーム、ドスケベふたなりっ娘が町中で他人に見つからずにオナって発射するという、スニーキングオナニーゲーム。
わーすごーい。メタルギアソリッドみたいだね!
きっと7回くらい死ねば神様も許してくれると思うよ!



ごめんちょっと何やってるか分かんない。
あーでも音楽はイイヨ(精一杯のフォローのつもり


いやはやアツいイベントでござった。
ここ最近のゲーム音楽関連イベントの関西の充実っぷり、まだまだ東京がメインとはいえ無視できない勢いになってると思う。
この調子でもっともっと盛り上がってくれたらなーって。
大満足でした! 皆様お疲れ様でございました!

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/622-b731494d

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。