時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120227 Mon
「Meet The Top Brewers. Vol.11」城端麦酒@なかもずeni-bru 

「Meet The Top Brewers. Vol.11」城端麦酒@なかもずeni-bru 

なかもずのビアパブ「eni-bru」にて行われた、「Meet The Top Brewers. Vol.11」に参加しますた。
これは年に数回、日本のクラフトビールの醸造責任者を招いて、その店のビールを飲みながら醸造者の話を聴いたり、そこのビールと料理のマリアージュを楽しんだりするイベント。
今回は11回目、富山の城端麦酒の特集でした。

まずは9種類のビール飲み比べ。
IMG00262.jpg
・麦やエール、はかまエール
店創業時からの定番商品。飲みやすい麦やエール、どっしりしてコクのはかまエール、どちらも飲み飽きない味。

・アールグレイ
よくも悪くも城端麦酒らしい、ビールらしからぬビール。チェイサーやジュース感覚で飲んだり、ビールが苦手な人には世界を拡げる効果のある一杯。もちろん紅茶のアールグレイの風味香る、甘くてすっきりしたビールです。

・絹香~絹のかほり
地元の小麦、柚子、シルクパウダーを使ったビール。これも初めて飲んだらびっくりする一杯かと。
去年はりんごを使ってたりと、毎年少しずつ味が変わるのも楽しみであり不安でありw

IMG00263.jpg
これがシルクパウダー。基本的にはアミノ酸で出来てます。
ちょっと舐めて驚いた。甘いんですわコレ。

IMG00264.jpg
・俺の味2011
カスケードホップを使った、IBU70オーバーの苦いビール。
毎年試行錯誤しながら作られる為、進化し続けるビール。俺の味たる所以か。

・俺の黒2011
こっちはスタウト版。コクのある一杯。

・カシス・スタウト
今日は出てないけど、カシスを使ったビール「楓」と俺の黒のハーフ&ハーフのようなビール。
楓だと甘すぎてダメという人も、こっちなら。個人的に好きな一杯。

・シークレットビール
ネルソン・ペールエール。湘南ビールとのコラボ商品で、ネルソンというホップを使った、味わいのあるビール。
麦やエールと比べると、ちょい苦い。

あとは写真に載ってないけど、実験的に作られた「なごみ」というビールも。
富山県産の材料を50%以上使ったビールで、大麦や黒米が使われている。
黒米のポリフェノールで赤っぽい色、そしてコメ特有のまろみのある味。

IMG00266.jpg
テイスティングの口直しにバゲットを。
もちろん料理はこれだけじゃありません。
2月いっぱいで店を卒業し、北堀江に新しくビアパブを出す予定の林さんの渾身のメニューがこちら。

IMG00268.jpg
・白菜とIPA風シーザーサラダ
白菜、春菊、鶏肉、グレープフルーツを使った、歯触り楽しく苦みと甘みの効いた、IPAっぽいとも言えなくもないサラダw

IMG00269.jpg
・いろいろふかし芋と3種のソース
大阪産の紫芋、里芋、じゃがいも、さつまいもを蒸したもの。
ソースはマヨネーズをベースにアンチョビ、豆板醤、カレー風味の3種類から。
イモのシンプルな味とソースの相性や良し。ソースだけ市販して欲しいレベルだわ。

IMG00270.jpg
・鮭の西京グリル 塩麹マリネ乗せ
味噌の甘みの効いた鮭の西京焼きに、一週間かけて作った自家製の塩麹に漬け込んだ浅漬けを乗せた、こだわりの一品。
今日は開演が30分押してて、そのせいでグリルに入れ過ぎて鮭が固くなってたのが残念なれど、それでも実に美味かった。
塩麹って最近流行ってるけど食べたのはこの日が初めて。こりゃウマいもんだねえ。

IMG00272.jpg
・豚肩ロースのアールグレイ紅茶煮
アールグレイの茶葉をふんだんに使って煮られた豚。
更にマリネ液にも茶葉、ソースにも茶葉!
でも食べてる時にはあんま分からなかったかなw ただのメチャクチャうまい煮豚w
付けあわせのサラダほうれん草とマスタードソースも嬉しい。

IMG00273.jpg
・キスのフィッシュ&チップス 俺の黒ver
店の定番メニューのアレンジ版。
衣に俺の黒を混ぜて、コクのあるフライに。…一瞬コゲてるように見えるのは難点だけど、程良い苦みがビールに合う。

IMG00274.jpg
・牡蠣とほうれん草の熱々グラタン
イギリスでは牡蠣入りのビール、オイスタースタウトというものがあります。
それにちなんで、牡蠣を使ったグラタン…。ちと強引かw
しかし牡蠣、ほうれん草、この二つがベシャメルソースとチーズに合わない筈が無いワケで。
グラタンて時々無性に食べたくなるけど、あんまり食う機会無いんだよね。ファミレスにも行かないし。
食えて嬉しい一品でした。

IMG00275.jpg
・菜の花とじゃこのせいろご飯
菜の花入りのちょっとほろ苦い、もちもちのせいろご飯。じゃこの塩けが嬉しい。
しば漬けが刻んであるのが堪らんねえ。

IMG00278.jpg
・そばプリッツの昆布粉掛け
コースに無かったけど、城端麦酒の山本ブルワーのお土産って事で急遽追加された一品。
これ最高のアテやないか…!

これらの料理を楽しみながら、山本ブルワーの話を色々と聞きました。
ちょっとズルしてエニブリュの日記からコメント拝借すると…



よく、ヴァイツェンを造らないんですか?
なんて質問やリクエストをいただくんです。

でも、僕はヴァイツェンならあそこの醸造所のヴァイツェンが美味しいと思うのです。
わざわざ僕がヴァイツェンを造らなくても、美味しいヴァイツェンが飲める。

僕が造るのはまだ誰も造ってないビール。
いうなれば“ビールのすきま産業”なのです。


また別のお話。

造るからには“爪あと”を残したい。
誰も造っていないビールで、印象に残るようにしたかった。


また興味深いお話を。

最初にフルーツビールを造り出す際、ピーチのビール「Sakura」とカシスのビール「Kaede」のふたつの案が同時にありました。
しかし、先に造ったのはピーチのビール「Sakura」でした。
その理由は、富山で近所にお住まいのおばちゃん達に、ピーチというと想像に易いのですが、カシスというのが伝わらない。
カシスを黒スグリの実であると説明しても、どんな味だか伝わらないので、まず造ったのがピーチのビール「Sakura」でした。


もともとは板金屋が本業だったという山本氏。
父親である先代社長の発案で独学でビールを学び、試行錯誤でここまで育てた努力家。
ちなみに今でも板金屋、というか自動車が事故した時の板金補修の仕事も続けてるそうでw

IMG00277.jpg
そんな山本さんのプレゼントによる抽選会なんかも。
スタッフTシャツやビール詰め合わせ等が振る舞われて、大いに盛り上がりました。
その風貌から、ビール界のイチローと呼ばれ親しまれている山本さん。
これからも美味しいビール、期待してます!

とりあえず今年もタナバタビアフェスタは参加決定って事で。今年はピタリ七夕開催ですよ!

IMG00271.jpg
折角なんで絹香をハーフパイントで。
うん、今年のバッチはちょっと水っぽいとかそういう感想聞くけど全然分かんないや。とても美味しいと思う。

IMG00276.jpg
アールグレイも。
本格派には色々と揶揄されたりする、この城端さんの甘いビール、俺はすげえと思う。
これは確実にビールの間口を広げる一杯です。ここからビールが好きになったり、興味をもってくれる人だっている筈。
色々あるから楽しい。
飲む人は飲みたいビールを選べばいい。そして、選択肢は多いほうがいい。

いや楽しかった。そして勉強になった。
山本さんが今年はどんなビールを飲ませてくれるのか、今から楽しみです。

ご馳走様でした!

スポンサーサイト

Comment

みやはんさん

from アンダースロー
いつも拝借しとります。

よくある人気グルメブログでは批判的な内容が多いんですが

みやはんさんのブログは大変分かりやすくて
味わいが伝わってくるんで楽しいっすわ!!

また、一緒に飲んでくださいな♪

from みやはん(管理人)
>>アンダースロー様

お久し振りです。
mixiやfacebook、twitterじゃなくここに感想貰えるのが一番嬉しいですわw

グルメブログも功罪色々ありまして、こんな店行きました!というのを意識する、
つまり行った店全てレポしようとすると、自分の舌や店の雰囲気に合わなかった店までレポしちゃう。
すると、批判的な書き方になっちゃったりという事も…

わしも昔、書きたい事書き散らして店からご意見メール頂いた事があったり、
友人の店が食べログで厳しい事書かれたりして辛い思いしてるの見てるんで、
基本的には好意的な店しか日記にしない事にしてます。

味の感想なんて人それぞれなんだし、店の雰囲気だって常連と初見じゃ感じも違う。
よっぽど接客がダメとかならともかく…ねw

味の感想じゃなくて、自分が美味しいと思ったもの食べて楽しかった。
その事を記事にしたいな、と思ってます。
とは云えたまに愚痴も書いちゃうけどw にんげんだもの。

ともあれまたどこかの店で合ったら飲みましょうw

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/620-e047c532

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。