時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20051011 Tue
串かつ「串の井」 

串かつ「串の井」 

3連休最終日の夜。
土日月と、冷蔵庫の残り物やらコンビニ飯やらで食いつなぐという、何とも寂しい食事が続いていた為、たまには地元でひとりで飲むかと外へ出た。

家から歩いて7分。
駅前のショッピングモール内にある串カツの店「串の井」。
こちらへは、小学生の頃から足繁く通いつめている、地元一押しの店。
串の井


普段は昼の定食ばかりなれど、今日はちょいと張り込んで、30種類の串カツを一品ずつ上げる、コース料理を頼む事に。

基本的に一人で酒を飲む趣味は無いので、生中一杯だけ頼んで唇を湿らせて…


大阪の串カツといえば、新世界あたりの「ソース二度漬けお断り」な雑多なイメージがあると思うけど、ここはもうちょい繊細な感じ。
特製ソース、ごまだれ、大根おろしの和風ポン酢だれ、木の芽塩の4種類の付けタレは好みで使い分ける。
この他にも、タコは甘酢、こんにゃくは田楽みそ、ホタテはライム、イカはなんと、瓶詰めのウニ塩辛を酒で溶いたものが塗られて出てきたりと、店のほうで予め味付けしてある串も。

アスパラ

このアスパラは表面に豚肉を巻いてあり、脂の甘みとアスパラのホクホクシャッキリした味わいが絶妙。手前のはホタテ。

松茸

季節モノ、松茸と栗。
松茸は鳥つくねっぽい肉が中に仕込んであり、味も香りもたまらない。栗のほくほくした甘さも嬉しい。

銀杏、しめじ

銀杏としめじ。
ほろ苦いが、火を通すと甘みも出てくる銀杏は木の芽塩で。
石突の部分に豚肉を巻いて揚げたしめじはおろしの和風だれで。
酒がすすみますw

チーズ。トロトロです

チーズ。中でトロットロに。周囲を炒り卵でコーティングしてあり、その上から衣を付けて揚げてある。これも木の芽塩で。
大好きな一品です。

カマンベールチーズ。苺ジャムソース添え

コースの〆は甘いモノが欲しいところ。
この店の定番「バナナ」を期待していたが…出てきたのはカマンベールチーズ。
ちょっと意外な感じがしたが…
食べてみて納得。これ、いちごジャムのソースがかかってて、まるでレアチーズケーキのような味わい!
チーズの溶け具合も丁度良く、まさに〆に相応しい一本。
まいった。


20代の頃ならこれだけ食べた後でもご飯と味噌汁を食えたんだけど、今夜は流石にギブアップ。
この店はご飯と味噌汁、漬物が最高で、特に山椒が仄かに香る味噌汁は絶品。
これにランチに付くカレーもやしがあれば、メインのおかず無しで茶碗にメシが2杯食えるシロモノ。

…微妙に後ろ髪を引かれつつ、6千円程支払って店を後に。
リーマンが仕事帰りに立ち寄ってコースを、という値段じゃないけど、家族でたまに近所へ出掛けてごちそうを、と考えるなら、とてもいい店。
味のほうも、家から10分かからずにこれだけのものが食えるなら、文句言ったらバチがあたるというものw

暫くコースは厳しいが、また土日あたり昼のトンカツ定食でも食べに行くとしますわい。
カツ丼も最高にンマイんだよなぁ…ごま油の香りが食欲をそそる。

って、このまま書き続けると終わらない罠。
まあ機会があれば一度寄ってみてもイーンジャナイ?という事で。

スポンサーサイト

Comment

from Taruhata
この前この店は見たねぇ。
また大阪には行きたい所。

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/61-334f9908

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。