時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20111127 Sun
日本橋「七三一」で新そばを 

日本橋「七三一」で新そばを 

日本橋の路地裏の名店「七三一(なみいち)」。
定食屋から2年前にそば屋としての看板もあげて、昼はワンコインランチ、夜はそば屋として営業中です。
DVC00549.jpg
新そばの看板が出ていたので、これは食べておかないと、と暖簾をくぐる。

とりあえず看板メニューの鴨ざる手打ちそばをオーダー。
茹で上がるまでの間、サービスの素揚げしたそばをポリポリ。

DVC00543.jpg
おっ、きたきたきましたよ。
ピカピカつやつやの新そば!
まずはそのままで1本、藻塩をつけてもう1本。歯応えも香りもいい。
つけ汁はかなり濃い目。全部そばを浸したらあかんタイプ。関東向けの食べ方か?
鴨肉は肉厚でジューシー。わさびが粉わさびなのは残念だけど、新そばの香りには邪魔なので必要なし。
むしろわさびは鴨に付けて食べれば丁度いい。

これだけ辛いつけ汁なら、天ぷらが欲しいとこ。
となれば日本酒も・・・

DVC00544.jpg

桜海老と小柱のかき揚げ。これで350円とかなりお値打ち価格。

DVC00545.jpg DVC00547.jpg

お酒は「やまなか酒の店」でお任せで仕入れてるとの事。
普段は島根の王禄があるらしいけど、この日は品切れ。
で、鳥取は大谷酒造の生もと純米 強力(ごうりき)を。
その名の通りの力強い酒。色がもう濃いんだもの!

つけ汁をそば湯で割ると、うまみが何倍にも広がって最高の酒のアテに。
液体を飲みながら酒を飲む、これは杉浦日向子「ソバ屋で憩う」で覚えた酒の飲み方です。

DVC00548.jpg
お客さんからのいただきものですが…と、店主が出してくれたのは、伊勢の「虎屋」のういろう。
これは嬉しいですよ! しかも大好物のよもぎういろ。香りと甘さが素晴らしい!

うどんとそばを同時に食わせるタイプのそば屋でなく、本格的なそばを、なるべく安価でたくさん食べてもらいたい。
こういう志のもとに新たな路線を歩みだした七三一さん、応援したいとこ。
昼の定食も最高なんで、また来たいと思います。

ごちそうさまでした!

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/596-52c873ff

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。