時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20111111 Fri
三代目 宮田麺児とリブリンのランチ 

三代目 宮田麺児とリブリンのランチ 

大阪帰る度、行く店増えるね。
さーいふーのー なーかみーがー ポポポポーン!

いやはや、行きたい店は多いものの、大阪にいる間にメシ食える回数は少ない。
結局行きつけの店で食べたいモノ食べて満足なんだけど…という二律違反。

だったら食べる回数を増やせばいいじゃない。
満腹だろうが食う。コレ。
但し満腹だと美味しいものも美味しく感じなくなる。素人にはオススメできない。

この日は千日前のリブリンでランチでした。
DVC00446_20111110235256.jpg
いつもは週変わりソースのポークチャップリン安定なんですが、だがちょっと待って欲しい。
ポークジンジャー(生姜焼き)にハーフの文字が見えるだろうか。

その正体がコレ。
DVC00447_20111110235256.jpg

生姜焼き一人前+ポークチャップ半人前のセットメニュー!
ああ…なんというボリューム。おかわり必至。
生姜焼きもスタンダードな薄切り肉でなく、賽の目状の歯応えある肉。添えられたマヨとガリが一見ミスマッチなれど、脂っぽくなりがちな舌をガリでリセット出来て、これはいいですよ!
この日のチャップは牛蒡と山葵クリームソース。揚げた牛蒡のパリパリした食感、ワサビのツンと効くソース、堪りません。
いつ来ても楽しい店ですなあ。

そんなリブリンが、年末には早くも2号店が登場。
JR難波周辺、新町付近に出来るという事で、現在スタッフ募集中みたい。
こちらも楽しみっつーか、破竹の勢いですなあ。


数時間後…
ここは東心斎橋。9月末に再オープンを果たした「三代目 宮田麺児」へ。
いつの間にか「つけめん王子」などともてはやされている、シャンプーハットの宮田てつじのつけ麺屋です。

DVC00450_20111110235254.jpg

店舗の窓から黄色いハンカチが吊るされているのが分かるでしょうか。
これこそが新しいこの店の名物麺「T2G」販売中のサインなんですねェ。

DVC00448_20111110235255.jpg

てつじドラゴン麺ことT2G-Dは、平打ちっぽい麺の片面にギサギザがついており、まるで龍の背中のようだと名付けられた麺。
平麺なのにスープによく絡み、一口すするとその食感に驚くかも…?

DVC00449_20111110235254.jpg
野菜がたっぷり煮溶けるポタージュ状のスープには、新たにフルーツが加えられて甘みが増してる。
こういうスープは他所ではあまり見掛けないスタイル。脂っぽさや臭みがない点が女性にも受けてるんでしょう、店の客の半分以上が女性なのも頷けます。

…とまぁええカッコした書き方してるけど、ぶっちゃけ云うと新しい麺、うどんの出来損ないみたいですわw
小麦の味わいを追求したいあまり、スープとのバランスが悪くなってる。これなら手もみ麺のTM3のほうがバランスがいいかと。
穂先メンマ、スープと一緒に食べると臭みが出るんだわ。これは単独で食べたほうがいいね。
野菜チップスは良かったです。いい箸休めになってる。
うーん、美味しいのは間違い無いんだけど、そんなに並んでまで食うって感じじゃないかなあ。
ここでしか食べられない味ってのは魅力なんで、また気が向いたら…かな(なにこの人エラそうに…

やっぱ俺、つけ麺ハマってねーわw
誰か「ここのつけ麺食ってみろ人生捗るぞ」って店を教えてつかあさい…

ともあれ、ごちそうさまでした。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/590-f30a06e3

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。