時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20111019 Wed
たそがれ かわたれ おうまがとき~舞踏とJAZZと夕暮れsession~ 

たそがれ かわたれ おうまがとき~舞踏とJAZZと夕暮れsession~ 

休日出勤の予定が雨で流れ、福井でヒマしてた土曜日。
twitter見てたら隣の石川県で、何やら気になるイベントの告知が。

img290_110922_jazz.jpg

「たそがれ かわたれ おうまがとき~舞踏とJAZZと夕暮れsession~」
会場は石川県の片山津温泉、矢田屋松濤館
saxの登敬三、bassの船戸博史、drumsの沼直也のフリージャズセッションをバックに、コンテンポラリーダンスの松原東洋が舞うという、正直ひなびた温泉旅館にしてはコア過ぎるイベント。

クルマを走らせる事2時間、加賀に到着。先にメシでもと食べログでメシ屋を検索。
DVC00316.jpg

何とも昭和の香り漂う中華そば屋「アサヒ軒」。
内装も昭和レトロを意識したような(もしくは時が止まったまま?)味のある店です。

DVC00317.jpg

名物らしいあんかけ焼きそば。
油通しして炒められた野菜のシャキッとした歯応え、焼きそばの麺は太くてモチモチ。あんに胡椒を効かせた素朴ながらもパンチのある一品です。
あんのおかげでいつまでも熱く、食べ終えるのに一苦労w

アサヒ軒から更に車で10分ほど移動し、今日の目的地である片山津温泉「矢田屋松濤園」に到着。
受付で温泉付きの入場料を支払おうとすると、フライヤーはお持ちですか?と…
ナニソレ持ってないと入れないの?と不安な顔をしていると、どこからかフライヤーを持ってきてくれて、「これがあると1000円割引で見れますよ」と。…あんたホンマに天使やで!!!

DVC00319_20111018200820.jpg

開演前にひとっ風呂浴びる。
流石に温泉旅館、でっかい立派なお風呂です。
旅館の2階に風呂があって、ベランダに露天風呂まで。立派な日本庭園風のお庭や、柴山潟も一望できる素晴らしい景色に感動。
泉質もよくて、もうこれだけで今日ここまで来た甲斐あったというものです。

今日のイベントは、本来ならば敷地内の庭園で行われる筈だったんだけど、雨天により会場を館内のラウンジ「クラブサテンドール」へと変更に。

DVC00322_20111018200820.jpg

会場入りすると、既に演奏が始まっていた。
MATABEと愉快な仲間によるフリーセッション。
ラウンジは昭和の香りの残るいい雰囲気で、音響を考えるとこっちで良かったんじゃね?と思ったり。

そうこうするうちに続々と客が。ほぼ全員が浴衣姿なのを見ると、今夜のライブは宿泊客は無料招待だったんじゃねーかな?
明らかに普段ジャズ聴いたりコンテンポラリーダンス見るような客層じゃない。じいさんばあさん子供連れ。…いや子供は白塗りのダンサー見たら泣くだろwww

DVC00324_20111018200818.jpg

程無くしてフロントアクトが終演し、メインの3人のライブが始まった。
登さんの野太い豪快なサックス、大胆かつ繊細な船戸さんのウッドベース、沼さんは初めて見たけどドラム捌きは正確無比でカッコイイ。

DVC00325.jpg

客席の間を縫うように、白塗りの松原東洋さんが登場。と同時に最前列で見ていた親子が逃げ出すw

DVC00329_20111018201012.jpg

いやースゴい。ヤバかった。
3人とひとりが創り出す世界観たるや、もう…
音楽に反応して舞い、舞踏に反応して鳴る。ふと気付くと手に汗がにじんでる。
これ、夜の日本庭園で月明かりの下で見れたらマジでヤバかったかも知れない。
魂ごと持って行かれそうな、と云ったら大袈裟かもですが、そんな夜でした。

終演後に登さんと少しお話させてもらう。この3日間は富山でこのメンバーでライブしてて、今日だけ石川だったみたい。流石にこのメンツで一日だけ、それも地方でってのは有り得ないと思ったので納得です。
また大阪か京都あたりでライブ見に行きますと告げて撤収。


カッコイイ登さんのライブ映像置いときますね。
松原東洋さんの動画も、と思ったけどインパクトありすぎますんで止めときますw
見たい人はググってね。

DVC00330_20111018201012.jpg

旅館のまわりを散歩。
柴山潟に浮かぶ浮御堂がライトアップされ、とても綺麗。

DVC00333_20111018201010.jpg

近くまで来てみた。ちょっと怖いw
時々大きな魚が跳ねる音が響いたりして、本気でビックリさせられたり。

DVC00331_20111018201011.jpg

街の灯りが水面に反射して、何とも幻想的。写真がブレてるのが残念…
正直、温泉とこの夜景目当てだけでも片山津温泉、全然アリですわ。

DVC00334_20111018201009.jpg

岸にあったオサレな喫茶店で食べたご当地メニュー「片山津バーガー」は残念なカンジだったけどw
地鶏つくねと温泉玉子入りで悪くは無いんだけど…


しかし前回のエントリに続いてアングラスメル漂う日記が続くなあw
たまにサブカルだの何だのと言う人いるけど、そもそも現在メインカルチャー不在の時代に何がサブカルだよと。
メディアの洗脳が解けて、好きなものを好きだと公言しても後ろ指指されない時代、いいじゃない。
楽しくやろうや。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/582-faa4851f

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。