時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110918 Sun
「カルカッタ・ナイト vol.78」@中崎町Salon de AManTo 

「カルカッタ・ナイト vol.78」@中崎町Salon de AManTo 

中崎町のSalon de AManToにて月イチ開催されているインド古典音楽イベント「カルカッタ・ナイト」。
今回で78回目という、インド古典音楽のイベントとしては日本で最も長く続いているイベントです。

主催であるシタール奏者の石濱匡雄さんとも、そこそこの付き合いの長さになってきました。
タダオさんのシタールと、毎回変わるゲストを招いてのセッションがイベントの目玉。
今回は「ガタム」という楽器を鳴らす、久野隆昭さんと共に。
ゆるーくお酒でも飲みながら、秋の夜にステキな音楽を聴けたら…的な。

中崎町は、ここ数年で古い町屋を改装した喫茶店や雑貨屋が居並ぶオサレシティーへと変貌を遂げており、いつも会場へ向かう道すがら、テンション上がり気味に。
空襲を免れた古い町で、路地の先に何があるか想像しつつ歩くのはステキやん。
堀江や船場と違ってまだあまりメディアに取り上げられてなくて穴場感もあるし、静かに遊びたい人にオススメ。

DVC00127.jpg

会場であるアマントの中をチラッと。
この写真だけでも古さがわかるというか…。味のあるハコ。
左にあるスペースはハシゴで上がれるロフトになってて、ここからのライブ観賞もなかなかいいですよ。

DVC00126.jpg

カルカッタナイト名物、タダオさんお手製フード。
今回はインド屋台風カレーパンことパウバジー。パンを日本のバターロールにしてあるのでインドで食べるより美味しいとの事w
なかなかインドの家庭料理なんて食べる機会ないし、これもこのイベントの楽しみのひとつですね。

DVC00130.jpg

秋の夜に響くタダオさんのシタールの音、なかなかオツなもんです。
インド古典音楽って、最初はリズムのないパートから始まって、徐々にリズムパート、後半に怒涛の早引きに、というパターン。
1曲が凄く長くて、今回も30分くらいだったかな。ほんと、圧巻です。



参考動画を上げときますね。パネェ!

さて、もう一人の演奏者である久野隆昭さんの楽器、ガタム



 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:/:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄  ボクが一番
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /     ガタムをうまく扱えるんだ!!
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/

アムロ・レイ (機動戦士ガンダム)


アムロ関係ねーから!

DVC00129.jpg

どう見てもツボです。本当にありがとうございました…と言いたくなるんですが、コレ、楽器なんですって。
生活で使うツボと違って底が平らになっておらず、製法も陶土に鉄を配合したものを500度くらいの低温で焼いて作ってあるんだそうで。



音はこんな感じ。なにこれ面白い!
演奏者が上半身をはだけているのにも理由があって、お腹~胸を使ってツボの口を塞いだりして音の響きを変える為。
右手の指で高音を、左手の掌底で低音を自在に操るその様はビックリしますよ!
まだ日本ではガダム奏者は久野さんだけなんだとか。

ほんと、世界には色んな楽器がある事よ…。
今回も楽しかった!

秋から冬にかけては、こういうライブやイベント活動が活発になるシーズン。
タダオさん達も精力的にあちこちで活動されております。是非一度生の音を聴いて、味わってみては如何ですか?

公演後には客や演者さんとお酒飲みながらの談笑。
この日はアーユルヴェーダーの先生さんから色々話を聞けたりして、重度の肩こり持ち的に俄然興味が湧いたり。
京都、大宮の「サロン・ド・ミラナ」さん、近々行ってみようと思います。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/571-59180798

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。