時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080929 Mon
「タダオと横沢」@アメリカ村アバニコ 

「タダオと横沢」@アメリカ村アバニコ 

心斎橋はアメリカ村、三角公園横の路地を入った所にある小さなカフェ「アバニコ」。
今夜はこの小ぢんまりした店内貸切にて、タダオと横沢のライブがあるのです。
夜8時の開演より少し早く入り、チケットを取って頂いた、今夜のアーティストでもあるタダオ氏に挨拶とお礼を。
20080929012413.jpg
この日のフードはタダオ氏お手製のカレープレート。カレーは野菜のものと焼きナスのものの二種盛り。これがまたすこぶる美味い!!
流石にインドに別宅を持ち、年に数ヶ月そちらで自炊しているだけの事はあります。
彼のお手製のフードは、毎月中崎町のAManToで行われている「カルカッタナイト」でも味わえるので、気になる人はスケジュールをチェック!!

8時を少しまわってライブ開演。
20080929012418.jpg 20080929012416.jpg
(左:ジャンベの横沢道治氏 右:シタールの石濱匡雄氏)
狭い店内、演者と客の間隔は50cmあるかないか。そこに「まさか!!」と耳を疑うような爆音で流れるシタールの旋律、ジャンベの鼓動…。アメ村の一角で、この空間だけが異様な世界観を醸し出している。

でも。

何かこう、凄くアットホームな雰囲気が流れてた気がするのは俺だけでしょうか。
タダオと横沢のライブは結構な回数見せてもらってるけど、この日は特に音がココロに沁みた。
新曲も聴けたりして満足度の高いライブでした。
普段あまりMCをしない横沢さんが、タダオさんのチューニング中に間を持たせる為か色々と話してくれて、これもまた楽しかったり。
10数年前の日本海での重油流出事故からインスピレーションを得て作られた曲というのがあって、その当時に親会社の指示でボランティアの海岸での重油掃除に駆り出された記憶が甦ったりもw
ツナギに長靴、柄杓を装備して延々と海岸の重油の塊を拾い、海鳥についた油を軽油で落として…。
今でも思い出すだに油の匂いで激しい頭痛に苛まされた日々を思い出します。宿の晩メシで出される甘エビの刺身だけが楽しみだったなあw

20080929012420.jpg
タダオさんのシタールのネックにぶら下げられたこのぬいぐるみ。
本人も知らないらしいけど、これ、馬場のぼる「11ぴきのねこ」の、とらねこ大将です。
もう、子供の頃にどれだけ好きだったか!! そしてどれだけ読んだか!!!
この本を読まずに育った全ての人へ。
今からでも遅くない。読んでみて下さい。
子供がいるなら読んであげて下さい。
これぞ愛され続けられる絵本です。…大好きだ。

次回のタダオと横沢のライブは、何と福井県にお邪魔するとの事。
詳しいライブの予定や、タダオと横沢の音源なんかはコチラからチェックしてみて下さい。
シタールってどんな音? ジャンベって何?という人は是非クリックして音を聴いてみてね。…いい時代になったなあw


↑こちらはタダオと横沢のライブ映像。

おまけ



タダオ氏のキャラがこれ程までに分かりやすい動画も無いという事でw
(私信:たくちゃん、ボタの川崎さんへ。タダオさんの家でインド料理ホームパーティーの話があります。休みを合わせにくいのは承知で何とかしませんか? つーか俺が平日ムリッポイけどw)

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/398-b314fede

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。