時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070723 Mon
さらばフェスティバルゲート 

さらばフェスティバルゲート 

先週の日曜から、偶然にも一週間の間に3度も足を運んだフェスティバルゲート
実は、今月一杯でテナント全てに撤退勧告が出されている様子。
異形のテーマパークの最後に偶然立ち会うカタチになってしまった先週のイベントレポなぞ…


知人より、大阪プロレス観戦に誘われ、3連休の中日にあたる日曜の興行へ出向く。
なんでも、昔からのジム仲間が去年デビューしたとかで、以前より試合を見に来て欲しいと云われていたんだけど、いかんせん知人は女性。
一人で行くには敷居が高いからとお誘いを受けた、と、こういう事で。
大阪プロレス自体は以前にも観戦経験があって、その面白さも知っているんで、こちらとしては断る理由も無い。久し振りに楽しませてもらうか!ってとこで。
デルアリ

約4年ぶりのフェスティバルゲート。
…なんか、ジェットコースターとかそういうアトラクションが軒並み稼動停止になってるだけじゃなく、テナントがモスバーガーくらいしか残ってなくてシャッター通りになってる!!
ここも破綻してたのか…。大阪市の経営、ずさん過ぎる。また何億も赤字補填するんだろうなあ俺達の税金でさ。
FU☆ZA☆KE☆RU☆NA!!

さて、当日の試合内容は公式サイトが詳しいのでそちらへ…
日曜の興行はどちらかというとコント仕立てになってて、今日も爆笑の嵐でした。
えべっさん

6人タッグマッチ

それにしても知らない選手が増えたな…
この歌舞伎っぽいのは松山勘十郎。
越中…???
試合開始前から大汗かいて登場し、他の選手にさんざんキモがられるという、同じ汗かきとしてはナミダ無しでは見れない展開www

今の大阪プロレスは、興行の無い平日に昔から開催していたプロレス教室からデビューした選手も出てきたり、興行の中休みに子供をリングに上げてのちびっこプロレス道場を開催したりと、しっかり地域に根付いた活動をしていてとても共感が持てる。
他のプロレス興行では考えられないけど、実際に試合中に6歳児が「ロベルトー!!」と新人を応援する声があがる。…これ、見ていて微笑ましいものがありますよ。

ちなみに知人のジム仲間だという新人レスラーさんは「ゼウス」でしt

( ゚д゚)

( ゚д゚ )

えええええええええ!?
これ新人?
イカツ過ぎるやろ!!

と、そんなサプライズもありつつ試合観戦終了。
やっぱ楽しいわ…。けど、大阪プロレスも8月いっぱいでこのフェスティバルゲート、デルフィンアリーナから移転しなきゃいけないワケで。
一体どーなっちゃうんですかね…

さて。
明けて木曜日。堺市の現場から直帰の許可を貰い、宿院から阪堺線で恵美須町へ。
宿院
木曜から日曜までの4日間、フェスティバルゲート最上階にある「新世界ブリッジ」にて、「11th Festival Beyond Innocence 2007~FINAL~」を観に行きませんかとの友人のお誘いを受けての参加。
正直、フェスティバルゲートの中にライブハウスがあった事すら知りませんでしたが…

いや、このイベントがまたすんげえ良かったんですわ!!
このライブハウス、NPO団体が管理している事もあって、どちらかというと地域密着というか、インディーズ、しかもここでしか聴けないようなアーティストが多く集まるハコらしく、今回のメンツも俺にとっては初めて名前を聞くバンドばかり…
だがしかし!
…これが、もう本当に刺激的、独創的な音ばかりで、マジ楽しめたんですわ。

ちなみにタイムテーブルはこんな感じでした。
■7/19■

18:00 opening live --- 内橋和久&山本精一
19:00 あふりらんぽ
19:20 井上経康
19:40 FRATEN
20:00~20:20 set change
20:20 オシリペンペンズ&内橋和久
20:40 popo(江崎將史、山本信記、喜多村朋太)
21:00~21:20 set change
21:20 Optrum(伊東篤宏+進揚一郎)
21:40 ふちがみとふなと
22:10 今日の山本精一&内橋和久
22:20 終演

のっけからあふりらんぽの二人にヤられ、続いて主催者曰く「山口からの鉄砲玉」の二組、井上経康とFRATENのあまりのカッコ良さに物販ブースで音源を買い漁る。
FRATENのドラマーは「ドラびでお」の一楽さん。
噂に聞くドラびでおのDVD(発売と同時にそのヤバさ故に廃盤)をゲッツしてみました。
家で見たけどこれマジで狂ってるwwwwすげえwwwwwwwwww
生で見たいなーと思ったが、ドラびでおの出演予定は三日目の土曜日、この時点でチケット売り切れ…。
まあ9月に梅田でライブするみたいなんで、その時には…

この後も酒に溺れ、音に溺れ、会場のカフェで食えるオーガニックなメシに溺れ…
いやこれ最高過ぎるわ。まさにフェスの空気。
新世界ブリッジ
何よりこのブリッジというハコが素晴らしい。
フロアの左右が窓になってるライブハウスなんて他に無いよ?
ステージ向かって右の窓からは、もう動かないフェスティバルゲートのアトラクション郡、スパワールドのプール、そして通天閣のアタマが見える。遠くには道頓堀のドンキの観覧車まで!
左の窓からは西成の街並みが一望。飛田新地の前のスーパー玉出の明るいネオンまでバッチリ。
会場入りした6時過ぎ、空はまだ明るかったんだけど、時間の経過と共に夕焼けから夜の帳が下り、変わって街の夜景をその窓に映し出す。
その美しさといったら、もう…。

本当にこのハコが無くなってしまうのは惜しい。惜し過ぎる。
もっと色んなライブをここで見たかったなあ…

この後もpopoのシンプルな音にシビれてCDを買ったり、二階に置かれたソファ(布がもうテロテロで、肘置きからは綿が出てる)に座ってジントニックに溺れたり、そんなに飲んでないのにすっかりグデングデンになった二人、ライブ終わった後も明日も仕事なのに新世界の立ち食いうどん屋へ流れていくのでありました…

ちなみにこのイベント、二日目も参戦したけど内容は割愛。
ちと人増えすぎて楽しめませんでした…。ライブはどれも良かったんだけどねえ。


さて、これでまた大阪の街から灯りがひとつ消えた。
スパワールドが買い取るという話もあるみたいだけど、フェスティバルゲートを潰すのはほぼ間違いないみたい。

最後に、ライブ主催者の言葉を。

「オモチャを取り上げられるみたいで辛い。明日からは皆さん自分で遊び場を探して下さい。」

…ありがとう、フェスティバルゲート

スポンサーサイト

Comment

from スケさん
そうだよ、ライブ会場の居心地の良さを奪うなんて…俺達の文化を奪うんじゃねぇ!とエアギターを弾きながら叫びたい、切実に。

今度は新宿ロフト+1行こうかい?

from みやはん(管理人)
>>スケさん
好きなライブハウスがどんどん閉館になる辛さよ…
最近ライブハウスって客来ないんですかね?
ほんと悲しいですわ。

ロフトプラスワンで開催されるイベントのディープさはガチ。ここらへんは東京ならではだと思うんですよね。
こっちにもあればと思うんだけど…。
人材は居そうなんだけどねw

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/301-1206a1ae

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。