時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070722 Sun
「ドスペラード」「秒速5センチメートル」 

「ドスペラード」「秒速5センチメートル」 

萌えは童貞(夢)を裏切らない


久し振りに買い物レポでも。
つっても買ったモノ全晒しとかはもうグダグダになるんで、オススメできるモノを2点程ですが。

・大和田秀樹「ドスペラード」

物凄い作品に出会ってしまった。
その一言に尽きる。マジでとんでもねえぞコレ。
馬鹿は馬鹿でもここまで突き抜けると感動すら感じる。

この作品については内容に触れる=ネタバレした途端につまらなくなると思うんで何も書きませんが、皆様どうか勇気を持って手に取って読んでみて頂きたい。

正直、オチが投げっぱなしで残念ですが、この一巻の売り上げ次第では本誌(チャンピオンRED)に続編が載るかもという事ですので。
…でももう書きたい事全部やっちまったような気がしますけd

わんだ~らんど なんば店でも大プッシュ!!
流石は羽根田店長…出来ておる、出来ておる喃…。


・「秒速5センチメートル

今年の4月に劇場で観たばかりの作品がもうリリースですか。
まあ大阪は上映開始も遅かったしな…。

「ほしのこえ」の新海誠監督の最新作であり、原点に立ち帰って少人数で作成された、距離をテーマにした3連作。
「彼女と彼女の猫」や、新現実という雑誌の創刊号に載った、女子高生が初めて学校サボって塔(軌道エレベーター?)を目指して歩く話(タイトル失念…)の頃のような、懐かしくも切ない新海節がそこかしこに効いた、なかなかの良作。
とにかく圧倒的な絵の美しさ、現実を超えたリアルな背景に、只々見蕩れるばかりです。

劇場公開時には、3話の結末になんとなく納得し難いものを感じ、そこへまた前の席の客(女)がスタンディングオベーションなんかしやがるから、へいへい山崎まさよしファンには最高のビデオクリップですよねーとヒネてみたもんですが、これインタビューとか新海氏と山崎まさよしの対談とか読んでみると、ああこの終わり方で全然いいじゃんと思ったりw

当時はもう「女はおっかねえ! 女は信用できねえ!!」と思ったもんですがw

3話通して1時間と少しという上映時間が心地よく、こうしてblog更新しつつ何度も繰り返し見てしまいます。
いいわコレ。

今まで新海誠の作品を見た事ある人も無い人も、これは一度観て欲しいなあ。
まずTVではやらないと思うので。

ドスペラード (チャンピオンREDコミックス) ドスペラード (チャンピオンREDコミックス)
大和田 秀樹 (2007/07/20)
秋田書店

この商品の詳細を見る


秒速5センチメートル 通常版 秒速5センチメートル 通常版
水橋研二、近藤好美 他 (2007/07/19)
コミックス・ウェーブ・フィルム

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/300-280b7b58

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。