時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070505 Sat
BROKEN THUNDER 

BROKEN THUNDER 

ブロークンサンダー届いてしまったヨー!
俺の怒りが有頂天


さて、ココ見てる人の9割はこのゲームの事を知らないと思う。
説明するにあたって、まずは「サンダーフォース」というシューティングゲームの事から話さないといけないと思うんだけど…

ごめん。

今、俺、ブロークンサンダーとサンダーフォースシリーズを関連付けて考える事を断固拒否したい精神状態なんだ。

理由を述べる前に、ブロークンサンダーの製品内に納められたテキストデータを貼り付けてみようと思う。


(引用ここから)

お手にとっていただき、ありがとうごさいます。
長い間お待たせして申し訳ありません。
あの時お届けできなかったものを、とても遅くなってしまいましたが、お届けします。

 しかし、またお詫びをしなければなりません。
2007年4月20日現在まで、全力を尽くして頑張ってきましたが、
当初考えていた要素の三分の一も入れ込むことが出来ませんでした。
これは、2006年の11月終わりまで製作を依頼できる方が見つからなかったためです。

 まぁ、素性もわからない実績も無い、設立されたばかりの会社の依頼ですから無理もありませんね。(苦笑)
2006年12月26日から作業を開始して必死で頑張って形には出来ましたが、時間切れとなりました。
ファンの方にしてみれば、発売日を伸ばしてでも作りこんで出してくれというのが当然の言い分だと思います。

 しかし、残念ながら、多くの柵があるため、それもままならない状況でした。
既にプレイされた方は期待はずれだったと感じていらっしゃる方も多いと思います。
ですが、このままの中途半端な状態で終らせるつもりはありません。
このBROKEN THUNDERをコアとしてアップデートを予定しています。

 同時にBROKEN THUNDERを一緒に製作してくれる方も募集しています。
独自の素晴らしいアイディアをお持ちの方もいらっしゃると思います。
どうか、この文章を読んで我こそはと思われる方はご連絡を下さい。
FNAGのメールホームから送られてくるメールは全て私自身で受け取り、目を通しています。
全ての要求にお答えできるかは判りませんが、
必ず何らかの形でゲーム本編にフィードバックいたします。

それでは長くなりましたが、これにて失礼いたします。
最後になりましたが、本作品の制作にあたりご助力を下さった方々とファンの方々に感謝いたします。


2007/04/21/長崎繁
(引用ここまで)

未完成品です。

構想10年、製作三ヶ月。
もちろんゲームとしての出来はヒドいの一言に尽きる。
これがあのサンダーフォースシリーズの続編であっていいワケがない。
…と思ったらパッケージにはとこにもサンダーフォースの名前が書かれてない罠。

サンダーフォースがどういう作品であったかはwikiを見て貰うのが早い。
いかに愛されたタイトルであったか、そして続編を望む声がどれほどのものであったか。
高校時代に友人宅でサンダーフォース2と出会い、3発売と共に中古の本体を購入。社会人になってからも4の完成度の高さとサウンドのクオリティに驚き、そしてサターンでまさかの復活を果たした5では神演出と神曲にマジ泣き…
ドリームキャストのセガガガでは冗談では済まされないクオリティのシリーズのオマージュ的なゲームが隠されてて、夢をありがとうと叫んだ。

有志でサンダーフォースシリーズの続編を製作するという話を聞き、5で楽曲製作を担当した九十九百太郎氏の手による先行サントラCDも発売。何故か何枚もカタチを変えて出されるCDも、その曲はかつての栄光、伝説を彷彿とさせるクオリティであり、期待は高まるばかり。



その期待した結果が…



もうね、泣くのを通り越して笑うしかないww
アップデート? やって貰おうじゃないの。
何だか色々書いておられますけど…
責任取れとか金返せとか言うつもりは毛頭ありませんので、アップデートすると言った以上、必ず実行して下さい。

「意気込んで作ろうとしたけど無理でした」

って言うのならそれはそれでよかったんです。
でもこのクオリティで実際に製品化されてしまって、それを手に取った客がいて、更にアップデートまで発表されてる(メーカーサイトじゃなく個人のブログなのがアレだけど)。

作りたいという意志と、実際に行動して実行した点はとても評価してます。
あとは内容だけ。

より良い製品目指して、製作作業頑張って頂きたい。
私はそれを心から応援するものです。





つーかパッチにいくつか曲が増えただけのサントラくっ付けて販売とか、そういうマネはもう勘弁な。

最後に嫌味ったらしくサンダーフォース5の動画を比較対象としてうpしておく俺最低。
スポンサーサイト

Comment

from まな/たら
ラストレターキタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_-)=゚ω゚)ノヨォ━━━!!!!

え、何?ブロークンてばさぁ!?
構想10年てwwwwおまwwwwwww
宮崎駿は構想3ヶ月ぐらいだよwwwww

from スケさん
うん、あれか。
メタルブラックのようなあの雰囲気を持っていたと考えればいいのか。今でも思い出せるぜ、あの男の世界を…

ゲーセン黄金時代懐かしいよな…

from もっ
あれって、サンダーフォ~~スって
叫ぶあれかねぇ?
X1で初めて8方向のシューティングの?FM音源で音声を再現したあのゲームのことかなぁ
懐かしいなぁ20年以上前だなぁ
確かカセットテープだったよねぇ
でもクリアした記憶はない・・・

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/276-80f95c95

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。