時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20061116 Thu
お好み焼き きじ 

お好み焼き きじ 

千葉編ファイナル。
あらすじ:千葉にて一週間の仕事を終えたみやはん。
秋葉原でメイドによる癒しを受け、帰路に着いた先で見たものは…?

なんか人身事故で新幹線めっさ遅れてる…
静岡で飛び込み自殺(JR職員だったらしい)があり、新幹線のダイヤが約2時間遅れているとの事。
当然、指定席も取れない。みどりの窓口も大混雑…。

これでは埒があかないと云う事で、今の時点で取れる便の席だけ確保し、一時間ほど時間を潰す事に。

てなワケで、初日にバタバタと歩き回った丸ノ内の地下へ。
何か食べつつ時間を潰そうか…。

まだ5時過ぎという事で、どこも空いてる感じ。
よし、梅田でも食べられるけど、きじでお好み焼き食べつつビールといこう!

ここは開店以来いつ来ても長蛇の列が出来ている人気店。
大阪梅田にある店でも並ぶのは並ぶけど、東京店の繁盛っぷりに比べると大人しいもの。

この時間でも7割程の席が埋まっている。
一人客なので当然カウンターへ。

大阪で何度か見た事のある人がコテをさばいてるのを見て安心w
早速生中とうどんモダン、豚玉をオーダー。
まずうどんモダンを出してもらってから豚玉でとお願いしておく。

さて、ここのモダン焼きは他には無いオリジナリティ溢れるもの。

まず、鉄板にて普通のソース焼きうどんを作る。
その後、ダシを加えた溶き玉子を入れたボウルに一度うどんを取り、全体にたまごを絡めた後、もう一度鉄板へ。
たまごが固まり切らないうちに手早く形を整え、ソースと青のり、削り節をたっぷりかけて完成。
そのソースも、一度うどんの周囲に円を描くようにまわしかけ、充分に香ばしさを出した上で麺全体に混ぜ合わせる工夫が。
この仕事の細かさがより良い味を生むワケで。
うどんモダン

ふわっふわのたまご、モチモチしたうどんの食感がクセになる、紛れも無く名物となる一品!
これは必ず食べて頂きたい!!
そば入りお好み焼きのイメージで注文すると物足りないかも知れないので、そこは気をつけましょう。むしろヤキソバの代わりに注文するくらいの気持ちで丁度いいかと。

生ビールをキューッと飲りつつ、カウンター越しに板さんと雑談。
流行ってるようで何よりだと言い、ついでにこっちの客やら食材の事情も聞いてみる。
ここでの一番人気は、お好み焼の上に牛スジとネギがたっぷりのった「スジ焼」だそうな。
関西ではポピュラーなスジ入りお好み焼きだけど、こちらでも大人気というのは意外な気がした。…うまいモンに西も東も無いという事か。
食材、特に肉は、当初は大阪から仕入れていたものの、東京の業者の熱意とその肉質の良さから、今ではこちらの肉を使っているとの事。
板さん、三日に一度は向かいのインデアンカレーでカレーを食べるのが日課だそうで、親近感が沸きましたw

そうこうするウチに豚玉が完成。
豚玉には生中っしょ

一見、何の変哲も無い豚玉に見えるが…

実はこれ、コテで切る時に切り易いように、豚肉はあらかじめ一口サイズにカットしてから乗せてある。
しかもその中に、一枚だけシソの葉を忍ばせてあり、食べた時にふわっと爽やかな香りが!
これぞスタンダードにして最高の一枚。
大阪モンなら箸を使わず、鉄板から直接コテで口に運びたいねェ。
そういうふうに食べ易く焼いてくれてるんだしネ。

てなカンジで、最高に幸せな一時間を過ごして店を後に。
いや、東京在住の人が羨ましい!!
ちょっと並べばこんなに美味しい物が食べられるんですから…

まず一度お試しあれ。
行かない手はありませんゼ。
大阪の人は勿論、梅田へどうぞw

スポンサーサイト

Comment

from 工場長
うまそ。。。

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/230-70a3a4fa

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。