時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20050730 Sat
ジンギスカンでハッスルハッスル! 

ジンギスカンでハッスルハッスル! 

出張疲れで何だか元気が出ない…ここはひとつ肉でも食うべ!

つーワケで日本橋に顔を出し、10年以上(というか店ができる前から)の友達である「ぱそまる」店員ズを連れて、同じく日本橋にあるジンギスカンの店「モンゴリアン・チョップ」へ。
モンゴリアンチョップ


ジンギスカンは、6年ほど前に札幌のビール工場直営店で何度か試したけど、あまり美味しいという印象が無かったり。
しかし、最近どうもブームが来ているようで、あちこちでジンギスカンの話を聞くようになった。ちょい前にどっちの料理ショーでも出てたしね。
この店は来るのは二度目。怪しい看板に惹かれて入ってみれば、店内は格闘技関連のポスター(特にハッスル!)で溢れておかしなムード。
さもありなん。ここは高田道場の直営店らしいw 総統自らプロデュースとあれば、頷けるという事で…。

さて、肉である。
置いてあるのはラム肉一種類のみ。タレか塩を選べて一人前800円程度。
他は野菜、五穀っぽいごはん、スープにキムチ、あとデザートと酒というシンプルなメニュー。

ラム肉!


肉はご覧の通りやや肉厚。しかしこれが焼いても柔らかく、臭みもまるで無し。揉みダレは付いてるのかどうか分からないくらいの下味のみなので、肉そのものの味を楽しめる。
付けタレがかなりフルーティで食べやすい。

ジンギスカンの食べ方であるが…
①鍋にラードを塗り、まず肉を焼く。
②肉から出る脂が鍋のふちに溜まるので、そこに野菜を並べる。
③全体に火が通ったところで食べる
これだけ。羊の脂で炒められた野菜、特にもやしと玉ネギが実にンマイ。
肉そのものもアッサリしているので、いくらでも入る。
ちめた~いビールを飲みつつ食べる肉は最高!

そこに友人がいて、談笑もあれば、更に料理は美味くなるワケで…。
楽しい夜でした。
4人で肉をそれぞれ二人前ずつ、酒、ごはん、キムチ等で満腹になってもひとり3000円程度と値段も手頃。
遅くまで店が開いているのも嬉しいね!


モンゴリアンチョップ大阪店

場所:〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-7-19
営業時間:
17:30~24:00(L.O)
17:30~25:00(L.O)(金曜日)
年中無休
電話番号:06-6643-8929

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/22-5e714bf6

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。