時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20050728 Thu
杉浦日向子さん死去って… 

杉浦日向子さん死去って… 

杉浦日向子さん死去、46歳…漫画家、江戸風俗研究家

マジスカ…まだ46歳だなんて早すぎる…。
俺、この人の「ソバ屋で憩う」って本、めちゃめちゃ好きだったんスよ。
この本の中、めくってすぐの挨拶文の洒脱さ、そして特選5店の「浅草 並木藪蕎麦」の記事に完全にイカれてしまい、ロクに味もわからん(関西人はうどん文化圏だしね)のに何かにつけて東京へ行き、昼間から並木藪の暖簾をくぐって、ソバ湯で菊正の薦被りなんぞをチビチビ舐める嗜好を覚えたというか…。
尤も並木藪については、山口瞳「行きつけの店」の影響もあったりするワケですが。
どちらも素晴らしい本。
そしてどちらの著者もお亡くなりに…

本当に残念です。
ご冥福をお祈りします。

スポンサーサイト

Comment

from ないひょ
 わたしはこのしとのマンガ、特に「百物語」が大好きでした。表現力のレベルはよくわからないわたくしですが、ある意味やったもん勝ちと申しますか、スキマ産業的なジャンルを親しみやすい絵柄でメジャー(?)化した先駆的な方ではないかと思います。
 わたしも「ソバ屋で憩う」は読んだ記憶があります、って後ろの本棚みたらありましたw なんだソ連ってww あとで読み返そう・・。わたしはみやはんさんほどには感銘はうけませなんだが、この人の趣味の良さには憧れをもっておりました。ま、趣味といえばこのしと、荒俣宏と結婚してたこともあるんですよね・・、 やっぱ趣味の良さは微妙かもw

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/21-31129507

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。