時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20050726 Tue
そろそろインデアンカレーについて語ろうか 

そろそろインデアンカレーについて語ろうか 

インデアンカレー、という店がある。
創業1947年、大阪に7店舗、神戸芦屋に1店舗を構えるカレーショップ。

indean1.jpg

↑写真は長堀店

就職し、梅田で仕事を始めた頃。

「お前、あそこのカレー食べた事あるか。」

昼休み、先輩に連れられて行った一軒のカレー屋。それがインデアンカレーだった。
梅田センタービルの地下1階(ポケモンセンターオーサカのある所)の、カウンターのみの店内に犇めき合うサラリーマン、OL。
「レギュラー。ピクルス大!」
「こっちライスダブル目玉!」
「スパ大玉ね~」
席に座るやいなや、呪文の如きオーダーを通す客。その前に色とりどりの札を並べ、注文を裁く店員。
カウンターに座る。オーダー通す。カレー出てくる。食べる。勘定を支払う。
その間、実に10分。
急かす雰囲気ではない。ただ、流れを切るのを躊躇われた俺は、メニューもろくに見ず、「先輩と同じものを」と店員に言った。

それが大玉全卵。
indean2.jpg

「インデアンカレー大盛りたまご(普通は黄身のみだが頼めば全卵も可)乗せ」の意味。

何やらニヤつきながらこちらが食べる様子を盗み見てる先輩を訝しみつつカレーを口にする。
…甘い。
……!
いや、これは辛い…ッ!!
あまりの辛さに口の中が火傷したかの様だ。
先輩がニヤついている意味が判った。なんて意地の悪い人なんだと思った。そんな先輩は水も飲まずにもう食べ終わりそうだ。

慌てて水を飲む。
…後悔した。口の中は冷えたがスパイスの辛さは一層引き立ち、これ以上このカレーを食べるのは無理だとすら思った。
元来野菜があまり好きではない事もあり、付け合わせのキャベツピクルスにも手を付けないまま、4割がたカレーを残して店を出た。

午後からはずっと汗が止まらなかった。
「最初はみんなそんなもんや。」そう先輩や上司に笑われた。
「俺もそうやった」と。そんな先輩たちも今はすっかりあの店の味の虜らしい。
これは…まるで味のイニシエーション(通過儀礼)だ。

これが俺の、インデアンカレーデビュー。
もう13年も前の話だ。

梅田の中崎町に勤務していた頃、徒歩10分圏内に阪急東通り商店街、ウメ地下、阪急三番街と、昼メシを食う店に困る事は無かった。
が、俺は、このインデアンカレーに傾倒していく事になる。

それはひとつのゲームの影響があったと言っていいだろう。

「ストリートファイターⅡ’TURBO」

そう、俺はこのゲームを、昼休みに少しでも長く遊びたかった。対戦がしたかった。ゲームセンターにいる時間が欲しかった。
だから、一分でも早く昼メシを済ませる必要があったのだ。

少しずつ体と舌がこの店の味に馴染んでいく。
ヒーヒーと毎日滝汗をかきつつ辛いカレーを食べているウチに、食べ方のコツのようなものも掴めてきた。そのコツとは…

「カレーを食べている間は水を口にするべからず。口の中が熱いのは熱ではなくスパイスのせいなのだから、付け合せのピクルスで中和すべし。」

これだけ。しかしこれを守るようになって、この店のカレーの真の味が見えた気がした。

程なくして、インデアンカレーは梅田センタービルより撤退。
毎日当たり前のようにここのカレーを食べていた俺が、失ってみて初めて知った感情。…それは、何時の間にか、この店のカレーが大好きになっていた事。
いや、それすら正確ではない。
俺にとって「インデアンカレー大玉全卵」は、最早カレーというメニューにカテゴライズされるものでは無く、それ単体の究極の料理となっていた。
「あーカレー食いてぇ。あ、インデアン閉店したんだった。じゃココイチ行くか」
では無い。
「インデアンカレーの大玉全卵が、食べたいっ……!!」
コレ。

当時まだインデアンカレーが大阪に7店舗存在する事を知らなかった俺は、実に2年もの間「大玉全卵渇望期」を迎える事になるが…。
出張の帰り、たまたま通ったドージマ地下センターにて、懐かしいインデアンのロゴの玉暖簾を発見。
夕方、かつ勤務中であるにも拘わらずカウンターに座り、震える声で「大玉全卵」をオーダー。
二年ぶりに食べたカレーは、涙の味がした。

その後、御堂筋界隈にある各店舗の存在を知り、TPOに合わせて毎週1食のペースで極上の一皿を堪能するようになって10年。
一年365日で食事は朝昼晩3食、トータル1095食。週1でカレーを食べると年間52食。実に一年間の食事の約5%がインデアンカレーでという事になる(実際もっと多いと思う)。10年で520食。大玉全卵が830円として431,600円…あぁ、意味のない計算をしているな俺は。


カウンターに座る。
大玉全卵をオーダーする。
店員さんがメシを盛り、スプーンでくぼみを作り、そこにタマゴを落としてくれる。
レードルきっちり一杯分のルーがスパッとメシの上にかけられ、テーブルにカレーが供される。
スプーンを持ち、両手で軽くカレーに合掌。しかる後に黄身にスプーンを突き立て、右前方に黄身を誘導しつつそこをルゥとタマゴとライスの攪拌地点とし、黙々とスプーンを口へと伸ばす。
キャベツピクルスはカレーの上に乗せず、あくまで別々に咀嚼。
たまにタマゴが混ざっていない部分のルゥを口中に含み、即座にピクルスを食べて絶妙の味のバランスを楽しむ。
全て食べ終え、未練がましくスプーンで残ったルゥをこそげ取るようにし、飯粒ひとつ残してない事を確認。
ここで、コップ一杯の水を一息に飲み干す(この瞬間の至福たるや、あぁ…)。
水のおかわりは断り、スッと席を立つ。目の前の店員に「ごちそうさま」、食券制の店舗の場合は入口店員にも「ごちそうさま」と告げ、店を後にする。

この間、やはり10分。
この10分のピットインの為に、俺は今日を生きている。
疲れた時はあの店のカレーがある。アレを食えばまた頑張れる。
決して観光客向きの店ではない。ご当地グルメのカレーは自由軒にでも連れていってあげれば良い。変り種のウマいカレーがそこにある。
インデアンカレーはむしろ、森田信吾「駅前の歩き方」における、常食(ジョーショク)。地元の人間が特に意識せずに常日頃食べている、そこ以外では食べられない特別な味。離れて気付く大事な存在。そういう店。


ありがとう、インデアンカレー。
この店があって、よかった。







P.S.インデアンカレーについてより詳しく知りたい方は、やまけん氏のblog参照の事。
ちなみに11月には東京丸の内に関東一号店出店予定との事。
丸の内のオフィス街でも、先輩から後輩への「味のイニシエーション」が行われる事を願ってやまない。

スポンサーサイト

Comment

from ないひょ
うう、3年前の味が舌先に蘇る・・
と、いきたいとこですが、さすがにすっぱりと忘れておりますわw
しかし、そう、終始無言で大の男ども数人がかっこんだんでしたな、 あの空気を思い出しましたよ。あのカレーはホントに美味かった、味を忘れてもそう言えます、言い切れます。

でもあれですな、今ひとりであの店にいって同じメニュー食べても、やっぱりあの味はもう二度と味わえないものなんでしょうナー

from みやはん(管理人)
ご無沙汰ッチュ! ないひょさんも見に来ていたとはビクーリ&アリガトデス。
そかー突発大阪オフももう3年前なのね~。当時はPSOのギルドメンバーの集まりだったかしら。ナツカシス。
インデアンカレーも千亀利寿司もかつてと変わらぬ味だけど、そうだねぇあの時みんなと食べたあの空気、あの楽しかった雰囲気まではもう味わえないんやねぇ。
いやいやでもまたコッチ来る機会あったら食べにいきまっしょい。
もうじき帝都でも味わえるようになるみたいですんで、そこはそこで常連になってあげて欲しいかなーと思ってたりも。

東京進出!?

from HM
ども~ HMです。

インディアンカレー、丸の内出店ですか!
情報アリガトです!

ま、丸の内なんて都心中の都心で、
カレーを食べるだけに行くにはチト心許ないのですが、
なにはともあれ、新幹線乗らなくても食べられるのがイヤッホー!

大阪行ったときは、今でも食べに行きます。
地図無しでもたどり着ける自身がありますヨ!
共兵亭は怪しくなってきましたが・・・。
(日曜日に空いてないんだもん)



そういや、タマゴのせ、食べたことないや

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://miyahan.blog14.fc2.com/tb.php/17-b581b8e3

インディアン ストライクス!

PSO繋がりで知り合ったみやはんに紹介してもらった、大阪行ったときに紹介してくれたインディアンカレーが、なんと11月に東京・丸の内に店舗を構えるとのこと!うほーっっ!今までは大阪に遊びに行ったときにしか食べられなかったあの味が、こちらでも食べられるように
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。