時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20141231 Wed
今年もお世話になりました。 

今年もお世話になりました。 

さて、あっという間に年の瀬、大晦日です。
たった今、年末恒例のガキ使が始まりました。

私はというと、毎年恒例の大晦日の友人宅での鍋パーティーも昨年から開催されなくなり、さりとて逢わないのも寂しいからとミナミで飲んでゲーセンへ…というパターンに今年もなりそう。ていうかあと20分で出発しないと。

12月は比較的ゆっくりでした。年始から年度末にかけて大きな仕事があるので準備をしないといけなかったんだけど、
IMG04705.jpg
大阪へ投票に行って喉にインフルエンザを受けてしまってな…
しかもA型。解熱してからでもまる二日外出禁止ということで、火曜の午後から日曜夜まできっちり部屋にカンヅメ。
買い物にも出れずに部屋の備蓄を細々と食べて暮らしてたら、あっという間に体重4キロ減ってラッキー…
昨年末は尿路結石やらかすし、今年に入って血圧上がってクスリを飲み始めたしで、ほんと人間40過ぎたらカラダおかしくなってきますわ。

でもまあ今年は長年聞くだけで楽しんでいたゲーム音楽を、自分でDJして誰かに聴いて貰うという新たな趣味も始めたし、その関係で交友関係も広がったりもした。
また6年前に解約したネトゲ、FFXIに復帰し、昔の知人や新しい友達もできた。
40過ぎて新しく友達が増えるというのはありがたい事ですよ。

ちとSNS関連やこのブログの更新をサボり過ぎたのは反省点ですが、まあ何に時間を費やすかというのは自分が決める事なので…
と、もう時間が無いな。
今年も色んな人にお世話になりっぱなしでした。
来年もガッツリ頼らせて頂きます。今後とも宜しくお願いします。
こんな不定期更新のブログ読みに来て下さる方には本当に感謝しておりますよー。

それでは残り少ない時間ですが、よいお年を。
IMG04702.jpg
もう来年のボタ美人伽哩カレンダーに張り替えて新年迎撃態勢は万全だ!!

スポンサーサイト
20141207 Sun
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 2ndLIVE PARTY M@GIC!!@代々木競技場第一体育館(前篇) 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 2ndLIVE PARTY M@GIC!!@代々木競技場第一体育館(前篇) 

11/30に東京、代々木競技場にて開催された、アイドルマスター シンデレラガールズの2ndライブに参加してきました。
IMG04606.jpg

ゲームもサービス配信開始からちょうど3年。前回の単独ライブが今年の4月で、一年経たずに2ndライブとは驚きです。
自分もここ3年はコンシューマゲームを遊ばずモバマスにそれなりの時間(とお金)を割いており、1stライブのライブビューイングを映画館で見たり、CDやコミックスを揃えたり、ラジオも欠かさず聴くという一般的なPっぷり。
8月のアイマス9thツアー初日を大阪で生で体感し、今回いよいよ…という、大変強い想いでの参戦。…正直、行きの新幹線の中で曲聴いてるだけで涙が出てくるというポンコツっぷりで、自分で心配になるレベルw

移動でトラブルあると困るからと、ライブ前日に東京入り。ついでにライブ会場の下見と、前日物販のグッズを買ってしまおう。
IMG04603.jpg
なかなかの豪雨。そして風。結局2時間ちょっと並んでTシャツや会場限定のCD、カレンダー等のグッズをゲット。

IMG04640.jpg
戦利品獲得して安心した俺P、この後東京の友人と6時から12時までビアバー3軒ハシゴ酒。

そんなこんなでライブ当日。
IMG04659.jpg
まさかの昼酒。ベアードブルーイングの原宿タップルームで旧友と景気づけ。初めて会った頃はまだ大学生だった彼も、今では某メーカーのプランナー。忙しくされておられる中でこうして時間取ってくれるのは嬉しいですわ。

IMG04661.jpg
会場前のプロデューサー(=アイマスファン)の熱気たるやもう…
1stライブが2000人クラスで2日間3回公演、今回の2ndは何と13000人クラスの1回こっきり。演者も客も完全燃焼です。

IMG04608.jpg
大きな看板。描き下ろしイラストが嬉しい。

IMG04609.jpg IMG04610.jpg
かわいい(かわいい

会場入りして、自分の席へ。2階ではあるものの、センターステージが正面に見えるし、思ったより近い気がする。
もちろんここからは肉眼で演者の表情までは見えないけど、パフォーマンスだけならこれで充分です。スクリーンの一部がスピーカーの影で見えにくいくらいで。
IMG04641.jpg
服よいか! ヨシ!!(指差呼称

IMG04665.jpg
ペンライトよいか! ヨシ!!
コールよいか! ヨシ!!! 法政大学アイドルマスター研究会様、コールガイドありがとうございました!

今回チケットが2枚取れたので、古い友人を半ば無理矢理ライブに付き合わせており、会場であれやこれやと話していると、突然…

「ヒャーッハッハハハアー!!」

!?

なんと、来春始まるアニメのシンデレラガールズのライブか何かで使うガヤ撮りに協力して欲しいというアナウンス(by星輝子)が。
やったな! ワシらアニメに出演できるぞ!!(多分
2度ほどガヤ撮りのあと、輝子からのご褒美として、CD発売前のカバー曲集から、星輝子の歌うX JAPANの「紅」が。
いきなりウルトラオレンジ折ってるPの中、元Xファンで解散ライブや再結成ライブ参戦勢の俺、リウムそっちのけでヘドバン。開演前からもうテンションゲージ振り切ってるんですがこれ大丈夫かw

定刻になって客電が落ち、スクリーンに有能事務員こと千川ちひろのシルエットが。と同時に客席が緑のペンライトで埋め尽くされ、Pの練度に改めて感動。
諸注意を聞いた後、いよいよライブスタート。まずは定番の「お願い!シンデレラ」。
今回の参加者は総勢21名。メインステージから花道、センターステージまで広く使ってのパフォーマンスは流石に迫力あります。迎え撃つP達も全力。最初からクライマックスだぜ!(モモタロス
ちなみに俺Pもう泣いてます。はやいwww

今回のライブは4つのパートに分かれており、「元気におもてなし」「かわいくおもてなし」「超ハジけたおもてなし」「心からおもてなし」の4つのコンセプトを軸に構成しているとのこと。前回はキュート・クール・パッションの3つの属性でパート分けしてあったんで、今回はどんな順番で曲が来るのか予想困難。楽しみが増えていいけど、逆にハジけタイムで死者が出る予感が…

メンバーの半数がステージに残り、そのまま次の曲「We're the friends!」へ。どうしても今回初参加の川島さん役、東山奈央を目で追ってしまいます。担当Pだからね、ちかたないネ。
この曲は実は正直ハマってなくて、B面のメッセージが好き過ぎてあまり聴き込めてなかったりしたんだけど、やはり生で聴くと別物ですね。パフォーマンスも相まって、曲ももっと好きになる。今回のライブは終始こういう発見と感動の連続でした。

11名それぞれの自己紹介を聞いて盛り上がりつつ、元気におもてなしパートがスタート。ソロ曲のトップは大橋彩香の「S(mile)ING!」
もうね、笑顔が眩し過ぎる。そしてパフォーマンスが本当に安定している。P全員のはっしーコールで代々木体育館も揺れてますわ。…ラジオ聴いてると色々とアレなんだけど、そういう所も含めてほんと可愛いしずるいw

「TOKIMEKIエスカレート」のイントロと共に舞台袖から佳村はるか登場。こちらもラジオでるるきゃんの愛称でお馴染みで、やはりラジオ組は中の人の表情をより知っているだけにこちらの思い入れも強い。声援にも熱が入ります。“T・O・K・I・M・E・K・I”の人文字パフォーマンスもチリバツだんべ?
続いては山本希望の「DOKIDOKIリズム」。さっきのるるきゃんとはゲーム中で姉妹設定で、ゲーム内のイベントでもよく一緒に登場する二人。
歌の中で「助けてお姉ちゃ~ん」というパートがあるんだけど、今回初めてそこでお姉ちゃんことるるきゃんが登場するというパフォーマンスが!! これ嬉しかったー!

青木瑠璃子「Twilight Sky」と同時に客席のPが一斉にペンライトを持ち替える。アリーナはオレンジ、スタンドはブルー。曲名通りのトワイライトスカイ(夕暮れ空)の粋な演出。1stライブからの演出もすっかり浸透してますが、これを考えて実行したのはファンサイドで、長い時間をかけて協力を募って実現できたとのこと。凄いです。
抜群のスタイルをパンツルックに包んでステージを駆け回り、スライディングからのエアギターのパフォーマンスで会場大歓声。この曲もCDではそんなに…だったのに、1stライブで虜になって今では聞くだけで涙腺ヤバいw

元気におもてなしのコーナーでこれが出ないワケがない。原紗友里の「ミツボシ☆☆★」!!!
イントロ始まった瞬間、客席で一斉にサイリウムが。ウルトラオレンジと呼ばれる、他と比べても非常に明るいサイリウムで眩く照らされた海を、通称「飯屋(救世主=メシアが変化したもの)」さんの安定感抜群のパフォーマンスと明るい歌声で照らし返す。
合同イベントではなく、アイマスの、それもシンデレラガールズ単独の公演。つまり360度13000人全員ファン。そのボルテージたるや…。ニュージェネレーション枠でありながらCD化第3弾まで声がつかず、不遇、不人気キャラ扱いされかけてた本田未央というキャラは、原紗友里という中の人を得て、シンデレラの中でもひときわ輝くキャラになったと思う。会場で聴けて、コールできて幸せでした。

金子、鈴木、松嵜、松田の4人による新曲「絶対特権主張しますっ!」で一際盛り上がったところで元気におもてなしコーナー終了。この曲も発売になってちゃんと聴き込めれば、コールたくさん入った盛り上がる曲になると思う。というか今回もうコールほぼ完成してた。Pちゃん達、有能。

かわいくおもてなしパートは、五十嵐、高森、三宅の「アタシポンコツアンドロイド」から。キュート勢の中でもより個性的な3人によるアタポン、「キュートだよ! これキュートだよ藤村くぅん!!」と思わず大泉洋の口調で漏らしてしまうレベル。

続いて牧野由依の「エヴリデイドリーム」、圧巻。ちょっとプロデューサーさんが好きすぎて危険な香りのする佐久間まゆの雰囲気をそのまま映し出したかのようなパフォーマンス、そして流石の歌声は、男性プロデューサー以上に女性プロデュンヌからの声援が大きかったように思います。小指にあしらった赤いリボンが特徴的。よーく聞くと「ん?(意味深」という歌詞、それをキャラが乗り移ったかの如く、ほんの少し狂気を滲ませつつ歌う。本当流石としか言いようがないですねえ。

立花理香「花簪 HANAKANZASHI」、すごい。りっか様ヤバい。
8人のダンサーと共に登場したりっか様、キャラを意識した着物をアレンジした揃いのコスチューム。
sae.jpg
ステージで和傘をパッと開き、艶やかに舞い、歌う。CDで聴いて、曲よりもドラマパートの声にヤラレたものだけど、いやー…これファン急増不可避です。ほんとキレイだった。事前にラジオでのサイリウム演出(こんちきプラン)を、歌詞の中の四季に応じて変えてくれると嬉しい、というリクエスト、これも有能なプロデューサーはん達によってバッチリ再現。いいゾ~。
惜しむらくは、俺の席からだとメインスクリーンが殆ど見えず、サブスクリーンは演出のせいか演者を映してなかったんで、歌ってるりっか様の表情が全く分からなかった事。もう一刻も早くBD出してもらいたい!(机を叩く

東山奈央の「Angel Breeze」。28歳元アナウンサーの華麗なアイドル転身、その言動と、「頑張れば頑張るほど間違った方向へ行ってしまう」川島さんのキャラは、いい意味でモバマス初期に最もネタにされた枠。クール属性でありつつも、かわいくおもてなしパートに放り込まれるあたり最高です!
もう、満を持して、という登場ですよ。"待"ってたゼェ この"瞬間"をよォ!! という感じ。川島さん担当Pですしね自分。好き過ぎてケーキにして食べるレベル。
FxCam_1358689879306_20141207180743094.jpg
というか単純に中の人も大好きなので。
28歳アイドルを22歳の声優が演じるという逆転現象が起きている稀有なケース。そのせいか、演じる、歌うにあたっての研究度合いが群を抜いていて、歌い方やダンスの振り付け等、細部にきっちりこだわった見事なパフォーマンス。サイドステップひとつ取っても、脇をキュッと閉めて踊るとより80年代アイトル感が出る…等。2ndライブデビュー組なのにもう安心して見ていられるというねw
イントロから曲の歌い出しまでが長いこの曲を、そのパフォーマンスで客を引き付けて離さない。堂々たる姿でした。感動はしたけど逆に泣けないわw ラス前の全員での「わかるわ」コール嬉しかったなあ。

金子有希「お散歩カメラ」は、キャラの趣味であるカメラをモチーフにした演出が光ってました。客席に向かって指でファインダーを表す四角を作り、パシャッと言うとスクリーンに映った客席にカメラレンズの絞り羽根が!
髪飾りがキャラクターとお揃いのひまわりだったり、髪型も同じだったりで愛を感じます。幕間のインタビューでそこらへん褒められ、「やめて優しくしないで泣いちゃうからあ!」と慌てるねこさんマジ天使。

かわいいの無呼吸連打に瀕死のPチャン達に無慈悲なトドメ。高森奈津美「おねだり Shall We~?」の時間だァ!!
代々木体育館を埋める13000人の野太いにゃあ!!にゃあ!!コール。なつ姉が特にこだわったというしっぽ付きコスチューム。これもうシンデレラの曲の中でもかなりの人気の1曲で、ゲームをやってない人にも知名度あるのでは?
しかしなつ姉のルックス、立ち振る舞い、声、どれを取っても前川みくとの親和性高すぎる。キャラと中の人の相乗効果スゴいです。
みくは原宿エリアのボスなのにゃ!!!!というシャウトにハッとしたPちゃんも多かった。自分もそうでしたw

ここで代々木体育館が突然「幽霊が舞う夜の洋館」へと変貌。「小さな恋の密室事件」を歌う桜咲千依とバックダンサー、赤いマントをまとってのパフォーマンス。
ホラーとスプラッタ映画が好きなアイドル白坂小梅の雰囲気そのままのようなちょこたんの姿と歌声、ばっちりハマってて怖いほど。歌詞に合わせてペンライトが属性カラーの青から血の色の赤に瞬時に変わる、ウィスパーボイスのパートではコールを止めて歌に聴き入る等、演者と客の信頼によって成り立つ演出は感動すら覚えます。
この曲もCDで聴くのとライブで体験するのとで大化けするよなあ…。
1stライブに続いて2度目のステージだけど、前回以上のかわいさで俺の中の父性が目覚めて…(アカン
歌い終わりの「だいすき」を幕間で再度言わされるというパワハラが1stに続いて今回も。いいぞもっとやれ

コーナーの締めくくりは、大橋、大空、立花、牧野のキュート4人による「パステルピンクの恋」。これもまだCD発売前の新曲。ジュエリーズシリーズの曲は毎回完成度ほんと高いんだけど、これも今までとはちょっと変わった曲調で、初期のピチカートファイブっぽい感じ。振り付けも歌もほんとかわいい!

ここまででやっと半分…。流石に分けたほうがよさそう。
後半に続きます。


広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。