時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140630 Mon
GAME MUSIC DJ PARTY「version0.2」@味園Dendo 

GAME MUSIC DJ PARTY「version0.2」@味園Dendo 

味園ビルにあるゲームバーDendoにて開催された、GAME MUSIC DJ PARTY「version0.2」に出演してきました。
このイベントは、去年からDendoの店長ヤマシタさんが店舗を解放して、どちらかというと新人DJのデビューを支援する目的で開催してくれているもの。
ヤマシタさん曰く、毎回必ず一人は新人DJをデビューさせたい、という事で、先月デビュー戦をやらせてもらった時と同様に今回も参加させてもらう事にしました。前回から一ヶ月経って、このままだと前回のプレイで満足してもうDJやらなくなる可能性もあったんで…

IMG03619.jpg
当日のタイムテーブル。
この中には、前回前々回デビュー後、あちこちのイベントで腕を磨いて戻ってきてるDJさんもおられます。今回デビューの方も一人。俺もほぼデビューみたいなもんです。

前回のミスを踏まえて今回はイベント前に事前に音出しを。あと前回全く触らなかったエフェクター関連の操作法を教わったり。
正直セットがっちり固めてしまってると、プレイ中ほぼやる事無くてぼっ立ちになっちゃうw

IMG03621.jpg
イベント前にガンパッチのカレーをキメて腹ごしらえ。
5時から11時までの長丁場で腹も減るからね。途中抜けしてメシ食ってもいいけど、色んな人のプレイ見てみたいし勿体ないですから…

1404043150231.jpg
定刻になってイベント開始。今回は一番手だったんで、曲かぶりとか気にせず選曲できてよかったw
反面、聴いてくれる人がまだ殆ど入ってきてなくて寂しいという気持ちも…

dendo0629.jpg
まるで蕎麦を打つ職人かのような佇まいですが、これはカレーのせいで汗が止まらなくなった為にタオルを巻いて汗を抑えているからで…
これで腕組みして写真に写ってしまってたらまるでラーメン屋じゃん(絶望

75845712_o2.jpg
今回のセットは色々悩んだんですが、ハードコアチョコレートさんがこんなクールなTシャツを作ってくれたんで、リスペクトで忍者ゲーム中心のセットを組んでみました。


1.Closing Theme(バーニングフォース)
2.Future Express(ZUNTATA RARE SELECTION Vol.3 S'work's)
3.ポピュリズムアンサー【第三話・メソポタミアの悪夢】(ギガンデス)
4.STAGE2(ソルフィース)
5.2面BGM-Windy-Avenue-高音質ミックス(メガドライブ版グラナダ)
6.K-City(ストライクファイター)
7.ニンジャスレイヤーPV1
8.Bgm1「走!」(影の伝説)
9.白怒火見参(未来忍者 慶雲機忍外伝)
10.LAST CHANCE OF YOUR LIFE(ニンジャコンバット)
11.Momentary Life~バイケンのテーマ~(ギルティギアイグゼクス)
12.THE SHINOBI(ザ・スーパー忍)
13.Theme For Mystic Warriors(ミスティックウォリアーズ)
14.Psylocke Stage(マーヴルスーパーヒーローズ)
15.黒鮪(真サムライスピリッツ -覇王丸地獄変-)
16.THEME FROM BUTSUZO(最後の忍道)
17.IDATEN(ザ・スーパー忍Ⅱ)
18.Daddy Mulk(ザ・ニンジャウォリアーズ-Guten Talk Zuntata Live 1998)

忍者ゲームだけで、と選曲してみたものの、忍者ハットリくんや忍者くん阿修羅の章など、音がチープ過ぎてイマイチ。オカズを足すテクも無いしマッシュアップもどうやんのって感じで…。
いっそ大神や餓狼スペのギースみたいな和モノを足して誤魔化すか?等、ちょっと煮詰まりかけたけど、ヘンなこだわりの為にそこまでかけたくない曲をセットに組むのも馬鹿らしいなと思い直し…
結局冒頭15分はジャンル関係なく自分のお気に入りを入れて、残りは忍者縛りで。場面転換の為にニンジャスレイヤーのPV入れたりして、ゲーム音楽とは違うけどまあ許して下さいって事で。…誰ですかギルティギアのバイケンは忍者じゃねーよとか言う人は!ほんまスンマセン。
とりあえず最後にニンジャウォリアーズのDaddy Mulkを流しておけばいんじゃね的なとこはあるけど、正直このセットではソレ外すと逆にダメかなと。他の忍者ゲームがどうしてもマイナー感がぬぐえないんで。
どの曲もほぼ自分が遊んだゲームからの選曲。特に未来忍者は就職して初のボーナスで基板を買うくらい好きなゲーム。というワケで大変気に入ったセットになりました。聴いてる人はどうだったか不安だけど、自分は楽しかったw

IMG03628.jpg
出番は終わった。後は楽しむだけです。
今回も色んなDJさんのセットを聴いてみて、みんなどうやって選曲してるのかなーとか、やっぱりこのゲームに思い入れあるのかなーとか、普段と違う視点でイベント楽しめました。時間あれば他のDJさん達とも酒飲みながらそこらへんの話を聞きたい気持ちあるんでよかったら飲みに行きましょう(ただ飲みたいだけやないか

IMG03629.jpg
イベントのトリは柏木るざりんさん。大御所です。
るざりんさんとは何度かこういうイベントで話した事はあったんだけど、今回は同じ出演者というくくり。

俺が初めてゲーム音楽のDJイベントに遊びに行ったのは20年くらい前で、またインターネットが殆ど普及していない、草の根BBSの時代。
当時所属していたBBSの知人が出演していたイベントで、VJさんがモニターで超連射68kという同人ゲームのノーミスプレイ動画を延々流してて、当時よくそのゲームで遊んでいた俺はDJそっちのけで動画に魅入ってた。
ちょうど難波、湊町あたりのビルの地下の、青い色が印象的な店。もう名前も憶えてないけど…
んで、その超連射68kの音楽を作ったのが柏木るざりんさんなんです。


まさかあれから20年近く過ぎた今、こうやって同じイベントに出る事になるとは…。感慨深いなんてもんじゃないですわ。
今回はiPHONEとオーディオインターフェースを使った、アイマスその他歌モノメインのセット。モバマスも三村かな子、神崎蘭子、そしてトリは働いたら負けで有名なアイドル、双葉杏の「あんずのうた」で盛り上げてくれました!

いやー今回も楽しかった。悩みもあったけどやってる時の楽しさのほうが上回るんで、ゲーム音楽が好きでイベントにも行くけどDJなんて敷居高いし…という人こそどんどんDJやってみたらいいと思いました。
自分もまたチャンスあれば、というか機会を作ってどこかでDJできれば…。
店主ヤマシタさん、一緒に出演してもらったDJさん達、来てもらったお客さん、本当にありがとうございました!

スポンサーサイト
20140624 Tue
河内カレー ガン八(ガンパッチ)@ウラなんば 

河内カレー ガン八(ガンパッチ)@ウラなんば 

三津寺筋にあるホルモンバー「ドブ六九」オーナーのポポさんが、新しくウラなんばにカレー屋さんをオープンされました。
IMG03539.jpg
その名も「ガン八(ガンパッチ)」。
看板には店名由来のガネーシャの絵が。カレーの国インド、ヒンドゥー教の神様で、ガネーシュ、ガナパティ、ガンパチとも呼ばれていますね。

IMG03538.jpg
店内はカウンターのみ、テイクアウトOK。
ドブ六九も狭い店ですが、ここはもう客同士がすれ違う事すら不可能です。
一応ビルの中を通って裏からも入れるんで、それで何とかするしかないw

IMG03530.jpg
IMG03531.jpg
カレーとライスは別盛りのセパレートタイプ。
ライスはターメリックを炊き込んで黄色くなってて、レンコンとパプリカのピクルス、野菜の千切りが。
カレールーは牛すじをしっかり煮込んでトロトロになったものがゴロゴロと。

IMG03533.jpg
どばっとかけて木のさじでモリモリ食べましょう。
このカレー、かなり甘い。牛すじの脂の旨味がヤバい。
辛さはかなりゆっくり後から追い駆けてくる感じ。極端な言い方だと、食べ終わってから辛さを感じる程。
これなら誰にでも美味しく食べられる味です。

それだけではありません。
カウンターの上には仕掛けがいっぱい。
IMG03537.jpg
スパイスを漬け込んだ辛味オイル。もう少し辛味が欲しい人はこれを足せばいい。
山椒やクミンの香りがふわっとします。そこまで辛くはないんでお好みで。

IMG03536.jpg
おからを炊いたもの。優しい甘さです。
おからとカレーが合うなんて想像もしなかった。これ好きなやつですわ。

IMG03535.jpg
レモンとショウガのジャム。
すっぱ甘い! カレーを食べ終わった後にこれを舐めると、後からスパイスの味がくっきりと際立ってくるから不思議!

いやはや、恐ろしい完成度のカレーです。アッという間に完食。
誰も見てなければ皿まで舐めたいレベル。
IMG03534.jpg
お皿には店のロゴが。
こだわってるなあw

今のところ、このカレーのみの提供ですが、この店、業界初のトッピング持ち込みOKシステムを採用しておりましてな…
貴方の好きなコロッケやカツ、チーズなんかを自由に持ち込んでオンザライスしちゃってもイインデス。
黒門市場や高島屋の地下惣菜売り場で色々持ち込んで…。そんなもん最高やないか…最高やろが…。
個人的には牛すじが美味し過ぎて揚げ物だとケンカしそうだから、とろけるチーズかけて上からバーナーで炙って焼きカレー風にしたりすると更にイケそうかも?
まあバーナーまで持ち込むのはアレですがw

いやーしかし感慨深い。
もともと俺がドブ六九に行くきっかけが、ポポさんが年に一度だけ仕込むカレーを食べに行った事からで、それ以降毎年6/9のロックの日に出されるカレーを欠かさず食べてるんです。
ロックの日@ドブ六九
カレー部
古い日記を読むと、2008年あたりから食べ続けているようで…。
その年に一度のお楽しみが、これからはいつでも味わえる!
こんなステキな事はありません…

IMG03155.jpg
今回は、ドブ六九の周年で頂いたカレー無料券で食べさせて貰いましたけど、これは近いうちに再訪してガンガン食いまくりたい。
まずは何かトッピング持参して。
皆さんも是非一度食べに行ってみて下さい。ホンマ間違い無いから!
ポポさん、かーゆさん、どうもご馳走様でした! また来ます!


河内カレー「ガン八(ガンパッチ)」
ジャンル: カレー
最寄り駅: 南海線なんば駅、御堂筋線なんば駅徒歩3分
住所: 大阪府大阪市中央区難波千日前2-13 島田ビル108
営業時間: 11:00~20:00
定休日: 未定

20140621 Sat
北白川散歩、そしてマタコバチ芝居公演「首輪物語 -Last-」 

北白川散歩、そしてマタコバチ芝居公演「首輪物語 -Last-」 

ああ…5月の京都地ビール祭りの日記が書けないまま6月が終わってしまいそう…
お蔵入りになる前に写真だけでもやっつけちゃうか、と思ったら写真多すぎてメゲてるw

そんな状態なのにそれすっとばして京都へ遊びに行った日記を上げるとかおかしいでしょう?

い い ん だ よ (夜回り先生

何度か芝居を観させてもらってる劇団マタヒバチ
今回は少人数の編成による「マタコバチ」というユニットで、北白川にあるVIVA LA MISICAで公演するとのことで、クルマでひとっ走り行ってみる事に。

京都造形芸術大学の近くの駐車場にクルマを停めて軽くぶらぶらする。
妹がここの大学に通ってたから、何度かライブ目当てで学園祭に遊びに行ったりしたけど、もう校舎からして全然違う建物になってるな…。パルテノン神殿みたいになってるw

IMG03305.jpg
ガケ書房さんへ。
この独特の外観、いいよね。
中はまあ何と云うか、ガキっぼさの無いビレッジバンガードの書籍コーナーみたいな雰囲気(言葉悪すぎるか
一番分かりやすく云うとサブカル風。新刊や雑誌求めて入る店ではないです。

IMG03527.jpg
今日のめっけもん。panpanya足摺り水族館」。
この漫画は全然知らなかったけど、パラッと立ち読みして一目惚れです。

IMG03528.jpg
こういう絵、好きな人には堪らないでしょw

30分ほど本屋で遊んでから、遅い昼食を。
IMG03309.jpg
中華そば「東龍」
北白川といえばラーメン激戦区。天下一品の本店、ますたに、その他色んな店があるけど…

IMG03306.jpg
俺はここの東龍そばが好きだなー。豚骨、鶏ガラと一緒に野菜を溶けるまで煮込んだ黄色いスープ。

IMG03307.jpg
台湾風豚丼、魯肉飯(ローバーブン)。これ絶品。
ちょっと独特のスパイスの香りがラーメンのお供にバッチリ。

IMG03308.jpg
そして大本命、鶏の唐揚げ!
奇跡みたいな柔らかさ。でも衣はサクッと香ばしくて、噛むと肉汁がジュワー…。
表面に降り掛けられてるスパイスが最高。ぶっちゃけコレ目当てにこの店来てると言っても過言じゃないですw
必食。泣くでホンマ。

IMG03310.jpg
腹もくちくなったところで会場へ。
舞台と客席が物凄く近いw この日はお子さん連れも多くて舞台上よりも客席が落ち着かない印象でした。

IMG03313.jpg

IMG03314.jpg

IMG03319.jpg

いつもの大人数でのテント芝居の時のイメージと違って小規模編成。人数が少ないのでストーリーもややスッキリ…でもないかな?
個人的にマタヒバチの芝居で観たいものとはちょっと違ってて、楽しかったものの物足りなさも。まあ名前変えてるんで別の劇団だと思わないとダメなんだろうけど。
芝居の途中で小道具が壊れてクギが上を向いたままの状態でそこらへん飛び回るシーンがあって、演者がクギを踏み抜いてしまうんじゃないかとハラハラしっぱなしで、終盤全く芝居に集中できなかったのも辛かった。必要な小道具だったのは分かってるけど、対処できる裏方さん居なかったのかな?

ともあれ初日、初回公演。これから全国公演の予定もあるそうですし、もっと進化するんでしょう。
お近くで公演ある人は是非とも足を運んでみられては?
詳細はFACEBOOKをチェック!

IMG03322.jpg
帰りにkamikaze寄って晩メシ。
クルマなのでいつものパイントでジンジャーエール。そして2周年イベントで出されたkamikazeバーガーを。
シナモンをたっぷり練り込んだ少し甘いパティと、苦味のある香草と、トマトの酸味のバランスが絶妙。食った事無い味です。ビッグサイズでこれひとつで満腹!

IMG03490.jpg
今回もわざわざ大きいサイズを作って貰ったTシャツ。他にも周年ステッカー等のお土産も貰ってしまいました。

よく遊んだ一日でした。スパイスいっぱいw
いい休日でした。また明日から頑張ろう。

20140614 Sat
夢枕獏朗読コンサート「空海・生命の海」@高野山金剛峯寺 

夢枕獏朗読コンサート「空海・生命の海」@高野山金剛峯寺 

2015年に開創1200年を迎える高野山
空海が開いた寺そのものが町となってるこの山で、空海という人物を題材に物語を綴った夢枕獏の、本人による朗読コンサートが開催されるとあって、慌ててクルマを走らせた。
IMG03250.jpg

南海高野線の沿線に住んでいながら、高野山へ訪れる機会は殆どありません。
過去の記憶を辿っても、何度目の訪問になるのやら…。物心ついてからは初めてかも。
曲がりくねった峠道、対向車線からどんどん下りてくる観光バス、後ろからは峠を走りに来たスポーツカーに煽られ、ひいひい云いつつお山に到着。

IMG03255.jpg
大伽藍。圧倒的存在感。
よく写真では見るけど、生で見ると圧倒される。

IMG03259.jpg
金剛峯寺の本堂でもある金堂。
説明を読むと、平清盛が寄進した曼荼羅が置かれているとか…。
ちょうど今まさに夢枕獏の「宿神」を読んでいるところで、これは平清盛や西行の物語であり、本当にタイムリー。自分が読んでいる物語の舞台に思いがけず入ってしまった気分。

IMG03258.jpg
とにかく境内に生えている木の大きさが凄い。
緑地管理でメシ食ってる身としては、この高さの樹木の維持管理がどれほど大変かは分かるつもり。剪定、病虫害防除だけでも恐ろしい手間がかかる。
1200年もこれを維持してきてるんだから凄い。いやあ来て良かった。

ところで入山してからずっと体調がよくないんだけど、これってもしかして自分の中にいる悪いモノが御山の霊気にあてられて弱ってるとかそういう…?
いやまあただの車酔いとかそういうのかもだけど、ほんとに山に来た途端に気分が悪くなって大変だった。何かあるのかも知れん。

IMG03251.jpg
立派な正門をくぐって奥殿へ。
普段は非公開である奥殿でイベント見れるとか、めったに無い機会。ありがたやありがたや。

IMG03264.jpg
イベントに先立って、高野山の偉い立場のお坊さんからコメントが。
「30数年前、高野山の奥の院から御大師様のミイラが盗まれました。…何という罰当たりな小説を書く奴だ、と思いつつ、夢枕獏さんの魔獣狩りを読ませていただいたんですが、これが非常に面白く、完結まで読んでしまいました。」

IMG03265.jpg
夢枕獏先生登場。さっきのコメントを受けてひとこと「泣きそう」と。
高野山で最も神聖視されている空海のミイラを盗み、その精神へダイブするという物語を書いて大ヒットし、現在の作家としての立ち位置を確立したと言っても過言では無い人。
取材の度に何度も訪れた高野山でも、いつも誰かから叱られるんじゃないかとビクビクしながら歩いていたとの事で、それが許されたという事を公式にアナウンスされたんだからこれは嬉しいでしょう。
38年前に初めて高野山を訪れて、僧侶に「こちらのお山では、まだ空海は生きているというふうに伝えられていると聞いたのですが本当ですか?」と質問したところ、
「我々の大学では、そのように学びました。私はそう信じています」との返答を聞き…
そこから、「こいつはとてつもない物語だぜ」「この物語は絶対に面白い」とあとがきに毎回記すほどの自信作である「魔獣狩り」が生まれた。
完結するまでに長い時間を要した物語も数年前に終わり、その間に空海そのものの物語を記した「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」も生み出している。
それらを夢中になって貪り読んだ俺にとっても、この場所に夢枕獏が立って話しているのを聞くというのは特別な思いがある。

朗読コンサートの前に「堅精(りっせい)」という儀式を見せてもらえた。
IMG03269.jpg
1200年前に空海が地元の神様である明神様を高野山に勧請された旧暦5月3日に、伽藍山王院で夜を徹して問答を繰り広げる儀式があり、高野山に伝わる最も大切な伝統儀式。
ちょうど今回のイベントの日と儀式の日が重なったという事で、年に一度しか見れないし、折角だからその行道をお見送りさせて貰える事に。

IMG03272.jpg
この若い僧侶の袈裟が黒くなると一人前なんだそうな。

IMG03277.jpg
奥殿に戻って朗読コンサートスタート。
Ky(リンク先音が出ます注意)のサックス、ウード、パーカッションの3人による演奏に合わせて、夢枕獏が自らの著書「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」の中から、
・第三章 長安の春
・第三十一章 胡神
・結の章 長安曼荼羅
の一部分を朗読する。
この本を読んだのはもう何年も前で、物語もぼんやりとしか覚えてなかったけど、この朗読は本当に素晴らしかった。
静かな演奏、奥殿の外の自然の音や鳥のさえずり、そして朗読の声…。
目を閉じて音に聞き入っているうちに、突然こみ上げてくる思いがあり、涙があふれた…
本当に至極のひとときであった。

IMG03280.jpg
カーテンコール。万雷の拍手。
暫く立ち上がれないほどの想い。

IMG03283.jpg

IMG03285.jpg

ゆっくり余韻に浸りながら奥殿を後に。

IMG03300.jpg
…と思ったら突発的に夢枕獏先生のサイン会が!
手持ちの「宿神」4巻にサインを頂いてしまった。何か感謝の言葉を…と思ったものの急な展開だったので言葉が出ない!
「長生きして下さい」とかそんな失礼な言葉をかけてしまったように思う…。猛省。

長くファンやってて、まさかこんな日が来るとは。
本当にご褒美のような一日だった。
イベントを企画してくれた人、高野山、Kyさん、夢枕獏先生、本当にありがとうございました。

リンク:金剛峯寺で夢枕獏さんが朗読コンサート 荘厳な雰囲気に

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。