時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110629 Wed
ペルソナ3ポータブル 

ペルソナ3ポータブル 

発売日にゲームを買って、開封しただけで満足してそのまま積み、実際に遊び始めるのは半年後…
その頃にはもう中古やワゴンが出回ってるというパターンのなんと多い事か。
これではいけん。どげんかせんといかん!

本当にそのゲームを遊びたい時に買えばいいじゃない。

てなワケで、先月アタマに中古で買った「ペルソナ3ポータブル」をチマチマ遊んでたんですわ。
ぶっちゃけペルソナシリーズは昔から手付かずで、今回初めてやったんですが…。

オイちょっとコレどこが女神転生なんじゃゴラ。
なんつーかもうギャルゲーじゃんか。俺必死になって陸上部の女子マネとか生徒会の会計ちゃんとか食いまくりんぐデスヨ?
悪魔の存在の耐えられない軽さ!! 悪魔と交渉しないどころか何だかよくわからないオリジナルの敵としか戦えないし。
敵で登場して散々苦労させられた悪魔を仲魔として使役する楽しさがメガテンシリーズの醍醐味だと思うんだけどなあ。

テラセツナス

いやー昨日クリアしたんだけどコレ面白かったわwww
悪魔とか意識しないで楽しもう、これはアドベンチャーがメインなんだ、悪魔とか自動生成ダンジョンとかはどうでもいいんだ。
メガテンっぽいエッセンスはペルソナ全書の解説読むとか保健の江戸川先生の授業を一生懸命聞けばいいんだっていうか江戸川先生の授業だけずっと聞いときてェ…

とりあえずニュクス・アバター戦のPTは
DVC00848.jpg
キタロー、タルンダ先輩、ビッチ、そしてロボ。装備で弱点消してます。なんか小野坂さんに「おもんない奴らやデ」とか言われたけどキニシナイ!
DVC00818.jpg
真田先輩が弱体魔法、ゆかりは回復、アイギスは強化魔法、主人公はカードブーストしまくったミカエルで殴るだけでモード変わるくらいのチートっぷり。
DVC00846.jpg
物理無効モードはアバドンさんの出番ということで。
ラスボスにしてはあっけなく勝てた。まあ攻略法見ながら事前に準備しまくったしそりゃ楽だわな。

けど、ラスボス戦の流れ、素晴らしかった。
タロットの大アルカナが人生と同じ流れになってたのは江戸川先生の授業で教わったんだけど、人の一生を踏襲する流れで進むラスボス戦という設定と、命有る物に定められた「死」という決して避けられない結末であっても、自らの意思で受け入れ、立ち向かって行く「特別課外活動部」の仲間達が、本当によかった。

メメント・モリ。
人間は誰もが死ぬ。
しかしそれを恐れず、死ぬまでの間に何を成し遂げ、どう生きるかは自分の意思で決められる。
そういう強い思いがこの作品の根底にあった。だから感動した。

いやー面白かった。
ちょっとデータ引継いで2周目やってくるわ。キタローでコミュコンプしたら次はハム子で!
そこまで頑張るかは分からないけどねw

スポンサーサイト
20110624 Fri
GLOCAL BEATS出版記念トークイベント@兎我野町POLE POLE 

GLOCAL BEATS出版記念トークイベント@兎我野町POLE POLE 

先日行われたGLOCAL BEATS出版記念イベントで紹介された曲をひたすら上げる日記。

まずは前編。この10年ほどのエポックとなった曲。

・Missy Elliott - Get Ur Freak On (2001)

USヒップホップ×アジアテイスト?

・Panjabi MC - Mundian To Bach Ke (2003)

バングラデシュ。あとナイトライダーだよねコレw

・113 Magic System - Un gaou oran (2004)

ライ&B。

・M.I.A. - Galang (2005)

UK×タミル系スリランカ。

・Shantel - DISKO PARTIZANI (2007)

バルカン・ビート。

・Samin - Heater(2007)

クンビア使いのクリック・ハウス

・Omar Souleyman - Leh Jani(2007)
http://youtu.be/pgRUHIeaKOk
中東シリアのローカルスター。
動画貼り付け禁止みたいなのでリンク先参照して下され。

・Bomba Estereo - Fuego(2009)

南米コロンビア産ミクスチャー。

・Mos Def - Supermagic(2009)

USヒップホップ×トルコ・サイケ。

・BALOJI - KARIBU YA BINTOU feat. Konono N°1 (2010)
http://youtu.be/SfunS_xZK0M
コンゴ移民ラッパ。またも貼り付け禁止ゆえ直接飛んで下さい。



ここまでが前半。
こうして並べてみると、色んな国の民族音楽と融合しながら新しい音楽が生まれ、世界でヒットしてるのがよくわかる。
一部は日本でも紹介されたみたいだけど、ごく狭いシーンでしか広がっていない様子・・・。
イギリスやアメリカばかりが音楽シーンの中心じゃない。これから益々面白くなってくるんじゃね?


ここでアジア枠、アメリカ村のレコード屋「プランテーション」の丸橋さんが登場。
いくつか紹介してもらった中で拾えたものだけ載せます。


ボリウッドとSFが出会うとこうなっちゃうのか。今回もラジニカーントが大暴れ。インドSF映画「ROBOT」です。

最高カッコイイ。そしてバカ。
見所というか全編ツッコミどころ満載のアクションシーンベストがコレ。

やりすぎwwwwwwwwwww DVD買うしかねえwwwwwwwwwwwww



ここからは後半。現在進行形のGLOCAL BEATSというテーマで曲紹介が進みます。

1.まずは発売になったばかりの新作が充実していた日本と南仏の2作品を。

・OBRIGARRD "The ground cumbia"(2011)

名古屋を拠点にヒップホップ界で"最狂音術師"の異名を取ってきた刃頭(HAZU)と、世界中の音楽に精通したYANOMIによるユニットのソロCDより。

・Watcha Clan presents "Live on Radio Babel"

南仏を拠点にバルカン・ブラス、モロッコのグナワ、砂漠のブルース、アラブ音楽などをフィジカルにミックスする男女混成グループ。

2.エチオピーク・バンドの増加、という動き

・Imperial Tiger Orchestra / Lelele / Live Durban(2010)

スイスから登場した二管フロントのコンボ。曲によってアート・アンサンブル・オブ・シカゴ的だったり、タイ音楽的な要素を忍ばせたりして曲者的。

・Getachew Mekuria and The Ex(2008)

80年代からオランダを拠点に活動する越境パンク~オルタナの雄=THE EX が、エチオピアを代表する、生ける伝説的サックス奏者と競演したもの。・・・浪花節っぽいw

3.欧州クラブ側からの非西欧圏の音へのアプローチと、その逆のアプローチ

・débruit - Mezdé(2011)

フランス発のハイセンスな注目トラック・メイカーの最新曲。音作り、ネタ選びとそのエディットの仕方はやはりさすが。

・Pyaar Do Pyaar Lo / from O.S.T "Thank You"(2011)

一方で、ボリウッドの最新作より。まさかのBuraka Som Sistema - Kalemba (wegue wegue)をネタに使用。
音楽監督は「パクリ王」とも呼ばれるPRITAM。
ネタ元は↓


4.GLOCAL BEATSのこれから?

・Congotronics vs Rockers official live video: "Ambulayi Tshaniye"(2011)

7月30日にはフジロックにも出演する、コノノNo.1やカサイオールスターズのコンゴ勢と、アルゼンチンのフアナ・モリーナ、米国のディアフーフやスケルトンズ、北欧のワイルドバーズ&ピースドラムスらの面々が競演するプロジェクトのライブ映像。

・曲名、演奏者不明 from カイロの路地裏(2010)

エジプトのカイロのストリートで演奏していたと思われる、強烈なコブシ回しのシャービ風の歌に狂ったシンセ、やがてツインドラムが暴力的に加わる。
コロンビアの手打ちリズムマシンとMCによる路上チャンペータ同様、非西欧圏の"オルタナ"はチープな機材を使ってこのようなところから生まれてくるんでは、と。



以上が会場で紹介された音楽。
俺の座った位置が悪く、当日は解説の声がまるで聞こえず、映像もほぼ見えない最悪のポジションだったんで、本来ならばもっと詳しいネタ聞けてたと思うと勿体無いなあと。
ともあれ聞いてて思った事は、本の執筆者の吉本秀純さんにしても、聞き役の石田真也さんにしても、もちろん丸橋さんにしても、どれだけの音源を聴いて聴いて聴きまくってここへ達してるのかという事。
きっと山ほどのハズレ音源をジャケ買いやバクチ買いで掴まされた中で、ごく僅かのアタリを見つけてるんでしょう。
我々はその上澄みだけをこうしてイベントで掬い取って聴いてる。
実に贅沢だよねーwww という話を聞きつつ飲む酒のうまさよ。

DVC00870.jpg
会場になった兎我野町の雑居ビル4階にあるバーPOLEPOLEさんの雰囲気も素晴らしかった。
いやはやディープな夜でした。

石田さんの毎週日曜日の午後12時より放送中のネットラジオ「THE ALTAVISTA SHOW(アルタヴィスタショー)」、これからなるべくチェックしようっと。

貴方はこの中でどんな曲が気になりましたか?

20110620 Mon
箕面ビール創業祭 おまけ 

箕面ビール創業祭 おまけ 

戦利品の紹介を忘れてたにゃー。

DVC00873.jpg
トートバッグとタオル。
インペリアルスタウト金賞記念のタオルはご祝儀モノ。
トートは普段使いには少し小さいものの、がっしりしてて丈夫。何かにつけて使いたい。

そしてTシャツ展から…
DVC00871.jpg
Tシャツ展記念の一枚。社長と店長のイラストが素敵やん。
味のある一枚です。

DVC00872.jpg
スタウト色のTシャツにハンドポンプ、そしてブルース・リーの名言「DON'T THINK,FEEL. (考えるな。感じろ)」をプリントした一枚。
完全に一目ぼれ。超カッコイイわコレ…

箕面ビールのTシャツは毎回イケてるけど、今回も色々目移りして大変だった。
今後もヤバいの頼みますよ!

20110620 Mon
箕面ビール14周年創業祭 

箕面ビール14周年創業祭 

大阪が、というか日本が世界に誇る箕面ビール
その創業14周年イベントが工場で行われたので、堺のビアバー「エニブリュ」スタッフおよび常連総勢40名で凸してきました。

DVC00857.jpg
イベント開始時刻の12時より少し前に到着したら、既にこの行列が。…後から聞いたら、土日2日間で1000人来場客があったらしい。箕面市長まで来てたそうで。
ビールチケット5枚綴り2000円を購入し、早速サーバーに並ぶ。
DVC00859.jpg
この日のビールは、
・ピルスナー
・スタウト
・ペールエール
・ヴァイツェン
・W-IPA(リアルエール版)
・カベルネ・エール
・イングリッシュビター


の定番ビールの他に、数量限定で
・インペリアルスタウト
・Ages(3年熟成)
・牧落ブラック
・コーヒースタウト
・カベルネ・ドライレーズンver.
・桃ヴァイツェン
・MINOH BLOOM
・ホ和イト


更にゲスト樽として、いわて蔵のIPA、茨城のシャトーカミヤ牛久ブルワリーのピルスナー、ウィートエールまで飲めるというラインナップ。
こうしてみると箕面ビールだけでも凄い種類のビールあるんだな…。殆ど飲んではいるけど、改めてビックリ。

DVC00860.jpg
さて、一杯目はやはりスッキリ系で苦味も楽しめるこれ、ペールエールからでしょう。
乾杯…という流れでもなかったんで、方々好き好きで飲み始めてるのを眺めつつ独り乾杯。いやあ美味いねえ!
ほぼ一息で飲みきってしまい、早速二杯目をば。

DVC00861.jpg
牛久ブルワリーのウィートエール。なかなか関西では飲めない銘柄なので嬉しい。
これに焼き鳥を買って一緒に頂きます。炭火で焼かれた焼き鳥にカレー塩をパラリ。ちょ…最高やないか!!

DVC00862.jpg
箕面ビール直営のパブ「BEER BELLY」のブースには、名物の江戸堀バーガーを求めて凄い列が。
それを避けてローストポークをチョイス。やわらかジューシーなポークと特製グレイビーソースが堪らない。付け合せのマッシュポテトも最高!
ちなみにこの後、江戸堀バーガーはオープンから45分で売り切れてしまい、くやし涙を流す羽目に…

DVC00858.jpg
サーバーの横では巨大パエリヤ鍋がフル回転。炊きたてのパエリア大人気でした。俺もちょっと分けてもらって食ったけどレベル高え! なんつーかビールが美味いのは当然だけどフードも全部めちゃくちゃ美味くて笑うしかなかったw

DVC00865.jpg
三杯目はW-IPAのリアルエール版。つまり炭酸なし。
あまり冷やさずにハンドポンプで出されるそれは、通常よりも更にホップの苦味が強調されてて、好きな人にはたまらない、でもダメな人にはダメなビールです。
ゆっくり時間かけて飲むのには最高ですわ。
DVC00863.jpg
苦いビールには肉! 天満のまるしんで煙をあげている肉に群がり…

DVC00864.jpg
ハラミ、蒸し豚キムチをゲット。ヒャッハー!最高だー!!
まるしんさんではお店でも箕面ビールを出してるみたいなので、天満のお店のほうも近々お邪魔したい。
つか肉うめえマジで!!
DVC00866.jpg
キムチの濃い味にも負けないW-IPAの実力たるや、ああ…。
今日ほんとに来てよかったなあ。天気もなんとか雨に降られなかったし。

ここまでで約2時間ちょい。
工場横の公園にシート敷いて寝そべる連中の中には酔い潰れてるものもチラホラ…。
酒があまり強くない俺もちょっと休憩タイム。
飲みたいビールの開栓待ちも兼ねて、エニのスタッフや常連さん達とあれこれ会話を楽しむ事に。

そうこうしてるうちに、Ages開栓の連絡が。
3年熟成のこのビールを飲まずして帰れない!
DVC00867.jpg
箕面ビールでは珍しいランビック。ランビック酵母で1次発酵させ、さらにベルギービール酵母で2次発酵させたもの。
ドゥシャスっぽいフルーティーな甘みを感じるビール。美味いっつーか凄いわ。これもゆっくり飲もう。

DVC00868.jpg
甘いモノ食べて口の中をリセット。うまい!バニラソフトうまい!
結構みんなソフトクリーム食ってたなあ。デザートのあるビールイベント珍しいから嬉しかったw

桃ヴァイツェンや箕面ブルーム、インペリアルスタウトなんかも回し飲みしつつ、チケット最後の一枚は…
DVC00869.jpg
ヴァイツェンに化けました。
ほんとはカベルネのドライレーズン版を待ってたんだけど、知らない間に打ち抜かれてたみたい。…昨日で売り切れてたのかも?

ここで5時となり、社長のスピーチの後、全員で乾杯して閉幕となりました。
5時間で5杯だからペースとしてはゆっくり…の筈なんだけど、けっこう飲んだイメージ。
度数高めのビールもあったしね。

ここから15分ほど歩いて阪急の牧落駅まで酔い覚まし。
いやー最高に楽しめたなあ。また来年も期待したいとこ。

ごちそうさまでした!

20110618 Sat
夏が来ちゃう…ッッ!! 

夏が来ちゃう…ッッ!! 

寮の近くの織田神社にて、夏越の大祓(なごしのおおはらえ)をしてきました。
DVC00855.jpg
形代と呼ばれる人型の紙に名前を書き、それに息を吹きかける。
茅の輪をくぐり、自分に染み付いたケガレを祓うおまじないです。

これから忙しい夏に向けて、気合い入れて行きますよ!
仕事? ンなモンテキトーでいいんだよ俺は遊ぶ金が欲しくて働いてんだから。
俺は週末に生きる男。リーマンは世を忍ぶ仮の姿なんだよ!

とりあえず明日から7月で決まっているイベントを、自分が忘れないように書き出しておく事にします。

まずは6月19日。
箕面ビール14周年創業祭。
大阪が世界に誇る地ビールメーカーの工場にて、箕面ビールの全てのラインナップを飲みながら、フードも楽しもうというイベント。…ここに、なかもずのビアバー「エニブリュ」スタッフや常連組総勢40名で参戦です。
当日はビールやフード以外にもTシャツ展もあるので、個人的にはこちらにも期待したい。
多分ひどい事になるんだろうな…泥酔者続出で。雨だけ降らないで欲しい。

で、その夜。
エニブリュ組は恐らく二次会三次会へなだれ込むんでしょうが、俺は梅田へ…
GLOCAL BEATS出版記念トークイベントに参加です。
世界のあらゆる音楽を集めたガイドブック出版記念のトークライブ。動画と音楽を交えたディープ過ぎるトークライブになる事必至です。
会場が兎我野町なので、ついうっかりスッキリしちゃわないように気をつけないとな…。下半身的にも財布の中身的にも。


翌週、7月2日は富山へ。
タナバタビアフェスタトヤマへ参戦です。
富山は俺の大好きなクソ甘いビールを連発してくれる城端麦酒がある土地。
そのお膝元で開催されるイベントでビールを飲み、土地の食事も楽しむ。こんなステキな事は無いでしょ!
夜は富山の海の幸をたっぷり楽しみたいとこ。当日は会場近くのホテルも取ってあるし、心置きなく飲めるな。
友人も来るとの事だし楽しみ過ぎるだろJK…
翌日は富山散策か、石川県まで戻って金沢市湯涌町の湯涌温泉街に行って「花咲くいろは」聖地巡礼としゃれ込むのもアリか。

7月8日の金曜日。
平日ではあるんだけどお休みをいただいて、心斎橋クラブクアトロにて、eastern youthのライブを。
DVC00856.jpg
新譜「心ノ底ニ灯火トモセ」のリリースツアーという事で、当日までにアルバムを聴き倒して行こうかと思ってます。
イースタンユースの新譜って、買った直後はアレ?と思ったりイマイチかな?とか感じる事が多かったりするんだけど、聴き込んでいくうちにいつしか最高に好きなアルバムになってる。ほんとにこれは不思議。
そのアルバムへの思い入れの深さが、次の新譜出た時の違和感に繋がってるのかなーと思うがどうでもいいかw

カッケェよ、やっぱ。
ロクに聴く音楽の無い邦楽シーンで、俺が発売日を心待ちにする数少ないバンドのひとつです。
最近はネット配信によるバラ売りとかでアルバムの愛着や思い入れが篭められ難い状況で、飽きたら捨てるような曲ばかりがチャートを賑わしたり、流行りだけで音楽を聴いたりして、数年後にはその曲を聴くのが恥ずかしくなったりするような時代だけど…
こういうガツンとくるバンド、何年たっても色あせない一枚を生んでくれるバンドをもっと大事にしたい。
当日はオッサン号泣してくるわ。
まあ吉野さんに言わせれば、「アンタ達泣かせる為にやってんじゃねえんだ、俺たちが今やりたい音を出してるだけ」なんだけどね。
それでいいんだ。それがいいんだ。

脱線しちまった。
その週末、7月10日。
俺が週末足繁く通うなかもずのビアバー「エニブリュ」の4周年感謝イベント。
毎年恒例オリジナルビールの発表、オリジナルTシャツ、そして音楽ライブとイベント目白押し。
今年の限定オリジナルビールは、いわて蔵とタッグを組んで、ヴァイツェン酵母にアメリカンホップを投入した、夏向きのゴクゴク飲めるビールらしい。ヴァイツェン大好きでホップの柑橘香も大好きの俺にはたまらんビールになる!
現在このビールのネーミングを募集中という事で、俺も応募してみます。

「大和川エール」

…うそっ、私の名前、評価低すぎ…!!

7月16~18日は、京セラドーム大阪にて、「ジャパン・ビア・フェスティバル2011大阪」開催。
3連休通して120種類のビールを何度でも試飲できる、クラフトビールファンならド本命のイベント。
ここで自分の好みのビールを探してもいいし、大好きな銘柄をひたすら飲んでもよし。
但し会場はオールスタンディングかつフードコートは別に仕切られてて、気が付いたらアッという間に撃沈の可能性も…。欲張って無茶しちゃダメ、ゼッタイ!!

連休の中日である7月17日は、東日本大震災チャリティーイベント「立ちあカーレー」が。
これはかなりヤバい! とにかく関西の普段カレーを提供してない店舗が集合し、この日だけのスペシャルなカレーをバンバン振舞うという、カレー愛好家なら死んでも行かねばならぬイベントです。
この日ばかりはいくら食ってもOK。なんたって東北の為だから! これは善行なんです! 食欲に負けたワケじゃないんです信じて下さい!!
この参加店のリスト見るだけで倒れそうになるんだけど大丈夫かしら。つうか全部食いたいよマジで…。なるべく大勢で行ってシェアしたいなあ。
まずはチケット争奪戦に勝たないとな。平日昼間販売開始とかリーマン不利すぐるだろイジメかっこわるい!!

だれか チケット たのむ


…なんだこれイベント入れすぎだろアホか。
いえ、これでいいんです。目の前にニンジンぶら下げてないと走れないんです。
頑張って働いて稼いだ金で遊ぶ。何もおかしくないのであります。
働かないと遊ぶ金が得られないんです。

好きな事でお金が稼げたら一番いいのにね。
そーだよなあ…。ホント、そうなんだよな。

こんだけ予定入れてても人の温もりの恋しさは別モノ。
誰か飲みに行こうよ。ほんとに。

20110614 Tue
西九条 焼肉「安兵衛」 

西九条 焼肉「安兵衛」 

今年のロックの日(6月9日)も、無事にドブ六九のカレーをいただけました。
DVC00827.jpg
実際に食べたのは10日の深夜だったワケですが…。まあ細けえこたあいいんだよ。
今年のカレーもスジ肉を親のカタキのように大量に煮溶かして、ビックリするくらい甘いカレーに仕上がってた。
ごちそうさまでした。

で、最近ドブ六九の常連で話題になってる店があると聞いて、早速行ってみる事にしてみますた。

JR環状線、西九条駅の高架下。
駅前に何軒か連なる店のひとつ、「安兵衛」が、今宵の目的地です。
焼肉だろうがファミレスだろうが独りで行く俺ですが、この店はカウンター席があって一人でも入りやすいのが嬉しい。
DVC00829.jpg
まずは生を飲りつつタン塩。今時ロストルで焼くってのがまた味があるよね。
タンは程好く噛み応えを残しつつも隠し包丁をうまく入れて食べ易くしてある。

DVC00830.jpg
さて、ここからが本番。
この店、とにかくハラミがヤバいらしく、皆が口を開けばハラミハラミと…
個人的にもハラミは大好きな部位。口に入れてすぐ溶けるようなロースやカルビもいいけど、数を食べるなら断然ハラミ。海原遊山も「ハラミを食べてからというもの、カルビなど食べる気がなくなった」と言う程の入れ込みっぷり。
皆の言葉を信じて、ここはハラミ二人前と焼きレバーをオーダーです。

DVC00832.jpg
おいおいこれちょっと分厚すぎるんじゃね? と思うものの…

ちょ…!! うンめえやァーッ!!

なにこれ柔らか過ぎる! そしてジューシー!
ハラミってもっと噛み応えのある部位だと思ってたけど、隠し包丁がうまいのか、はたまた肉が良いのか。
ンなこたあどーでもいいんじゃよ。
メシだメシ。白いコメ持ってきて!!

DVC00833.jpg
きたあああああああああああああ!!
ハラミオンザライス!!!
こんなの絶対おいしいよ!!


この後、もう一人前ハラミとあぶらホルモンを注文。まさか一人でハラミ三人前も食うとはw
ビールからハイボールに変えてもう一杯。…値段もリーズナブルだし、店員の応対も気持ちよくて、若いスタッフなのに頑張ってるなーと好印象。
ここは通いたくなる店ですわ。誰か連れてきてハラミ食わせてドヤ顔したくなるw

ええ店教えてもらったな。
また近々来よう。…油断したら来週とかにまた来てしまいそうだわw
ハラミ、最高です。

20110601 Wed
よすがビールの会 第1回 島根/ビアへるん 

よすがビールの会 第1回 島根/ビアへるん 

あびこに昨年10月オープンした、京風おでんと焼物の店「よすが」にて、島根でクラフトビールを作っておられる「ビアへるん」の矢野ブルワリーをお招きし、ビールの紹介を聞きつつ山陰のサカナで楽しもうという趣旨のイベント「よすがビールの会」が行われました。

おでん屋でクラフトビールのイベント? という反応はごもっとも。
まずはこの店の説明をせねばなりますまい。

なかもずエニブリュの料理長だった池田さんが、独立して始めた店…ってだけじゃアレか。
和食畑の人が、自分のウデを一番発揮できるジャンルで勝負する店を始めました。肴だけでなく、ビアパブで働いた経験を生かし、和の食材に合うクラフトビールを提供するという、おそらく日本でここだけの試みをされてる店でもあります。
もちろん酒はビールのみならず、日本酒、焼酎、ウイスキーに最近はジンまで…というラインナップ。
いやあ日本酒や焼酎好きを誘ってクラフトビールにハメるには最高の店です。
今日飲める酒や食べられるアテはブログで随時更新されてるのでチェキ!

ではイベントの簡単なレポートをば。
DVC00792.jpg
まず1杯めはアルト。宍道湖夕陽アルトというステキな名前がついてます。新商品で、日本で一番早く飲めたのが我々。まだビンも缶も樽でも販売されてないんだそうな。役得じゃのお…。
ドイツビールの製法で作られ、ローストモルトの甘さ控えめな香りが飲んだ後から来るカンジ。

ここでいきなりローストモルトとカラメルモルトの味見が始まる。
ローストモルトは黒く焦がした麦。食べると甘くないチョコみたいな味。
カラメルモルトはその名の通り、食べると少し甘みがある。
麦を使って仕込むと云っても、色んなバリエーションあるなーと今更感心してみたり。

DVC00793.jpg
続いてペールエール。
さっきと比べると苦味が強く、柑橘系っぽいホップの香りが広がる。
グラスの横にある緑色の丸いのがホップ。このビールには通常の3倍のホップが投入されてる。
グラス半分空けてから、貰ったホップを指で揉んでからビールに漬けて飲んでみる。…苦えやw

ちなみにこのホップは自家栽培のものでゼウスという品種。
ホップ栽培は寒いところが基本らしく、日本では長野あたりまでだと思われてたみたいですが…。
まあ松江で育ってしまったんだから仕方ない。今年8月から仕込むビールにはこの自家栽培のホップが投入されるんだとか。楽しみであります。

DVC00796.jpg
ホワイトストロングエール。
ベルギーのヒューガルデンと同じく、コリアンダーとオレンジピールの入ったベルジャンホワイト系。
発芽してない小麦を使って仕込むと、酸味は出るがすっきり飲みやすい味になる。
アルコール度数8.9%。3ヶ月仕込んで熟成させてる。度数の割りに飲みやすい。華やか!香りも良い!!
グラスの泡がすぐ消えるのはアルコール度数が高いから。
味の濃いビールなので酸化したとしても味の変化はほとんど無いそうな。

DVC00798.jpg
ラストは看板商品、縁結麦酒スタウト。
ギネスがダメな人向けに仕込んだビールで、乳糖を使ったミルクスタウト。乳糖は薬にも入っている成分で、日本で恒常的にこれを使ってる製品はこれだけらしい(限定醸造除く)。

ちなみに名前の由来は、このビールがご縁で結婚されたカップルが…。とある地ビールのブルワー同士が、結婚披露宴でそれぞれのビールでハーフ&ハーフを作る事になり、ハーフ前提でこの濃さになったんだそうで。

どれも特徴が出てて美味しいビール。個人的にはホワイトが好きかな。
一番好きなのは宍道湖MOONだけど、今回は出なかったしw

DVC00794.jpg
ここからはお料理を。
サバの竜田揚げ。脂たっぷりのサバと衣の濃い味がビールにマッチ!

DVC00795.jpg
おでん盛り合わせ。京風のごく薄味の大根、たまりません。カツオがしっかり効いてるのが嬉しい。

DVC00797.jpg
どんちっちアジの開き。松江の地物のアジで、脂が普通のアジの倍! 皮までバリバリ頂きました。うまい!

DVC00799.jpg
ラストはヒラメごはん。ダシの味が沁みたごはん、たまりません。おこげもニクい。
最後にホッとする味でした。…ごっそさんでした!

いやはや楽しいイベントでした。
池田さん、ビアへるんの矢野さん、お疲れ様でした。

早くも7月には第2回のイベントが決まっているような…?

以下コピペ



7月のイベント

『ブルワーさんとビールの会』



クラフトビールのブルワーさんを囲んでみんなで

ビール談義をしましょう!



ついによすがでも、ブルワーさんとビールの会が行われます。

日本各地のブルワリーの中から一つをピックアップし、その

ブルワリーのビールを飲みつつブルワーさんを囲んでみんなで

楽しく飲もうな会です。



続いて、第2回目は鹿児島の「城山ブルワリー」さんをピックアップ。

そして、ヘッドブルワーの倉掛さんをお招きして楽しく「城山ブルワリー」の

ビールを飲んでビール談義に華咲かせましょう!



<<詳細>>

日時      : 7月3日(日)

          18時より

場所      : 庵・よすが

人数      : 着席ですので14名様

招待ブルワリー : 城山ブルワリー/鹿児島

参加費     : ¥4,500-



だそうです。
興味のある方は是非ご参加下さい。…日曜なのがキツいなあ(飲むと福井へ帰れない)。

では今回はこのへんで。

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。