時計じかけの俺んち

時計じかけの俺んち

ブリリアントダイアモンド日記、復活らしいヨ。
プロフィール

みやはん

  • Author:みやはん
  • 自分に正直すぎる生き様を曝し続けるアラフォーメタボオタク日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カウンター

リンク
ブログ内検索

Twitter

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

月別アーカイブ

RSSフィード
------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110529 Sun
裏なんば ワインバル「Riblin」 

裏なんば ワインバル「Riblin」 

天下茶屋、千日前の焼とん屋「たゆたゆ」のオーナー川端さんの新しい店が出来たと聞き、小生早速イッて参りました(夕刊フジの風俗レポ風に

肉と云えば牛を指す上方文化圏において、あえて豚で勝負し、結果を出してくれてる人。
期待に胸を膨らませ、腹を減らして入店です。

場所は裏なんば。味園ビルの少し手前。なんば駅から徒歩5分程なれど、観光客は殆ど来ないような場所にその店はありました。
ワインバル・ヤ Riblin(リブリン)。
ワインと季節の野菜、そしてメインは豚の骨付きリブの店。
フィンガーリブの店って、ありそうでなかったし、食べたいと思ってもなかなか出会えない。
DVC00778.jpg

カウンターのすみに陣取り、まずはビール。
たゆたゆ同様、酒にもこだわりのある店なのは当然でしょう。
DVC00769.jpg
バス・ペールエールがあるじゃあないか!
最近ホップの香りのしないビールが本当に美味しく感じられなくなってきてて、スーパードライ飲むくらいなら飲まないほうがマシだという感じだったのでこれはありがたい!
グラスに注いで…グビリグビリグビリ、プハー! もう半分無くなってしまったw
店員さんに笑われてるけどキニシナイ!

DVC00770.jpg
さてメニューをば。
初めての店で一番ワクワクする瞬間です。目移りしまくって困るなw
ここの目玉はやはり12種類ものフレーバーのフィンガーリブ。1本ずつ大きさが違う為、基本は1皿2本ずつ出されるんだけど、一人客の場合は特別に1本ずつの注文を許してくれるみたい。
何本か頼んで焼き上がりを待ちつつ、軽いアテを頼んでみたり。
ビールも無くなってしまったので、ワインにシフト。赤白それぞれ軽いものから重いものまでABCで分類されて、ワインに詳しくなくても好みの味を頼みやすい。他に泡と呼ばれるシャンパン、フルーツを漬けたサングリアも。
この日は白のBをチョイス。

DVC00772.jpg
沢庵のスモークとクリームチーズ。
いぶりがっこ、すっかりバーのアテとして定着してます。これとクリームチーズを合わせてオリーブオイルをたらり。こんなのワインに合わない筈が無いワケで。

DVC00771.jpg
千日前の「ダイニングあじと」のレバーペースト。近隣の店の名物メニューまで食べられるってのは嬉しい。悪いレバーペーストって紙粘土みたいな食感だけど、これはねっとりとしててとても美味しい。

DVC00773.jpg
ぼちぼちフィンガーリブが焼きあがりましたよー!
大きいほうがアンチョビガーリック、小さいのがグリーンマスタード。アツアツの骨を両手で掴んで、前歯で肉にかぶりつく。
…いやいや、これ説明の必要あるかい!?
こんなの間違い無いだろ常識的に考えて…。いやガチで美味えぞ。
手が汚れるの全く気にせず、あっという間に2本ともペロリですよ。口のまわりに付いたソースや肉汁もペロペロしちゃう!
アンチョビガーリックは塩気の効いた味とニンニクの香りが、そしてグリーンマスタードはマイルドな辛味が肉にマッチしてる。

DVC00774.jpg
続いて左、カレーオイル。あくまで肉の味が主役で、カレーオイルは風味付けという感じかな。前の二つと比べるとインパクトは薄いものの、十分うまいです。
そして右、ハージャンと呼ばれるエビ醤風味。エビの殻の粉末入りのフレーバーでメチャウマ!! これ肉料理以外にも色々試したいなあ。つけ麺とかに入れたら美味しそう…。

DVC00775.jpg
ちょっと口直しに、色々キノコソテーマリネ。
えのき、しめじ、まいたけとタマネギをソテーして酢漬けにしてある。口の中がさっぱりして、また肉が食べたくなる。ナイスアシスト!

DVC00776.jpg
まだまだいくよーどんどんいくよー!
左、ペコジャーノチーズ、右、トリュフオイル。
トリュフの香りやっべえ!! そしてチーズのコク美味え!!!
ここで俺に電撃走るっ…!!
これ、チーズとトリュフオイルを合わせて食ったらヤバいんじゃね?
チーズのコクとトリュフの香りが両方そなわり最強に見える。食ったら美味すぎて頭がおかしくなって死ぬ。
なんちゅうモンを食わしてくれたんや… なんちゅうモンを…!!

DVC00777.jpg
ついげきのフィンガーリブで俺のテンションは更に上昇した。
上、キャトルエピス入りハチミツ、下、赤ワインソース。
赤ワインソースはワインの酸味が強く、食べる順番を考えないとキツいかなー。終盤に食べるにはしんどかったw
ハチミツは絶品! ホワイトペッパーやナツメグ入りハチミツはスパイスのほのかな味と香りが移り、甘い味は以外にも肉とよく合いますわ。

いやあ食べた食べた。食べすぎですわ。
流石に12種類コンプリートは無理でしたが、それはまあ次の楽しみという事で。
…等と調子に乗ってたら、

「ウチそろそろ週変わりフレーバー始めますよ。」

なん…だと…?
だったらコンプリートなんて不可能じゃないッスかア~
毎週通わないといけないじゃないッスかア~

更に昼間のランチタイムはポークチャップ専門店として営業中、しかもこちらもレギュラーソース、てりやきソース、おろしポン酢の他に週変わりソースを出してるとか…
どんだけ魅力的やねんな!!
こんなの行くしかねえじゃねーか!!

えぇ、暫く通おうかと思います。
こんなの手札に加えるしかねーでしょ。…行こ!!

いやはや、ご馳走様でした。

スポンサーサイト
20110519 Thu
和泉市「炭火焼鳥 じゅん家」 

和泉市「炭火焼鳥 じゅん家」 

たまには地元の店でも開拓しようと、徒歩10分のこの店の暖簾をくぐる。
「炭火焼鳥じゅん家」さん。

以前この近くのバーで飲んだ時に、マスターから勧められていたのを思い出しての訪問。
店内は間接照明が程好く照らしており、なかなかいい雰囲気。
この日は夜10時過ぎての訪問で、いくつか品切れ&ラストオーダー間際という状況。
とりあえずビールと焼鳥盛り合わせ6本を先に注文しつつ、メニューに目を通す。

DVC00728.jpg
お刺身がタベタイのです。
今日のオススメがほぼ全滅で、残ったのがこのさよりの紫蘇造り。薄く切られたさよりはキッツケも立ってて、細かく紫蘇の葉が刻んであって香りがいい。これだけで店のレベル…というか格のようなものが伺える。

DVC00729.jpg
新じゃがのアンチョビバター。
ホクホクした甘い新じゃがに、アンチョビバターの塩辛さがピッタリ。

DVC00730.jpg
串盛り先発隊。左から、梅ささみ、ねぎま、きも。
…ちょっとこの店ナメてた。レベル高え!! 火の通り具合が絶妙で、これ以上だとパサつき、これ以下だと生焼けというギリギリのライン。
噛み締めると肉汁のほとばしる鶏ってのを久々に食べたなあ。…てかキモの美味さパネェ。限りなくレアでありながら、火を通した旨味もぎゅっと出てる。タレの味も好みだわ。

DVC00732.jpg
手羽、つくね、そして珍しい野菜串。これはカサブランカのつぼみ「金針菜」だそうな。
手羽は鶏の旨味と皮のパリッとした食感が最高。ベイビー骨まで愛してる!
つくねは噛むと肉汁ジュワッ、軟骨まで叩いてあるのかコリッとした食感も。これも火加減完璧。
そして金針菜。ごま油と塩で味付けされてあり、勿論食べるのは初めて。
花というのはえてしてえぐ味があったりするけど、これには皆無。優しい口当たりで噛むと柔らかく、そしてコリッサクップツンとした心地よい噛み応え。…なにこれ美味え。

DVC00733.jpg
ラストオーダー間際で酒と串おかわり。
貝柱の明太子マヨ焼きと、皮、下心。
パリッと表面を焼いた皮は、噛むと脂がジュッと出る火加減。
下心はしっかりした歯応え。タレとよく絡んでこれも美味い。
貝柱の明太子マヨ焼き、こんなもん酒に合わねえ筈ないだろjk…。いつまでもみみっちく明太マヨをちびちびやりつつ、思わずお酒おかわりですわ。

いや、正直ここまでとは。
今回は色々と品切れ&時間切れで悔しい思いをしたので、次回は開店ダッシュで食べたいもの全部注文していきたい。
ええ店ですわマジで。普段使いするには少々値が張るんで、ほんとに美味しいもん食べたい時にバシッと使う感じかなー。
ご馳走様でした。

20110518 Wed
カカオーーーー!!!! 

カカオーーーー!!!! 

DVC00768.jpg

先週京都に行った際に、三条商店街で見つけて買った「DARI・K」のチョコレート。
これ…

超絶美味しいんですけどー!!!

いやまあそれだけなんスけど。
インドネシアのスラウェシ島のカカオを使ったチョコはなめらかで香り高く、今まで食べたどんなチョコよりも美味しかった…!!
8こ入りで2500円という値段にビックリなれど、これ絶対クセになるわ。
木箱に焼き印というパッケも素敵やん。

店で試飲させてもらったホットチョコもヤバい美味しさだったんだよなー…
これは近いうちに再訪するしかあるまい。

通販もできる…だと!?

ここはいずれ有名になるんじゃねーかなあ。
マジオススメ。

20110515 Sun
地ビール祭京都2011~秘密結社ショッカー 

地ビール祭京都2011~秘密結社ショッカー 

三条大宮公園と隣接の商店街にて開催された、地ビール祭京都2011に遊びに行ってきましたよ。
DVC00752.jpg
小さな公園にテントがズラリ。日本中のブルワリーさんが23店、52種類のビールがズラリ。
DVC00750.jpg
チケット一枚(400円)でこの大きさのビールなので、地ビールの相場を知らない人には割高に思われるかもなれど、手間と材料費を考えれば…。飲んで美味しければ、満足できれば文句は出ない筈。
今回は冒険はせずに、今まで飲んで美味かったビール中心でまわる事に。
新規開拓はジャパンビアフェスのほうが適してるしね。

サンクトガーレンの湘南ゴールド。一番好きなフルーツエールで、オレンジの香りが爽やか。ハズレ無し。
同じくサンクトガーレンのゴールデンエール。こちらはスッキリした苦味と柑橘系っぽい香りがステキ。

いわて蔵のレッドエール。苦味クッキリ。ゆっくり飲みたいビール。

伊勢角屋麦酒のメロウウィート。今回初めて飲むビール。ベルジャンホワイト系 の味なれど、コリアンダーやオレンジピール等の副原料を使ってない=発泡酒じゃない。ヒューガルデンとか好きな人なら楽しめるかと。

ハーヴェストムーンのオレンジエール。…似たようなのばかり飲んでるなw こちらもスッキリサッパリ飲めて香り華やか。園田さんのビールはほんとに甘さを抑えるなあ。

箕面ビールの牧落ブラック。世界一のスタウトにドライフルーツを漬け込んだビール。
これが不味い筈ないだろjk…。風味よし味よしコクよし、好きだなあ。

最後は約束された勝利の味、富士桜高原麦酒のヴァイツェン。言う事無し。
ホワイト系に偏り過ぎたチョイスなのは自分の好みということで。
DVC00753.jpg
フードが充実かつ美味なのが嬉しかった。
京都の惣菜盛り合わせ。加茂なすと万願寺ししとうの白味噌田楽、うなぎ蒲焼、たけのこ煮。
焼きたてのだしまき玉子は熱くて持てない程。意外とビールに合うのよね。

DVC00754.jpg
ミートショップヒロの骨付きベーコンステーキ、ソーセージ、ホルモン。
この煙を嗅がされたら買わずにはいられぬ! ホルモン(マルチョウ)最高やったな…

ことほどさようにビールもアテも最高の、とてもステキなイベントでした。
来年もやるみたいだし、今から楽しみ。


今回の目玉はもう一軒あります。

続きを読む »

20110515 Sun
ふらふら 

ふらふら 

色々ふらふらで大変でした。
突然体調を崩して診療所へ向かい、検温したら38.5℃。
すわインフルか? → 陰性
なら風邪か? → ノドや扁桃腺に異常なし
採血してもらって検査したものの、白血球が増えてるくらいで目立った故障はない。
でも2日ほど寝込んだ。しんどかった…。原因が分からないのは怖いなあ。

DVC00744.jpg

倒れていても、けいおんの為なら動かないワケにはいかない…!!
いま戦争が開始(はじ)まる…!!

いやまあ楽勝でうちわフルコンプでしたが。さすがアニメ未放送地域。

DVC00747.jpg
ひゃあああメイドりっちゃんのおでこぺろぺろ!!!!!!!!!111!!!1!1!!
アリ…ガ…ト……

DVC00748.jpg
大好きなライフガードのチューハイが出たぞー!
ジュースまんまの味なれどアルコール度数6%と高め。ナメてるとえらい目に遭うで…!!
缶の色が違う(というよりセーフガード色)なのがポイント。

DVC00749.jpg
モスの鶏つくねにガーリックバター味が出たぞー!
いつもの甘辛いタレと違う気分の時にどうぞ。
5/25までの限定販売なれど売切御免なのでお早めにドウゾ。

相変わらず新製品や限定品見掛けるとふらふら寄ってってしまう俺。
ああ…タイトルのふらふらってそういう…

20110506 Fri
和歌山 「游心満喫料理 山小屋」 

和歌山 「游心満喫料理 山小屋」 

和歌山の実家訪問の目的は100%こちらの店へ行く為。
えぇ100%です。

というワケで、有田川沿いの居酒屋「游心満喫料理 山小屋」さんへ。
DVC00720.jpg

ここは地物の素材を中心に、和食だけでなくフレンチの技法も使った料理が楽しめる、かなりハイレベルな店。
和歌山出身のプロ野球選手や芸能人なんかも訪れる、隠れた人気店。
今夜も期待しつつ縄暖簾をくぐる。

続きを読む »

20110504 Wed
和歌山でカレーを 

和歌山でカレーを 

…このタイトルは誤解を招きかねない事に気付いたがこのまま書く事にする。

連休初日、和歌山の親の家に向かいがてら、紀美野町の山中にある「kimino's CAFE」へ。
嘗て心斎橋で27年続いたカレーとチャイの店であるガネーシュが、和歌山のこの土地の水に惚れてこの土地に移ったもの。
交通の便が極端に悪く、駅からも遠いしクルマでも高速の出口からも遠く、なかなか訪れにくい店。
だからこそ、行ける時に行かないとね。

DVC00705.jpg

地鶏の骨付きチキンカリー。
俺が注文したので売り切れだった為、残った骨付きチキン1本多くサービスしてくれました。これは嬉しい!
チキンと野菜の旨味が存分に溶けた、それほど辛くないカレー。
こっちに移ってから、ごはんがメチャクチャ美味くなったのは水のせいでしょうか?

カウンターに置かれたスパイスを添えるのが楽しい。特にここで有名なのが、写真右の茶色いもの。
これはスリランカ風のサンボウルを和風にアレンジしたもので、本来モルジブフィッシュを使うところをカツオを使用して甘辛く佃煮にしてある。…これがとにかくべらぼうに美味い。
真ん中はココナツの果肉を細切りにしたもの、左はスパイスを和えたナッツ。
新キャベツのピクルスも甘くて堪らない。
他にも色んなカレーがあるけど、俺はこのチキンカリーがダントツですわ。ほんとに美味しい。

DVC00706.jpg
食後には勿論チャイを。
この香り、この濃さ、この味、この甘さ。どれをとっても俺の好みドストライク。
濃厚なのにサラリとした口当たり、飲んだ後にふわっと香る紅茶の香り、マジでヤバいです…。

なかなか行き難い店ではありますが、通販でも楽しめる他、最近は家族による系列店も少しずつ出来てるみたい。
HPで紹介されてますので、もし機会があれば行ける店舗や通販でこの味に触れてみてはどうでしょうか?

いやーご馳走様でした。堪能したー!

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。